2013年02月12日

人間のワーク

年明けから、クレヨンハウスから出す3冊目の本の執筆に取りかかっている。

今度の本ではいろんなワークを紹介することにしたので、どんなワークを取り上げていこうかと頭を悩ませ、ふらふらと町を歩きながらもワークのことばかり考えている。


人間が生きていく上で、「どのようなワークを行なっていくのか」ということは、最高に大事なことである。

「ワーク」という言葉の意味は、狭義には「みんなで一緒になってゲームのようなことをする」という意味合いであるけれど、私が言わんとしている広義の意味では、「人間が行なうあらゆる活動であり運動であり仕事であり遊びであるところのワーク」というものである。

そんなことを言っても、なかなか意味が分かりづらいかも知れないけれども、それは私が2冊目の本の中にも書いた「世界を動詞で語ってみる」という言葉のさらに深めた意味なのだ。


もし世界を動詞で語ってみたとしたならば、その言語世界において私たち人間存在は、「ワークするメディア(媒介)」ということになるだろう。

ダンサーにとってその存在が「ダンスのメディア」であるように、私たちはみな「何かのワークのメディア(動詞のメディア)」なのである。

それは人によってそれぞれ異なるフォルムとダイナミクスを持って行なわれているが、それぞれにおいては固有のリズムとパターンが現われており、そこから外れることはあまり無い。

自身に固有のリズムとパターンを理解して、そこから自分にとってどのようなワークを行なっていくことが自分の能力を最大限に発揮していくことなのか、それを見極めていくことはより良い人生を送っていく上で大切なことになるだろう。

自身に固有の動詞のワーク表現(アート)をしっかり身に付け、それを全うしている者はじつに溌剌としているが、ときに自身に固有の動詞から外れたワーク表現を身に付けてしまって、その中でうまく自身の動詞を発散全うしきれずにゴタゴタしている人というのは意外と多い。


その「動詞の視点」というものは、人間関係を考えていくときにも大事な視点である。

たとえば夫婦関係がうまくいかなかったときに「離婚する」という決断があったとして、じゃあ相手を変えればうまくいくかと言ったら、そういうわけでもないということなのだ。

パートナーという「名詞」を変えたところで、相手とどのような関係をとりつないでいくのかという「動詞」の部分が変わらなければ、また同じような関係が繰り返されていくことになる。

関係において、名詞を変えるのは簡単だけれど、動詞を変えていくのは大変だ。

意志を保った時間をかけた訓練が必要になる。

だが、自分がどのような動詞を動いているのか、いかなるワークを繰り返しているのか、そんなところを見つめる視点を持ち、そして必要とあらばそれを変えていこうという意志を持たなければ、延々と繰り返される宿業のような連環から抜け出すことはなかなかできない。


関係において大事なのは、それぞれの名詞そのものなのではなく、そこに潜んでいる動詞なのだ。

二つのオブジェクトを並べて見つめたときに私たちにやってくる印象は、その二つのオブジェクトに潜んだ動詞と動詞が交わるダンスのワークから来ているものである。

そして私たちの人間関係もまた、二つの動詞の交わるワークだ。

もしもその関係において、いつも同じようなところで引っかかったりつまずいたりするのであれば、そこでどのような動詞が動いているのか、そんなことを考えてみることは自己理解の一助になるだろう。

そして、そこで今動いている動詞の理解ができたならば、その次に必要なことは「違う動詞のワーク」を動いていくことである。

いつだってやるべき事はシンプルだ。実践することは大変だけれど。


今回の本のワークのことをつらつらと考えながら、「そんなところまで触れられたら素晴らしいなぁ」とちらりと思ったりはするけれど、まあ私の力量では到底そんなところまではまだまだ触れられない。

それでも多くの人たち、とくに子どもたちには、ぜひいろんな動詞のワークを体験していって欲しいとつねづね願っているので、いま一生懸命考えているのである。

これがなかなか大変だ。

でもそれこそ私のライフワークの一つでもあるのです。

posted by RYO at 22:48| Comment(14) | TrackBack(0) | 雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
相変わらず深いですねえ。
とりあえずワタクシ、名詞たる会社がなくなってしまうことになり転職することになりました(^_^;)
グループ企業に誘われたものの会社からの“動詞”と私の“動詞”がどうもかみあわず…
まあ、新たな名詞に会うのは怖さもありますが楽しみです(^-^ゞ
Posted by rido at 2013年02月13日 09:06
ridoさん、こんにちは。ご無沙汰しております。
会社がなくなってしまうとはこれまた大変ですね。
これからいったいどんな動詞を「働き」としていくのでしょうか?
ぜひその動詞を通じて溌剌としていけるといいですね。
Posted by RYO at 2013年02月13日 18:22
はじめまして。いつも楽しく興味深く読ませていただいております。

