2013年10月16日

まっすぐに風立ちぬ

気づけば10月も中旬。

ということは夏休みが終わってからもう1ヶ月半も経っているということである。

う〜ん、時は加速して過ぎてゆく…。


この夏は映画「風立ちぬ」を観てから、その影響で子どもと飛行機三昧の夏を過ごした。

長野で出会った26年グライダー作りをしているというヒコーキおじさんに、重さわずか4gほどというバルサで作れるグライダーの作り方を教わり、久しぶりの模型工作に興じていたのだ。

これがその英姿。



ホントに軽くて、そして恐ろしくよく飛ぶ。

手で持って空気に乗せるように押し出すだけでもふわーっと軽く飛ぶし、太い輪ゴムに引っかけて打ち放すように飛ばせば軽く10mくらいは舞い上がって、そのまますーっと30秒以上は滞空しながらゆっくりと舞い降りてくる。

いや〜、美しい。

そのさまは何とも優雅で、バルサの白木色が蒼い秋空によく映える。

おじさんが20年以上もヒコーキづくりにハマってしまうのもよく分かる。


ところで映画「風立ちぬ」は、我が家では子どもも含めみな絶賛の高評価だったのだけれども、世間的にはずいぶん評価が分かれているようである。(子どもはとにかくヒコーキばっかり見てたけど)

まあたしかにこの映画、「親切な説明」というものはほとんど無いし、お話自体のクライマックスというものもよく分からないし、何の物語なのかもよく分からないし、最後も「ん?それで?」と思ってしまうくらい淡々とした描写である。

零戦の設計者が主人公というからその飛行機づくりがテーマなのかと思いきや、どうもそれが映画の主題なのでは無い、というトリッキーな物語構成に多くの方が戸惑ったことだろう。

前作の「崖の上のポニョ」を観たときも、「すごい作品を作ったものだ」と驚かされたのと同時に「これって一般に受け入れられるのかな?」という不安を抱いたが、今回の「風立ちぬ」もそれと似た印象はたしかにあった。


けれどもそういう映画に抱いた客観的な印象と、個人的に好きかどうかという評価とは別のものであって、私自身は「風立ちぬ」は好きである。

何がって、とにかく次郎の「まっすぐ」である。

主人公の次郎のまっすぐさは、幼少期のエピソードに始まり、ことあるごとにくり返し描かれているが、宮崎監督はあの「まっすぐ」を描きたかったんだと思う。(と思っていたら、まったくその通りのことを企画書に宮崎駿本人が書いていた)


宮崎監督はとにかく「まっすぐ」を描きたかった。

だが、次郎のそのまっすぐさは、妹の加代には「薄情」と呼ばれ、親友の本庄には「マンネリズム」と呼ばれ、上司の黒川には「エゴイズム」と呼ばれ、劇中の人物の口を借りて、たびたびボロクソに言われている。

次郎はどれも否定しないし否定できない。本人が「その通りだ」と思っているからだ。

次郎本人も最後のシーンで「最後はボロボロでした」と言っているが、だが次郎あるいは宮崎駿にとっては「それでもなお」なのである。


「芸術は爆発だ!」のフレーズで有名な岡本太郎は、スキー場に行けば直滑降しかしなかったそうだし、車の後部座席に座っていても顔は運転手より前に出ていたそうである。しかも赤信号で止まると「止まるな!進め!」とどなりつけたというから、その「岡本太郎っぷり」たるや筋金入りである。

岡本太郎もまたまっすぐな人であったが、次郎のまっすぐっぷりはそれを彷彿とさせる。


私が一番印象に残っているのは、結核の療養所を抜けだして会いに来た婚約者の奈緒子を、次郎が抱き止めながら「帰らないで」と口に出すシーンだ。

病院を抜けだしてきた重病人に「帰らないで」とは、あんまり素直でまっすぐすぎる。

薄情でエゴイズムと言われても仕方が無いだろう。

でもその「まっすぐさ」が美しいのだ。

次郎自身が自分の業をすべて知りながら、「それでもなお」のまっすぐが美しいのだ。

宮崎監督はなんだかややこしくなりすぎてしまった今の時代に、こんなまっすぐさを描きたかったのだと思う。

まっすぐ生きるなんて、どう考えたってボロボロになっていくしかない。

それはホントにホントに大変な生き方であって、自分自身がそんな生き方をしたいとは思わないけれども、でもその在り方に美しさを感じないではいられないのも、また事実である。


「風立ちぬ」。「何の映画か」と言われると何とも答えに窮するが、「どんな映画か」と言われれば「まっすぐを描いた美しい映画です」と私は答える。

それはやはり主題歌通り、「ヒコーキ雲」のような映画であるかも知れない。

posted by RYO at 21:32| Comment(13) | TrackBack(0) | 雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先生こんにちは。
「まっすぐ」って素敵なことなのだなと気付かされました。

ご縁のある気遣ってくださる人は
どちらかというと「まっすぐ」な部分を持っている人かなと思われ
たぶん、その「まっすぐ」さに心ひかれてゆくからなのかな
私自身もそういう部分があるからなのかな
とおもわれ

「まっすぐ」に生きることを
許され、守られている人と
そうでない人と
似ているようで全然違うのでしょう
何が違うのかな
言葉にはできなくても
みんなどこかで分かっているようで
その感覚に不思議さを感じ
美しさを感じたり
あこがれてゆく
感覚は大切なんだなと思われました。


