2010年10月23日

【音声】ジュンク堂トークPodcast

先月、9月18日にジュンク堂池袋本店で行われたトークイベント『「野口整体」と「シュタイナー教育」の結び目』の音声ファイルが、ジュンク堂書店Podcastにアップされています。

前編、後編に分かれて合計約90分。

いずれ何らかの形でもう少しきちんとまとめて文章化したいとは思っていますが、とりあえず生録で聴いてみるのもよろしいかと思うので、ご案内しておきます。

ライブにはライブの良さがありますからね。

当日いらっしゃった方も来れなかった方も、ご興味のある方はぜひどうぞお聴きください。

 ⇒『「野口整体」と「シュタイナー教育」の結び目』(前編)
 ⇒『「野口整体」と「シュタイナー教育」の結び目』(後編)

ちなみにトークイベントはおかげさまで満員御礼で、定員を超える44名という方に4階カフェのイベント会場に集まっていただきました。感謝感謝。

トークでは、何をしゃべろうかと悩んだ末に、ゲーテの形態学をひとつの軸として、人間の中の運動とフォルムという観点から、野口整体とシュタイナー教育の結び目を語ってみました。

整体的子育て』の中ではとても語れなかったことを(マニアックすぎて)、1時間半という短い時間の中でざっくりかいつまんでみたのだけれど、まあ何とかかんとかまとまった…でしょうかね?

語り足りないことも山ほどあるけれども、とりあえずの入り口としてこんなものができましたので、よろしかったらぜひ聴いてみてください。

(ちなみに中で紹介している本はこちらです。美しいですよ)

posted by RYO at 21:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 音声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

【音声】碧厳録をワークする

この前ある人から、しばらくお会いしてない方の近況をうかがったところ、「RYO先生の声が聞きたい」と言って、前にブログにアップした講義録を聴いている、という。

まさかそんなことを言われることがあるなんて思ってもいなかったので、なんだか妙にしんみりしてしまって、とにかく俺は頑張らねばならんぞ、と新たに静かに奮起する。

でもそんなことを言ってもらえるなんて、ワタクシ講師冥利に尽きますわ。ヨヨヨ…(泣)

しかしこちらもその思いにお応えしなければと、とりあえず手元のPCに入っている講義録のフォルダを引っ張り出してきて、インデックスを見ながらどれをアップしようかとあれこれ聞きまくる。

テープ起こしは相変わらずちっとも進んでいないのだけれど、とりあえずインデックスだけは付けていっているので、中身だけはだいたい分かるようになっている。

う〜ん…どうしようか。どれにしようか。

いろいろ悩んだ挙句、今回は11月の講義録から抜粋することに決定。

題して『碧厳録をワークする』。


禅の公案集である『碧厳録』は、整体の野口先生が座右の書として愛した書である。

その『碧厳録』を、ところどころかいつまんで一言二言書き記していったのが、野口先生の『碧厳ところどころ』であり、その『碧厳ところどころ』を読んで、なおかつそれをワークしてしまおうという、なかなか思い切ったことをやってしまった会が、この11月の講座である。


そもそもの事の発端は、その少し前に禅寺で行なわれた合宿の夜の企画を考えていたときに、「RYOさん、『碧厳ところどころ』の読書会やってくださいよ」と、後輩の内弟子Sくんに言われたことであった。

突然のオッファーに「え、マジ?」といささかたじろいだが、どんな攻撃も見事受けさばいてみせるのが武術をたしなむ者の務めと思い、「分かった。やってみよう」とその場で応じたのだ。

そして返事をしてから、悩んだ(笑)。

夜の読書会だからってたらたら読んでも眠くなるだけだし、そもそも禅集なんてただ読んでたって意味不明である。

『碧厳ところどころ』は、野口先生が比較的説明をしてくれているのでまだ分かりやすいが、それでも不立文字の禅の教えを、わずか四、五十分の読書会のなかで講座として満足いくように紐解いてみせるというのは困難である。

それで『碧厳ところどころ』やら『碧厳録』やら、ほかにもいろんな禅の解説書などを集めてきて、それらを引っくり返してどういう読書会にしようか思案した末に、「ええい、どうせもう言葉にならないんなら、動いてしてしまえ。『碧厳録をワークする』。お、いいじゃないか。決定。」とまあ、そんな感じで決まったのだ。


禅の公案というのは、基本的に意味不明である。

意味不明な中で何かがやりとりされ、何かが果たされている。

謎に満ちている。

ただ一つ言えることは、基本的に師弟のやり取りを編纂した禅の公案集というのは、それがきわめて「教育的な営みである(はず)」ということである。

それだけがメタメッセージとして通底している。

「意味不明な師弟のやり取り」を読んで、師が弟子を教え導く。

そうして「師から弟子へと何がしかのものが伝わる」ということが、入れ子状態で繰り返される。

そんな『碧厳録』を野口先生はこよなく愛し、そしてまたお弟子さんたちと接するときにもそれを規範として振舞っていたようなところがある。

遺稿の中で、自らの活動を「虚の活かし方なり 無の活動法なり」と称しているが、まさにそれは「禅」という方法に多くをインスパイアされて完成されていったものであったろう。