幼稚園児二人の母です。子育てと、自分自身の人間関係の築き方について、二人目の子供が産まれる直前から、ものすごく考えてきました。

やっと近頃、頭で考えたことではなく体がこうしたい、と欲することをした方が、いい波に乗れる、時間が自然に流れる、まわりにいる人とゆったりした気持ちで過ごせるな、と言うことに気付きました。(まだまだ頭で考えた、〜ねばならないと言う考えに行動は支配されますが、、、)
そして、そうすることで、家族やまわりの人、自分が、笑顔になることが増えたように思うのです。

RYOさんの書かれていた、固有の動詞のワークのサイクルで動けているってことかな、、、と思いました。

なんだかちょっと嬉しくて、コメントを書いてみたくなったのです。。。

講座を受けに行きたいのですが、地方に住んでいるので、本を熟読しています。
新刊楽しみにしております。
がんばってくださいね!





Posted by mai at 2013年02月14日 23:57
こんにちは。コメントありがとうございます。
「いい波に乗れている感覚」というのは、自分の選択に対して一番確かな感覚かも知れませんね。
頑張りすぎたりつっぱりすぎたりしているわけでもなく、翻弄されているわけでもない、自力と他力のほどよい掛け合いにたおやかに動かされているような、そんな感覚。

考えてみれば「自分に固有の動詞」というのは、
一番何も考えずに動いているときに自ずから出てくる動詞ということですもんね。
「これが自分の動詞なんだ!」とあまり力みすぎないことが大切なのかも知れません。

どうぞその感覚を大事にしながら、周りの人たちとも素敵な動詞のワークを行なっていってくださいね。
3冊目、私も「波の感覚」を忘れぬようにしながらがんばります。
Posted by RYO at 2013年02月15日 01:03
こんにちは。以前大阪道場で講座を受講しました。
ワーク・・・むづかしいですよね。「だれか」と交わることで新しいものが生まれる、というのはやっていくうちにすごく分かってきたのですが(というか、とっかかりがそこなんだと気がつきかけたのですが)、今度はその動詞をどうしたらいいんだ〜と、悩んでいます。
そこが悩むところではないのだとうっすら確認はするのですが、まあ、動くところから動かしていこうかと、今書きながら思いました。
「できなくて当たり前」なことが、本当にまだまだたくさんあるのに、なんか勘違いしていることにも気づかなかったですし。
あれ?微妙にずれてきてますか?

また、子供と一緒に講座、受けてみたいです。大体何歳ぐらいまで伺ってよろしいのでしょうか?子育て講座は?
Posted by hotaru at 2013年02月16日 14:17
こんにちは。
「まず動くことだ」と野口先生はおっしゃっていますけれども、
たしかに動いてみなければ分からないこと、変わらないこといっぱいありますね。
ぜひぜひまずは動いて、そしてその動いたことで起こる風や波を感じて、
さらなる次の動きを展開していってみてください。

子育て講座の同伴はお子さんは何歳になっていても私は構いませんよ。
そのときそのときの年齢でそれぞれ感じることもあるでしょうからね。
ただ、今は大阪の方では定期的な講座を行なっていないんですよね。
京都でしたら時折行なっているのですが…
もしまた大阪方面で講座を行なう際には何らかの形でご案内を出しますから、
どうぞこのブログはちょこちょこチェックしていてください。
Posted by RYO at 2013年02月16日 15:15
お返事、ありがとうございます。
本日、ちょっと動いてきました。
やはりそこで「風」がおこりました。
次につなぐこともできそうになってまいりました。すこしずつ広げてみます。

子育て講座、楽しみにしていますね!京都でも足を伸ばせるならば、参らせていただきます。
Posted by hotaru at 2013年02月18日 16:40
お、さっそく動かれたんですね。素晴らしい。
どうぞ新しい風を入れながら颯爽とワークなさってくださいまし。

