2013年08月02日

新刊「子どものしぐさはメッセージ」発売

いよいよ新刊が8月5日に発売となります。

その名も『子どものしぐさはメッセージ』(クレヨンハウス)。



2冊目の本から2年ぶりの刊行となりましたが、ようやく上梓できました。


本のまえがきにも書いているし、このブログでも書いたけれども、今回の本は「動詞で世界を語る」ということの、ほんの一歩目の駆け出しのような作品である。

今回は「子どもと楽しむワーク」ということを中心にまとめていったので、どちらかというと「子どもワーク本」という感じだけれども、いつか「大人の動詞」を考える「大人のワーク」もまとめていきたいなと考えている。…いつになるか分からないけれども。


しかし、今回自分が「子どものしぐさ」として挙げた動詞の数々を見ていて、そういえば人間って大人になると動詞の数が減っていくんだなと思い当たった。

たとえば今回の本で取り上げたしぐさでも、ほとんどの大人は「ころがる」なんてことしないし、「とびおりる」ことも「つみあげる」ことも「まねる」こともほとんどしないだろう。

子どもはいろんな動詞を試してみるけれども、大人になると「動詞の実験」ということはしなくなる。


私はときどき「いろんなシチュエーションに自分を置いてみる」ということをやってみるのだけれども、自分が自分だと思っているものは、じつは限られた動詞の中での自分に過ぎないわけで、今までにないシチュエーションで、普段やったことのない動詞を動いているときには、自分も知らない自分自身が出てきたりするものである。

だから普段はあまりないシチュエーションに自分を置いてみると、「へぇ、こんなときにはこんなこと感じて、こんな反応するんだ」と新しい自分を発見できる。


この本の中でもいろんな「しぐさのワーク」を紹介しているけれど、ぜひぜひ皆さんにもいろんな動詞を動いてみてほしい。

ありきたりな日常やありきたりな関係が、また全然違って見えてくること受け合いである。

とくに「新しい動詞」は、こわばり始めた身心に新鮮な息吹を吹き込んでくれる。

いや、というよりもむしろ、つねに「新しい動詞」に満ちているのが子どもの世界であり、若さであるのかも知れない。

つねに「新しい動詞」を食べ続けようという人は、おそらくいつまでも若々しい。

posted by RYO at 22:57| Comment(11) | TrackBack(0) | 雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
未知の「動詞」を味わってみることが心身の若さや潤いをもたらすのかも知れませんね。そう言えば小生もワンパターン化してますな…、こりゃいかん!
Posted by 風 at 2013年08月07日 18:39
動詞ってどうしてもパターン化してしまいますよね。
それ自体は合理化であって決して悪いわけではないのですが、
「それだけ」になってしまうと、どうしても生命が萎縮していってしまう。
ぜひぜひ思い立ったら「新しい動詞」で行ってみるということをやっていきましょう。
私もつねに心がけております!
Posted by RYO at 2013年08月08日 01:26
はじめまして。先生の「整体的子育て」を読ませて頂き、いつか講座にも参加したいな〜と思っている者です。

久々にブログにおじゃまし、新刊が出ていらっしゃることを知りました。「大人になると動詞が減る」というご指摘、とてもおもしろいですね。明日は、こどものまねっこをしてみようかと思いました!

実は、先生に講座をお願いできないかと思っております。連絡先がわからず、このようなところでお声かけさせていただくのは申し訳ないのですが、ご返信いただければありがたく思います。
Posted by Sachi at 2013年08月19日 22:38
こんにちは。
コメントをありがとうございます。
また講座のご依頼もありがとうございます。
いただいたメールアドレスの方にメールをさせていただきますので、
そちらの方でやりとりさせていただければと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by RYO at 2013年08月21日 22:59
初めまして。富山で「お産の学校」という名前で、自然なお産、自然な育児をテーマに講座などを企画しております。

ちょうど上の子を出産したときに「整体的子育て」の本を購入していて、今第2子を出産したばかりなのですが、改めて読み返してみて、すばらしいことがたくさん書かれている!と感動しているところです。
ブログもとてもためになります。わたしも整体出産したかったです。

わたしも上の方同様、山上先生の講演会を開きたくて、ここにコメント書かせていただいております。ぜひ富山にいらしてください!どうぞよろしくお願いします!
Posted by 笹野瞳 at 2013年08月27日 13:38
笹野さま

こんにちは。コメントありがとうございます。
私の本を読んでくださっているんですね。
お産ってホントにすごい営みですよね。
そんなお産に関わる活動をされているのは素晴らしいことだと思います。