Posted by yoshi at 2013年10月23日 07:50
まっすぐに生きるというのはホントに大変な生き方です。
主人公の次郎もそうですが、ときに愚かであり、ときに残酷であり、
そしてたいていは自身ボロボロになって生きていくことの方が多いように思われます。
けれどもそこには何か人の心を打つものがあるのですよね。
そういう生き方を選んだ覚悟のようなものがきらめいている。
私はその「覚悟」の部分に心惹かれて止まないのだと思います。
Posted by RYO at 2013年10月24日 21:04
「大変だね」と気遣って下さる方のお気持ちが少しわかった様な気がします。

私自身も、愚かすぎるし、残酷だなと感じます。

田舎で育ったからでしょうか、子どものころから、それでも許され守られて
生きてこれたことを有り難く思っています。

その許し守る感性が変わってきているように感じます。都会とはそういうものなのでしょうか?

Posted by yoshi at 2013年10月25日 09:02
「覚悟」とは、自身の決断の結果も他者からの批判も含めて
すべてを受け止めて責任転嫁をしない生きざまのことですが、
現代という時代はそのような価値観はあまり美徳とされませんね。
まあ利口な人間からすれば「バカな生き方」なのでしょうからね。
現代人は昔の人間より利口になったということなのでしょう。
それが良いことだとは思いませんけれども。
Posted by RYO at 2013年10月28日 21:44
先生の言葉にじんわりと心温まります。

ボロボロになっているのに身内はさらに追い打ちをかけるような言葉で追い詰めてしまうことになるのはどうしてなんだろうと思っていました。
現代では子どもがいない方が末永く夫婦が仲良く暮らして往けるようで
利口が良いことだとは私も思いませんけれども、
男の人と女の人が仲良くしているのは悪くないんじゃないのかなと思われ
素直でまっすぐな気持ちに耳を傾けて往くうちに,だんだんと良し悪しというより得意不得意、合う合わないということなのかなと気付かされてゆくのですが
身内にはわかり難い事のようで他者の存在の意義深さをしみじみと感じています。
Posted by yoshi at 2013年10月30日 05:02
身内というのはある意味一番難しい存在ですね。
生々しくいろんな課題を突きつけてきますからね。
他人というものとはまた違う気づきを与えてくれます。
他人と身内、それぞれにそれぞれの役割があるのかも知れません。
Posted by RYO at 2013年10月31日 22:51
「めんどくせぇ」というのが、宮崎駿監督の口癖なんだそうです。
勿論、ただの面倒くさがりなのではなく、「大切なことはめんどくさいもんなんだ」といつもおっしゃるんだとか。

まっすぐに生きるって、まさに面倒くさい事の連続なのではないでしょうか。
特に、子どもにはまっすぐな自分の姿を見せたいと思います。
しかし・・・本当に「めんどくせぇ」というのが実感です;
大切な事だって分かっていますが・・・。

昨日、愛知県から先生の整体講座に参加させていただいた者です。
遥々足を運んだ甲斐がありました。
ありがとうございました。

こんな所に書き込むのはどうかと思ったのですが、先生に教えていただいた近隣市での講座を調べてみた所、うまくヒットしませんでした。
主催される団体名などをもう一度お教え願えませんでしょうか。
何卒よろしくお願いいたします。
Posted by 笹井 亜紀 at 2013年11月21日 15:39
こんにちは。
昨日ははるばるありがとうございました。
宮崎監督は「めんどくせぇ」が口癖なんですか。初めて聞きました。
たしかに大事なことはみな手間の掛かることですよね。
その「めんどくさいこと」をきちんとやっているからこそ、
良い作品ができるのでしょうね。

講座の申し込みについてのお返事は直接メールさせていただきますね。
またお会いできるのを楽しみにしています。
Posted by RYO at 2013年11月21日 21:47
まっすぐに、真面目に生きて往く人との出会いから
ホームレスと出家と放浪の旅の違いって何だろうと思われ、
見守ってもらえる場、見送ってもらえる場が
あるということなのかなと思われ、
大切なことを見失わないように、気付かされるように、
そんな場をどうしたら空想してゆけるのかなと不思議に思われ
美しいと感じるものを発信して下さるこのブログを読んでいて、空想してゆける、きっかけのようなものを感じます。

Posted by yoshi at 2013年12月18日 07:18
自分を見守ってもらえる場、見送ってもらえる場があるというのは幸せなことですね。
それは「仲間がいる」ということになるのでしょうけれども(家族も含め)、
物事に誠実に向き合ってさえいればそのような場は必ずできてくると思っています。
Posted by RYO at 2013年12月20日 22:16
突然こちらから失礼致します。
出版社で編集をしている者です。

このたび、山上さまにご寄稿のお願いをさせていただきたく、こちらからご連絡差し上げてしまいました。

お手数ではございますが、
もし宜しければ一度、ご返信をお願いできますでしょうか。
何卒よろしくお願い致します。
Posted by A.N at 2014年04月22日 19:26
こんにちは。コメントありがとうございます。
いただいたメールアドレスの方にお返事を書いておきますので、そちらをご確認いただければと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by RYO at 2014年04月22日 23:47
おぉ〜♪

ふと想い出す…ということの不思議さに

なんともこころ弾む朝です〜♪

風にのって・・・いつとは知れず

「想いが届く」こともあるのでしょうか・・・
Posted by 風待人 at 2016年04月06日 07:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。