2012年05月26日

毎日新聞の記事と「ふれること」

5月21日の毎日新聞に、私の講座を大きく記事で取り上げていただいた。

「桜美林大学の山口創さんと一緒に取り上げます」と記者の方に言われていたので、「おお、それは光栄。一緒に並ぶのかな」と思っていたら、私ばかりがデカデカと取り上げられて(しかもカラー写真)、山口先生はコメントのみで私の活動の学術的後方支援をしていただくという構成だった。

そんな構成とは思ってもいなかったので、記事を見て恐れ多くてビックリしていたら、太陽まで月の影に隠れてしまったのでありました(笑)。(みなさんご覧になりました?)

東京の天の岩戸開きの記念日に、新聞に取り上げていただきました。妙縁妙縁。


山口創さんといえば、身体心理学の観点から皮膚を研究されている研究者として有名だけれど、私のように整体をやっている者からすれば、学術的立場から自分のやっていることを解説していただけるので、とてもありがたい存在である。

最近も『手の治癒力』(山口創、草思社、2012)という新刊を出されて、まさに私たち手技系の活動者たちのやっていることの意味と重要性を熱く語ってくださっているので、ぜひぜひばんばんご活躍いただきたいと願う研究者のお一人である。

思えば、山口創さんを知ったのはずいぶん前、NHKブックスの『愛撫・人の心に触れる力』(NHKブックス、山口創、2003)という本だったけれど、あれもとても良い本でありました。

それ以来、著書はつねにチェックし続けているけれど、さすが触覚や皮膚の研究をされているだけあって、書かれている言葉の言い回しもその差し出し方も、どれもとてもキメ細かくて手触りが良く、私はとても好きである。


皮膚というのは、実はその働きがまだまだ良く分かっていないところがいっぱいある。

あまりにいろんな働きを担っているので、研究対象としてはなかなか厄介なのである。

いろんな働きを担っているということは、その働き自体が非常に複合的で相互作用的であるということであり、そうなるとその作用における関係因子が膨大になってしまうので、科学的実験的手順の机上に載せづらいのだ。

実験というのは、そこに関係する要因(温度とか、湿度とか、観測機器とか)をできるかぎり不変の状態に固定して、影響を知りたい要因のみをピンポイントで少しずつ変動させながら、変化の度合いを観察していくという手法を取るゆえ、いろんな因子と密接にリンクしてしまっている素材に関しては、その分析手順が非常に煩雑なものにならざるをえないのである。

皮膚の活動は、温度によっても、湿度によっても、気分によっても、食べ物によっても、内臓の調子によっても、服装によっても、人間関係によっても、ずいぶん変化するということだけは経験的に分かっているわけで、そんな部位がいったいどのような因果関係に基づいて一つの化学的プロセスを起こすのか分析しようなんて、空想するだけでややこしそうなことになるということは分かり切ったことである。

それでもなおそんなところを研究しようというのだから、山口先生はエライ。

きっと単なる研究意欲だけではない、熱い使命感をお持ちであるに違いない。


まあそんなわけで皮膚の研究はこれからが面白いところだと思うのであるが、おそらくは人間の深層心理やあるいは脳の活動などと連携しながら研究が進んでいくことだろう。

そしてそれと歩調を合わせるように、教育分野での応用がもう一度見直されていくはずだ。

嘘かホントか知らないが、セクハラやパワハラなどの観点から、体育指導の際に教師が子どものからだにできる限り触れないように指導しているところがあると聞いた。

けれども、「ふれる」こと抜きにしてからだを育てようなんて、なにか根本的なところでボタンを掛け違ってしまっているような気がしてならない。

「ふれる」という行為は、たしかに良くも悪くもキワドイことである。

だが、キワドイからと言って、安易に禁止してしまってはならないのではなかろうか。

人は「ふれる」だけで、他人を奮い立たせることもできれば、最大の屈辱感を味合わせることもできる。

その差はホントに紙一重のキワドサである。

でもたとえば、「子どもを抱きしめること」ははたしてセクハラだろうか?

あんまり親しくない先生にいきなり抱きしめられて、何とも言いようのない困惑に立ち尽くして固まる子どもの気持ちは、世間で言われる「セクハラ」の一言で片付けられることだろうか?