まあともかく、そんな『碧厳ところどころ』を読んでみた講座の講義録である。

お時間のある方はぜひお耳汚しに聴いていただければ幸いである。

例によって好き勝手にデタラメなことをべらべらしゃべっているので、ツッコミどころも満載ではあるが、そんなところも含めてお楽しみいただけたらと思う。

重複しているところとか多少編集はしてみたけれど、それでも全部で40分弱の長さになってしまったので、ファイルを3つに分けてアップするので、好きなように聴いてやってください。(リンク先で「対象をファイルに保存」からダウンロードもできます。)

それではどうぞ。


音楽 『碧厳録をワークする1』 【11:45】

 ・00:00  碧厳録というもの
 ・03:08  師弟のあいだの現象学
 ・06:03  馬祖と百丈
 ・10:41  自分の言葉を得る


音楽 『碧厳録をワークする2』 【14:33】

 ・00:00  野鴨が去る 心も去る
 ・03:32  汝は深く今日のことを知る
 ・05:56  師から弟子へと引き継がれるもの
 ・09:53  百丈もまた師となって
 ・12:48  親切な俗人・百丈


音楽 『碧厳録をワークする3』 【13:37】

 ・00:00  驢も渡る 馬も渡る
 ・03:56  体と心を一致させる
 ・06:06  心引かれたところに体が動くこと
 ・09:19  気になる心は自分の心
 ・11:10  気になることに潜っていく

posted by RYO at 21:11| Comment(8) | TrackBack(0) | 音声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

【音声】宙に散らばる物語

どうも皆さん、こんにちは。
GWのさなか、いかがお過ごしでしょうか?
今日も、雑念する「からだ」の時間がやってまいりました。


…な〜んて、いきなりラジオ風に始めてみましたけれど、これも前回触れたように私が試しているいろんな表現の一環なわけでありまして、皆さんには毎度のことながらお付き合いいただいて申し訳ないかぎりです。

けれども、もしもし お許しいただけるのであれば、どうぞよろしくお付き合い。


さてさて、今年のGWは高速料金が1000円になって、各地の高速道路が大渋滞になっているそうですが、皆さんはいかがお過ごしでしょう?

私はと言えば、GW突入初日に滝にバシャーッと打たれてきまして、煩悩のかぎりを洗い流してこようかと思ったんですけれども、師匠にいきなり「キミ、一番手ね」と予想外の特攻隊長を仰せつかったことに、思いがけずたじろいでしまって、その後みんなのサポートに滝場を走り回っていたにもかかわらず、次の日はクシャミと鼻水が止まりませんでした。

ええ、ええ、修行が足りません。

それとも鼻と口から煩悩が排泄されていたのでしょうか。クシュン。


まぁそれはともかく、みんな遊びまわっているGWにシコシコとブログの文章を書いているのもなんですので、今回は私の講義録の音声ファイルから、適当に切り取ったものを生声のままで載せてみようかと思います。

ネットというのはいいですね。こんなこともできるんですね。

自分の声をそのままネットに載せてみるというのは、なかなか気恥ずかしいものでありますが、まぁこれだけいろんなところでしゃべっておきながら、今更それもないだろうということで、とりあえずやってみるのでありますよ。

リアルな私をご存知の方は、「ああ、また何かしゃべってるな」と愉しんでいただいて、まだリアルな私をご存知でない方は、「へぇ、こんな声なんだ」と愉しんでいただければと、そんなことを思う次第であります。


これで私のブログは、テキスト(文)、イラスト(絵)、ヴォイス(声)と大きな3つの表現パターンを試してみたことになりますね。

テキストの中ではすでにいろんなパターンを試行錯誤しておりますが、これからヴォイスもいろいろ試していくのでしょうか。

ゆくゆくはやはりムービー(画)でしょうか。

さらにはソング(歌)やダンス(踊)も披露しなくちゃいけないんでしょうか。

最終的には何か別のモノに変身しなくちゃいけないんでしょうか(笑)。

人生一回、身は一つ。

さてさて、どうなることでしょう。


それはさておき、本日の音声ファイルの内容は、私の最近の講座のなかから「子どもに物語を聞かせる意味」を語った部分を抽出したものです。

まぁ、ウェブ講義ですね。

トータルにして30分足らずですが、前半後半に分けまして2つのファイルにして載せておきます。

そのまま再生したり、DLして何かに入れたり、どうぞお好きなスタイルでお聞きください。

音声で「疾走(失踪?)する雑念」を愉しんでいただければ幸いです。


タイトルはロマンチックに、「宙(そら)に散らばる物語」。

そう、つまりは星座と神話について語っているのであります。

前半はそのマクラ、後半はいよいよ神話の話に突入していきますが、でもいったいそれが整体や子育てと何の関係があるんでしょう?

それは私も分かりません(笑)。

聞けば少しは分かるかも。


ちなみにメニューは以下のようになっております。
できればフルコースで、あるいはお好みによってかいつまんで頂ければよろしいかと。
それでは興味のある方々は、しばしお時間拝借。


音楽 『宙に散らばる物語1』 【14:09】

 ・00:00  要求・運動・抑圧
 ・05:06  いろんな表現の練習
 ・07:14  物語にひそむもの
 ・10:15  無意識の発散


音楽 『宙に散らばる物語2』 【12:55】

 ・00:00  言葉が物語になるとき
 ・02:00  コンステレーション(星座)を読む
 ・06:32  すくいあげる神話
 ・08:15  変容する物語
 ・11:40  物語が人を支える

posted by RYO at 21:45| Comment(22) | TrackBack(0) | 音声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。