2013年04月09日

分かっていること、分からなくなること

私は最近、講座で「人間は無意識のうちにはすべて分かっているので、今さら自分の欠点を隠しても仕方が無い。隠しているとむしろその「隠している」という身振りそのものがもうバレバレなんです」ということをお話しすることがある。

それは私がもう最近、実際にそう感じて止まないのでそう言っているのだけれど、たぶんホントにそうなのである。

私たちはすべて分かっている。あるいは感じている。

ただそれを言語化/意識化できないだけで。


先日、講座でそんな話をしていたら、参加者の方が「私は子どもの頃、トランプをやっていてもジョーカーがどこにあるのか全部分かったんです」という話をしてくれた。

ババ抜きなどやっていてもジョーカーがどこにあるのか分かっているから、ゲームとしては何も楽しくない。

だから周りの大人たちが「ババ引いたー!」などと言って楽しんでいる様子が、なぜだかよく分からなかったそうである。

それで子ども時代のその方は、頭を悩ませ考えた末にある結論に達した。

「分かった。みんな分からないふりして楽しんでるんだ。」

賢い子である。

このゲームを楽しむために、みんな分かっていることを分からないことにして、「ごっこ遊び」をしているのだ。なるほど。

そう考えたその子は、自分も分からないふりしてみんなと一緒にトランプを楽しむことにしたそうである。

それでどうなったか。

その人曰く、「そうしたら、いつの間にか分かんなくなっちゃったんですよ〜(笑)」

悲しいお話である。 だがきわめて興味深い話でもある。


最近の認知心理学の研究によると、赤ちゃんというのはサルの個体識別ができるそうである。

私たち大人は、サルが何匹かいたときにその顔をどんなによく見比べたところで、それぞれのサルの区別など到底つけることはできないが、乳児はすべてのサルの顔をきちんと識別できるというのだ。

しかし残念ながら、その能力は長くは持たない。

歳を重ねるにつれ消えていき、そしてやがて我々大人と同じように「サルはサル」という十把一絡げの認識になってゆく。

何故かということは単純だ。そんな能力は必要ないからである。

私たちにとって重要なのは、身の回りの人間たちの個体識別なのだ。

サルの個体識別などにその能力を振り向けるなら、日本人の個体識別能力に特化して磨いた方が良い。

まあきわめて妥当な生存戦略であると言えよう。


私たちを取り巻く日常は、良くも悪くも虚構に満ちあふれている。

私たちはみな、お愛想を言い、おべっかを使い、世間体を気にし、TPOをわきまえる。

分かっていることをあえて言わずにおいたり、見て見ぬふりをしたり、心にもないことをつぶやいたり、嘘でも褒めたり…。

それは良く言えば「社交辞令」、悪く言えば「欺瞞」である。

だが私たちの社会というものは、ある種そういうものによって成り立っているところがある。

だからそういう能力を身に付けてゆくことを「大人になる」と言い、そういう能力を身に付けていない人間を「子ども」と呼んで、彼らに「大人になれ」と言うのである。

世の中、分かっていても言ってはいけないことがある、と。


おそらく私たちはみな、無意識のうちにはすべて分かっている。

だがその分かっていることを、そのまま表に出して生きていくことは、大変リスキーなことであるし、しんどいことであるし、集団から阻害されていきかねないことである。

だから私たちはたとえ分かっていたとしても、言わないようにしながら、気づかぬようにしながら、分からないようにしながら、暮らしてゆくのだ。

そしてそのうち、ホントに気づかぬようになってゆく。

しかし、そんなことが「大人になる」ということであるとするならば、何とも悲しいことである。


最近の私のテーマでもあるのだけれど、私たちが真に大人になってゆくためには、「それを知ってなお」とか「すべて分かった上で」とかいうようなことがキーワードになってゆくような気がしている。

不都合なことから目を背けていては、分からなくなっていくことばかりである。

だが、そういうことに直面してなお、それと向き合うことに覚悟を決めて、それと向き合う作法を身に付けていけば、いろんなことに気づかぬようになってゆく「無知の病」に陥らずに済むのかも知れない。

う〜む、肚を決めていくしかない。

posted by RYO at 23:10| Comment(11) | TrackBack(0) | 雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本人のサルの研究者たちは個体識別が
出来るようになるのを欧米の研究者が
驚いていた…、という話を昔読んだことが
あります。まだ赤ちゃんに近いのかも
しれませんね。(笑)

見たくない、見えにくくなっているものを
自覚してなお「知った上で」自分の
在り様を定めていく…というのは
現代では困難でも大切なことでしょうね。
Posted by 風 at 2013年04月11日 00:20
そういう話もありましたね。
河合雅雄さんのお話で読んだんだったかな?(うろ覚え)
日本人は対象に移入しやすいところがあるので、そういう例は多そうですね。

自分自身の「見たくなさ」に気づいていくということは、
とても難しいことだし、またしんどいことでもありますね。
でも私としてはそういうところにこそ切り込んでいきたいという思いがあります。
何故なら「本質」というものはそういうところにあるように思うからです。
でもそれは……修行そのものですね。
Posted by RYO at 2013年04月12日 00:40
はじめまして。
「整体的子育て」二冊をとても楽しく読ませていただいております。子どもたちと触れ合いながら、楽しいワークを実践中です♪

今回の「わかっている・・・」というのは、子供の時によく感じていたような気がしています。特に、大人の、言葉とは裏腹な部分には、敏感に反応したのを覚えています。そんな大人をみると嫌な気分になったり。
今大人になって、そんな「本音とたてまえ」の世界になれてしまった自分が嫌になることもしばしばですが。それも含めて経験と修行だと感じております。
あらためて、文章を読ませていただき、共感させていただいたので、コメントさせていただきました。
今後もブログ楽しみにしております!