そこにはもっともっとキメ細かい感情の襞が、さざなみだっているのではなかろうか。

気恥ずかしさと、嫌悪感と、嬉しさと、困惑と、同情と、愛情と、苛立ちと、いろんなものが渾然一体となって動いているその時の気持ちは、決して他人がそれを名付けることなどできない、生々しい人間感情であるだろう。


何度も言うが、それはホントにキワドイことだ。

子ども心に「片付かない気持ち」が残るかもしれない。

けれども、個人の心や気持ちの「片付かなさ」を、法やシステムで「片付けよう」とし過ぎることは、決して良い方向であるとは思わない。

たとえば「それはセクハラだ」と近くの大人が言えば、子どもはその片付かない気持ちに「そうか。これはセクハラだったのか」と得心するだろう。

そうして、のちのち何かとても大切な心情に気づくかもしれなかった原体験が、安易な言語に摩り替わってしまって、そしてもう二度と顧みられなくなるかもしれない。

「教師の不祥事」という記憶とともに。

けれどもそれは何だか、とても とても とても 寂しい。…私は。

こんなブンガクな気持ちが分かってもらえるか分からないけれど、すごく人間が寂しくなる。


ホントに何度も言うが、「ふれる」ということはとってもキワドイことである。

上に挙げた例だって、ホントにキワドイ。

安易に「良い」とか「悪い」とか、そんな判断も下せないほどにキワドク、むずかしいことである。

でも、だからこそ、もうちょっと考えてみようよ、と思うのだ。

キワドイということは、それだけ大事な核心にふれているということなのだ。

何かに「ふれている」とき、私たちはその感覚をとうてい言語化しきれることなどできない。

「ふれる」ということは、本来からして、言い表しようのないもの、片付かないものと向き合っているということなのだ。

そのような体験を幼少時からいっぱい経験していくことが、子どもの中にどんなものを育んでいくことになるのか、少し考えてみるだけで想像できるはず。

さまざまな手触りのものをふれてきた経験を持つ子どもは、きっといろんなものに「ふれよう」と伸ばす手が、より緻密に感じ分けようとやさしいタッチになるはずだ。

人生を生きていくということは、いろんな人の気持ちに「ふれてゆく」ということだ。

できれば、そこに手触りや体温を感じさせる、そんな教育と社会を作り上げていきたいものである。

posted by RYO at 10:56| Comment(19) | TrackBack(0) | 雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月19日

大受媽媽歓迎的整體治療師

クレヨンハウスから待望の本が届いた。

バーン! 私の著書『整体的子育て』の台湾語バージョンです!

その名も『随著四季………変化……ナントカ』でーす!(笑)

なんと海を越えて海外まで進出してしまいました〜。パチパチパチ。

よく見ると表紙の日本語がなんだか怪しいが、まあそれはご愛嬌でむしろ可愛いものである。

自分が書いたはずの文章が、自分の知らない言語で活字になっているというのは何とも不思議な気分であるが、いったいどんな翻訳をされたのか、さらには文化の違う台湾の人々にどんなふうに読んでいただけるのか、非常にドキドキワクワクしている。(野口整体って野口整骨って言うんですね〜)


私の文章が好きだと言ってくれる稀有な人々(あなたのことです)によって、私の物書きとしての活動は細々と続いているわけだけれど、ハッキリ言って私の文章は国語の先生に見てもらったら、そこら中に朱が入るようなそんな体の文章である。

だから「台湾語に翻訳して出版したい」というオファーをいただいた時に、「これ、訳せるの…?」という疑問が浮かんだのだけれど、まあその苦労は私が心配することでもないので、「あ、イイっすよ」と気軽にお返事させていただいた。

それがおよそ1年前の話で、それからさっぱり連絡がないので、「そういえば、あの話っていったいどうなっているのかな〜…」とふと思い出した最近になって、「できました!」と我が家に届いたという話。


正直、「よく訳したな〜」というのが私の素直な感想だけれど、きっと私の知らんところで大分意訳をしたことだろう。

何しろ私の文章は、論理は矛盾しているし、ときおり主語は入れ替わるし、ハッキリ結論を出さないし、まあ論文としては体をなしていないと言って良い。

そんなことは指摘されるまでもなく自覚していることであり、文句や苦情を言われても「そうなんです。スミマセン」とお答えするしかないので、だからあらかじめ言っておく。

「そうなんです。スミマセン」。


けれども、そんなことを自ら述べることから推測できると思うが、私はそんなことをあえてやっている。

そのことの意味を語ろうとすると、これまた非常に長くなってしまうので割愛させていただくけれど、決して私の国語能力の欠如によってのみそのような文章になるのではなく(それも多々あろうが)、私はハッキリとした意図を持って、確信的にあえてそのような語り口を採用しているのだ。

