2014年04月10日

昔記事の掘り起こし

相変わらずブログの更新が滞っているけれど、どうぞご勘弁。
お会いした方たちから「ブログ楽しみにしてます!」なんて言われると、たいへん嬉しくありがたいのだけれど、そんな現状なので「なかなか更新できなくてすみません…」と平謝りするばかりである。

ブログを始めた2005年(!)当初は2日に1回、3日に1回くらいのペースでわんさかアップしていたけれど、今思えばよくそんなに書くことがあったものだと呆れてしまう。

まあその頃は今のようにあちこちで講座をやって人前でベラベラとしゃべることもなく、弟子として師匠のお手伝いを黙々とこなす日々であったので、しゃべりたいことが山ほど溜まっていたのであろう。
だから私はそれをあるときふと思い立って、ブログで吐き出し始めたのだ。

寡黙な青年だったヤマカミくん(まだ20代だったからね)はこれでもかと言わんばかりに書き散らし、その中でさらに思索の深まることもあったし、また新しい出会いがあったりもした。

けれども最近あちこちで講座を行なっていろんな人の前でしゃべるようになったら、講座の中で言いたいことを言っているせいか、あまりブログで吐き出そうという勢いは無くなってきた。

それで書こうと思ってパソコンの前に座ってもなかなか言葉が湧いてこないので、ふと昔のブログの記事を読み返してみたりなどすると、我ながらなかなか面白い考察をしていて、思わず懐かしみを感じながら引き込まれて読んでしまう。

そして結局記事を書かないままに一日が過ぎてしまうのだ。済まぬ。

まったくテメェでテメェの書いた文章に引き込まれて読んでいれば世話はないのだけれど、自分の本をときどき引っ張り出してはパラパラと目を通し、「イイコト書いてあるなぁ」と癒やされてしまうような人間が私であるので、もう仕方が無い。

それでブログの更新も実際なかなか進まないことだし、これから毎回記事をアップするときに、その時々でふと思い立った古い記事にリンクを貼って、ちょこっと文量増加の足しにしようかと思う。

以前から読んでいる方は「ああ、こんな記事があったな」と思って懐かしく思い出していただければ良いし、初めて読まれる方は「おお、こんなことも書いていたんだな」と楽しんでいただければと思う。
今回はこんな記事。

●2008年1月12日記事『からだゆるし』


posted by RYO at 22:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
山上先生、ご無沙汰しております。
昨年、「別冊うかたま 子どもを守る自然な手当て」で子ども達がモデルをさせて頂いた者です。

先生の過去記事を拝見して、なるほどー!と思いました。
私は、10歳の時に母親が37歳で亡くなったのですが、その時点で、母がいなくなった寂しさや悔しさ、母親本人や母の病気を治せなかった西洋医療や周りの大人達や神への怒りや恨みを、表に出すことなく(表に出してはいけない、表に出すまいと必死に涙を堪えて)生きてきました。
そんなことにエネルギーを使って生きているものですから、当然人生を楽しむことなどできず、しんどい思いばかりしていましたが、とうとう出産を機に限界が来まして、長女を出産後、産後うつになりました。
その時から、母がいなくて寂しかったことを始め、今まで心の奥の奥にしまいこんできた負の感情を吐き出すことをしてきましたが、特に許せない思いを抱いていた父親と叔母に対して、いつまでも怒りを抱いていてはダメだと思えるようになり、また、心の整理と同時に自分の身体を労るなかで、辛かった肩や背中の凝りが、最近になって少し楽になってきているのです。
妊娠中に助産院で指摘され続けてきた身体の固さは、精神的なところからきていたのだと納得の思い。
確かに出産後は、地獄の釜の蓋を開けてしまったような状態でしたが、自分自身と深く向き合い、ぐっと抱え込んでいたものを手放すことで、時間はかかるけれども、心だけでなく身体も楽になることを、今まさに経験しております。

別冊うかたまの撮影時にお腹にいた赤ちゃんは、いろいろ大変な思いをして、結局逆子が治らず帝王切開で産まれましたが、その息子がまた、私にたくさんの気づきを与えてくれ、今が人生で一番心身共に健康で幸せです。
まだまだ健康になれそうな気がしますので、さらに心を解放し、身体に向き合いながら子ども達と楽しく生活していきたいと思っております。

私の今の思いがそのまま文章に表されていて、嬉しい思いをお伝えしたく、長々と書き連ねたことお許しくださいませ。
Posted by ババユウコ at 2014年05月16日 01:26
こんにちは。ご無沙汰しております。
その節はご協力ありがとうございました。

子どもの頃にお母様を亡くされていたのですね。
それはとても悲しくショックなことでしたでしょう。
きっと子ども時代のこころとからだにはあまりに大きすぎることだったと思います。

でもそういうこととしっかり向き合っていくということは大変なことではありますが、
自分自身が溌剌として生きていくためにはとても大切なプロセス。
さぞ大変で苦しいこともあったかと思いますが、よくぞ引き受けていきましたね。

そのような作業は自身の心身のみならず、子どもとの関係にもその影響が出てきますから、
きっともっとさらに幸せな子育ての生活がこれから育まれていくことと思います。
どうぞ一度きりの人生を目一杯楽しんでいきましょう。
Posted by RYO at 2014年05月16日 13:45
山上先生、こんにちは。
沙羅舎 O先生を偲ぶ会でお話しましたこんどうです。高崎でのスケジュールや住所などがわかるサイトがありましたら、群馬の方にお伝えしたいと思います。お忙しいところ申し訳ございませんがどうぞよろしくお願いします。
Posted by kon at 2014年10月13日 00:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。