Posted by kikimama at 2013年04月14日 08:27
こんにちは。コメントありがとうございます。
子どもってホントによく分かっていますよね。
自分の子ども時代を思い返してみても、ずいぶんいろんなことを感じて考えていた覚えがあります。
まあ忘れていってしまうんですけどね。
でもそうやって自分の子ども時代に感じていたことを改めて思い出してみるだけで、
自分自身の身振りがちょっと変わってくるような気がします。
Posted by RYO at 2013年04月14日 21:58
「便利さ」って本当に誘惑的に人をいざないますよね。
それはもう本能的なものなのかも知れませんけれども、
それだけに流されてしまうことのないよう、
人は自ら研鑽していかなければならないのだと思います。

とある部族の者たちは自分たちが水の大切さを忘れぬようにするために、
わざと集落を水辺から遠いところに作ったという話を聞いたことがありますが、
そのような社会的装置が、実際のところとても大切なのかも知れません。
Posted by RYO at 2013年05月01日 22:11
小さい人のおしゃべりは
楽しくときどきせつない

大人の中には
お金を基準に判定したりする人もいて
つい言い返したくなるけれど
どうせ分からないのだから無理なのかなと
明らめて黙ってしまうというより
言い返すコトバを知らないから

そのコトバを見つけようと本を読んでも
判定材料が増すだけで
騒々しさはいい勝負

その大人たちの意見に混乱し
けんかしようとしてしまう
つい逆らってしまう自分に
情けないなあと思われ

そんなオロオロしている私に
ヒントを分けてくださり
とりあえず一旦は受け止めるしかないのかなと
ツケを払うってそういうことなのかなと思われ
先生の慎み深い美しさに心惹かれます。

贈与、譲歩

私の親の世代、60代の方々を見ていて
私を育てて下さったご恩を
そのようなカタチで返して往けたらいいのかなと思うようになりつつ
Posted by yoshi at 2013年05月07日 21:25
対話って難しいですね。
人それぞれの価値観がありますからね。
それぞれの価値観は、それぞれの立場からは正しいことがほとんどです。
背負いすぎぬよう、引き受けすぎぬよう、溜め込めすぎぬよう、
どうぞ軽やかさは忘れずにいきましょう。
Posted by RYO at 2013年05月16日 14:48
はじめまして。

我が家の子どもたちの話をされたのかと思いました。
「世の中、分かっていても言ってはいけないことがある」
小学生に上がる頃には、多くの子供たちがそこへ足を一歩踏み入れています。
「わかっていても言わない世界」に、です。
うちの子たちは、それが理解できません。
余計な一言をいい、空気読めず、挙げ句の果てには発達障害と言われ・・・。

無意識が意識化される部分が増えれば増えるほど、人は豊かになると言われていますが
意識化されても「言わない」「言えない」のでは、いつまでたっても豊かにならないのでは?と感じたりもします。
気になることは、自分の中のコンプレックス、過去とのつながりがあり
意識の上でも「言えない」ことが減ることが豊かさへの道なのかもしれません。


今、精神分析を習っています。
体も精神も本当につながっているのだなぁと常々感じていましたが
山上先生のお言葉に、また一層強く感じました。

Posted by 日向恵 at 2013年05月17日 23:53
こんにちは。コメントありがとうございます。
世の中、言えないままに抱え込んで、元気を無くしている方は多いですね。
言いたいことが何でも言えれば、どれだけ楽か知れません。

でも言い方には作法というものがあるんですよね。
だから作法を身に付ければ、けっこういろんなことが言えるようになる。
「自分が言えないのは、まだうまい言い方を知らないから」だと思えば、
まだまだできることがある。

言いたいことを抑えて元気を無くしてしまう前に、
言い方の作法というものを身に付ければ、意外とまだまだやっていける。

私の理想は、その「言いざま」を隣で聞いている人が、
スカッとしたり快く感じられる、そんな言い方を身に付けることです。
ネチネチぐちぐち無神経は、粋じゃないですね。
Posted by RYO at 2013年05月18日 15:03
正しいことで追い詰めたり
心配だからと言いつつ心配かけないでとにおわせる
人たちも
かけがえのないかなしみを抱えているのかなと思われ

人は正しさにではなく優しさに癒され
美しさに心惹かれることは
自然なことなのだなと気付かされます。

いつか少しでもそのかなしみを察し感じとって共感できたらいいなあと思われ
単純に純粋によろこんで生きて往こうと思います。
Posted by yoshi at 2013年05月30日 03:17
イエスは路傍の犬の死体を見てそこに美しさを見たそうですが、
あらゆるものの一片に美しさを感じることができたなら、
見える景色はずいぶん違ってくるのでしょうね。
どうぞ美しさを見つめながら歩いていってください。
Posted by RYO at 2013年06月02日 20:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/354691968

この記事へのトラックバック