いただいたメールアドレスの方にメールさせていただきますので、
そちらの方でやり取りさせていただければと思います。
それではどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by RYO at 2013年08月28日 14:37
はじめまして。
子供の体調が優れないときに、整体的子育て2冊を医学書のように参考にしています。
新刊が出たと知って、興味津々です。

この場を借りてご相談していいのかわかりませんが、もしアドバイスをいただけたらありがたいです。

3才の子供が、昨日ブレーキのない自転車に乗っていて、下り坂でスピードが出すぎて止まらなくなってしまい、大転倒しました。
ヘルメットのおかげで、外傷はあごと額に少しだけなのですが、衝撃をほとんど顔で受けてしまいました。
鼻血は出ましたが、意識もしっかりしていて、その後歩いて家に帰りました。
念のため頭のレントゲンもとり、異常はないと言われていますが、翌日に熱が出てきました。

著者にも、衝撃は一番気を付けなければいけないとありましたが、体のことや、精神面のフォローも含め、何かできることがあれば教えていただきたいと思い、コメントさせていただきました。

よろしくお願いいたします。
Posted by river at 2013年09月13日 23:20
こんばんは。
お子さんが転倒で打撲をしたということで大変でしたね。

ご存じのように、整体は打撲をもっとも気をつけます。
とくに交通事故のような速度のある打撲はもっとも注意を要します。
今回は翌日に熱も出たということですので、
そのショックはやはり大きかったと見るべきでしょう。
できれば打撲した日から数えて4日目までは湯船などには浸からず、
様子を見守ると良いですね。(入ってしまったかも知れませんが…)

頭をぶつけたときに頭の中で内出血をしていることがありますが、
それは後日(だいたい4日目)に鼻血が出ることで経過します。
なのでしばらくしてから鼻血が出てきたら、内出血が経過できたと安心できます。

とりあえずは頭部のぶつけたところと、その反対側の部分を挟んで、
合わせるように愉気してみてください。
そして首の一番上のあたりの頸椎二番も触れるようなら、そこにも愉気してください。
あとは鳩尾やアキレス腱、足の親指なども愉気しておけると良いですね。

最低4日できれば1週間は愉気を続けて、様子を見守ってあげてください。
打撲の乱れは予想外の形で現われることもありますから、
とにかくいつもと何か違う感じがしたならしっかり愉気してあげてくださいね。
Posted by RYO at 2013年09月14日 22:27
早速のお返事ありがとうございます。
当日、翌日はシャワーにしたのですが、昨晩は湯船に浸かってしまいました。温まるのはあまり良くないのですね。今日はシャワーにします。

鼻血が出てきたら経過したと捉えればいいのですね。もし、数日経って鼻血が出てきたら、その事を知らなければ、不安になるところでした。

頭から足まで、全身に癒気した方がいいのですね。順番にやってみます。

お忙しいところ申し訳ありませんが、癒気についてもう少し質問させてください。

癒気の方法としては、腹式呼吸で気持ちを集中するようにしていますが、それで良いのでしょうか?

子供がなかなかじっとしていないので、いつも寝ている間に手を当てることが多いのですが、寝ていても効果は変わらないのでしょうか?

時間は長ければ長いほど効果的なのでしょうか?


今回の転倒は本当に驚きましたが、大きな外傷がなかったこと、先生にいろいろアドバイスをいただけたこと、本当に感謝しています。
何もできずただ見守るだけというのは、親として無力感を感じていましたが、癒気を知ったことで、子供に多少なりとも何かしてあげられるというのが嬉しいです。

機会があれば、ぜひ講座に参加したいと願っています。
Posted by river at 2013年09月15日 04:12
こんばんは。
愉気は心静かに深い呼吸で行えれば良いので、行なっている愉気で結構ですよ。
お子さんが寝ているときでも構いません。
たとえ寝ていてもからだはきちんと愉気を感じていますからね。

時間は長ければ良いというものではありません。
「手が離れるまで」と整体では言われますが、
ふっと集注が途切れたらそこで終えると良いでしょう。

講座もあちこちで行なっていますから、
お時間都合付けばぜひぜひいつでもお越し下さい。
お待ちしております。
Posted by RYO at 2013年09月16日 20:53
ご返答、本当にありがとうございます。
しばらく癒気を行ってみます。

講座にも、時間を作って是非参加したいと思います。

今回の件で、自己流ではなく、家族にちゃんとした癒気を行える程度には、勉強したいと感じました。
Posted by river at 2013年09月16日 22:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/370963223

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。