いちおう(笑)、それだけは申し上げておく。


ひとつ分かりやすいところを上げれば、私の文章は「途中で主語が変わってゆく」というスタイルを取ることがある。

そんな文章はきっとキリスト教圏の言語体系においてはバッサリ切られて終わるだろうが、日本人はなんとなく読んでいってしまう。

なぜならそれが日本語の言語体系だからでもあり、つまりは日本人の思考体系だからでもある。

広辞苑を開いてみると100以上の一人称単数を表わす言葉があるらしいが、それくらい日本人は「私」というものを使い分けている。

それはつまり、それだけ日本人にとっての「自分」というものが、文脈依存的に立ち現れているということでもあって、その挙句には主語そのものが抜け落ちてしまっても内容的に一向に差し支えないという特徴にもつながっている。

私はそんな日本人の言語癖を狙って働きかけているわけだけれど、それはいつの間にか変わってゆく主語に導かれて、いつの間に変わってゆく主体というものを、読者の皆様の中に「ある種の運動」として誘発したいからなのだ。


これは現代病の1つだと思うが、「本当の私」幻想によって息苦しくなっている人というのは、けっこう多い。

そういう人は、「頭の中の本当の私」と「現実(現在)の生々しい私」との乖離の中で、「現実(現在)の私」を受け入れられないままに「現実(現在)の私」を生きていかなくてはいけないという、本当に生き苦しい状況に陥っている。

自分なんて言うものはもっと不埒で、平然とタガを超えて、どんどん変化していくということを受け入れられると、ずいぶん楽になれるのだけれど、それがなかなかできない。

「自分というのはこれこれこういうものである」という自己規定の名指しによって、それにそぐわない自己部分のネグレクト(育自放棄)が起き、その部分の反感的作用から引き起こされる症状にさいなまれている。

その原因は家庭や学校や職場の人間関係とか、あるいは学校教育やメディアの語り口とかいろいろあるだろうけど、それは「自分というものの規定」、あるいは「言語体系」そのものの変革によって、ずいぶん変わってくるような気はしている。


私はそんな現代人の「自分」というものを平然と連れ去りたくって、ときおり主語をするすると変化させながら文章を書くのだ。

気づかぬ内に「私」が「あなた」になり「誰か」になり、また「私たち」になっている。

もし私の文章を読んで、少し元気になって気が楽になるのなら、小さな「私」から手放されていく自分というものがあるからだと思う。

読み進めるうちに、するすると主体が変化し、いつのまに見える光景が変わっている、感覚。

それはじつは私が言語の中で行なおうとしている「潜在意識教育(指導)」のひとつである。


私が「言語」の中でチャレンジしていることはいくつかあるけれど、「現代的論理思考形態」を乗り越えていきたいという思いは強い。

神話の時代にまでさかのぼらないにしても、たとえば研究者たちがその学術的成果を、詩や散文のように語ることができるようになったなら、きっと世界はずいぶん変わるはず。

現代人にとって、「言葉」の問題は大きい。


しかしまあそんなことはともかく、この私の肩書きはいったいどんなもんだろう。

「大受媽媽歓迎的整體治療師」って…(笑)。

まあ、今の私の立ち位置が分かりやすいけれどもね。

posted by RYO at 10:24| Comment(20) | TrackBack(0) | 雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

3・11の整体シンポジウム

震災からちょうど一年の3月11日に、清澄庭園で「今こそ野口晴哉が必要だ」と題した整体シンポジウムを行なった。

独立して活動されていらっしゃる野口整体系の指導者の先生方が、私も含めて6名も集まるというなかなか他では見られないイベントであったが、こんな大それた企画を立ち上げるのは、当然のことながら私の師匠である河野先生以外にはいない。

どんな御人であろうとつなげていってしまうのが、河野先生の天賦の才であり、技であるが、私はその技の真髄を、前回の身体サミットのご参加を躊躇っていた東城百合子先生を口説き落とすために、薩摩琵琶を担いでいって目の前で「祇園精舎」の生謡(?)をしてみせた河野先生の姿に見たのである。

成城学園前の「あなたと健康社」の応接室のソファーに深々と座りながら、「私は出ないわよ」とおっしゃっていた東城百合子先生が、「これもお天道様のお導きかしらね」と言いながらこちらのオファーにご承諾くださったのは、ひとえに河野先生のねばり技(と謡い)による。もちろん、私もささやかながら側方支援をさせていただいたが…(ここぞというところで横からもお願い(攻める)する係)。


今回の整体シンポジウムに集まったのは、熱海で活動されている金井省蒼先生と、今は本拠地を小樽の方に移された三枝龍生先生、そして横浜で活動されている長谷川淨潤先生と、自由が丘で活動されている浜田貫太郎先生、それに河野先生と私である。

なかなか濃ゆいメンバー(笑)であるゆえ、いったいどんな会になってゆくのか興味半分ドキドキ半分であったが、なかなか良い感じで進んでいって、来てくださった方々からも「とても面白い会でした」と喜んでいただけたので、ちょっとホッとしている。


非常に貴重な会なので、どのような形で参加者を集めるか悩んで、スタッフ同士でもいろいろ話し合ったが、最終的にはあまり宣伝しない形で100名ほどだけ集まっていただいた。

なので、「ええ〜! そんな人達が集まるなら参加したかった〜!」という方には申し訳なかったが、今回のシンポジウムの様子は映像化して、何がしかの形で皆さんの手に届くような方向で動いているので、そちらをご覧になっていただければと思う。

ちなみに今回の会は、先生方すべてノーギャラである。

「収益はすべて被災地に回す!」というかなり強引な捨身技的提案に、たじろぐことなくご快諾いただいた先生方には頭が上がらない。多謝多謝。


昨年2011年は東日本大震災の年ということで忘れられない年となってしまったが、じつは野口晴哉生誕百年という節目でもあった。

奇しくも、野口晴哉という人の活動の一番初めは、かの関東大震災である。

野口先生の奥様、野口昭子先生の『朴葉の下駄』(ちくま文庫から「回想の野口晴哉」の名で出版されている)を読むと、そのあたりのことが書かれているが、震災後、近所の煮豆屋のおばさんが下痢で苦しんでいたので、手を当てて愉気してみたらそれで治ってしまって、それから多くの人に頼まれて手を当てるようになったと言う。このとき若干12歳。

関東大震災で困っている人たちに手を当ててゆくところから始まった野口晴哉が、もしこの東日本の大震災の今生きていたら、いったい何をしていっただろうか。

やはり被災地へ飛んで手を当てていただろうか、あるいはドンと構えて絶対的な安心感を放っていただろうか。

それは分からない。だが分からないからこそ、何をすべきか私たち自身が問われている。


全体のシンポジウム前の対談では、私は長谷川淨潤先生と対談させていただいた。

淨潤先生はいろんなことを勉強されていらっしゃるので、こちらも聞いてみたいことが山ほどあって、ほとんど私は質問に終始してしまった気もするが、いったい対談自体はどうだったんだろう?

こういうのは端から見てどんな感じで進んでいるのか、なかなか本人は分からないものである。

整体との出会いの話、東先生のシステムズアプローチの話、エリクソン催眠の話、死の四日前に現れる禁点の硬結の話、福岡先生の動的平衡の話、野口先生の遺稿にある「虚の活かし方」の話…。

対談に出てきたトピックを思い出すだけ上げてみるとそんなところだけれど、私自身が淨潤先生の口から出てくるいろいろな話をワクワクしながら聞き入っていたので、なんだかあっという間に終わってしまった感がある。

いろいろ突っ込んで聞いてみたいことがもっともっと山ほどあったのだけれど、それは今回の対談では叶わなかった。

う〜む、やはりもっと時間が欲しかったな…。


でも今回、対談前から淨潤先生とはまるでメル友のようにメールをやり取りさせていただいていたのだが、その中で「ぜひまたお会いしましょう」という話になっていて、それでつい先日、私の家族も一緒に淨潤先生のお宅(!)にお邪魔させていただいたのである。

まさか今回のことをきっかけに、淨潤先生とこんな家族ぐるみのお付き合いをさせていただくとは夢にも思わなかったが(なんと手料理までいただいてしまった。美味でございました)、おかげで思いっきり個人的な質問をエビスビールをカパカパ飲みながらズバズバとさせていただいて、私の知的好奇心を大分満たさせてもらった。

う〜む。なるほど。そうであったか…。

淨潤先生もホントにいろんなことを実践(実験?)されていらっしゃる。

けれども当然ながら、そういう席でのお話はあまりこういうところに書き散らす訳にはいかないので、皆様にはそのご報告だけで悔しがっていただくしか無いのである。

posted by RYO at 17:25| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。