京都での講座の情報についてはメールの方に送っておきますね。
ご都合付けばぜひまたご参加ください。
Posted by RYO at 2013年02月18日 23:01
先月講座を受けまして、これは共に子育てを生きているママたちにもぜひ体験してもらいたい!と思っている2児の母です。

名詞の世界は、経験を重ねてきた大人の世界の、物事を一般化して共通理解、と思い込んでいるズレの起きやすい世界なのかなと思います。また、思考もそこで止まるような感覚もあります。
だからとても便利で、パッパッと切り替わり次にどんどん進んで行く手段でもあるかもしれません。

そこを動詞で語ろうとすると、それはその動詞を交わし合った者どうしの、かけがえのない時間が生まれるような気がします。

例えば、子どもの話は遅々として進まず何の内容を伝えたかったのか捉えきれない時があります。
でも、そこで子どもの、動詞で語る世界に浸ると、心の動きを受け止められます。
そんな時は、心が伝わって共感してもらえれば子どもは満足で、その時二人の間に一つの共通の「名詞」が出来上がるのがもしれません。


私はこれから子育てサークルをつくっていろんな方の「ワーク」に出会わせてもらいたいと思っています^ - ^
それが今の私の「ワーク」だわ!と思いました^ ^
Posted by ゆみ at 2013年02月18日 23:02
美しく光り輝く石たちが、長年の鉱物の蓄積してきた結晶であるように、
私たちの人間関係もまた長年の動詞の結晶であるのでしょう。
そんな動詞の結晶として、二人の関係の「名詞」がある。

できればその結晶が世界にまたとない個性溢れる色を放ちながら、
美しく光り輝いていて欲しいものです。

ぜひぜひいろんな人たちとワークして、
美しい動詞の結晶を作り上げていってくださいな。
私も応援いたします!
Posted by RYO at 2013年02月18日 23:37
亮さんこんばんは!
遅ればせながらいろいろとおめでとうございました♪

親の動詞は子にも連なることを感じる日々です。

以前、受講させていただいたものです。
先日は、ご著書のおかげで水ぼうそうの経過も喩気を試み、軽快でした。

昨春は城南エリアに引っ越しました。引っ越したら渋谷の道場に通うのを楽しみにしていたのですが、ますますご活躍の場を広げられて、いったいどこの講座に伺ったらいいのでしょう〜!
息子がまだ小さいころ通っていた早稲田のf3(今はなきフォーラムスリー)に連れて行った知人が、偶然渋谷の方に通い始めたのを聞いて私も伺いたかったのですが…。

貴重なサイン本は息子の幼稚園関係のお友達に貸して回っています。たぶん、自分で買うわという人もいました!(^^)!

また、昨夏自分が交通事故でむちうちになり、体調も回復してきましたので、自分できちんとケアできるようになりたい!と切に思うようになりました。
それで、こども整体の講座には実際に喩気してあげたい息子を連れての方がいいでしょうか。
息子も幼稚園入園以降、体調を崩しがちで、遠出ができなかったのですが、大丈夫そうになってきました。
息子はファンタジーに浸るタイプに育っています。きっと亮さんのことを覚えていると思います♪
Posted by なおこ at 2013年02月23日 22:14
こんにちは。
以前、講座にご参加いただいたとのことでありがとうございました。
私の本も大事に読み回していただいているようでありがたい限りです。

今は私もフリーで活動し始め(まあ前からそんなもんでしたけど)、
区内にお住みでしたら、新宿の朝日カルチャーの講座か、
あるいは私が個人的に主催している講座が良いかと思います。

詳細はアドレスの方に送っておきますので、ご覧になってみてください。
そしてご都合よろしければぜひぜひまたご参加いただければと思います。
Posted by RYO at 2013年02月25日 13:52
こんにちは。時々記事読ませてもらってます。
「どんな動詞か」…う〜ん。考えたことがなかったです。夫婦間、なんかずれてると思いながらはや10年、それなりには機能してます(笑)が、もっと仲良くというか何とかなるんじゃないのと思い続けてるので、見直すことができる助けになるかな?
でも動詞が思いつかない。。。
う〜ん、これから色々考えてみたいです。

大阪に講座あるならぜひ!と思ったら、京都で予定があるとのこと。何とかいけるかも!とちょっと考えております。
よかったら詳細教えていただけたら嬉しいです。
Posted by しんれん at 2013年03月03日 17:22
しんれんさん、こんにちは。
動詞の探索は面白いですから、ぜひぜひやってみてくださいな。
関係が新しい視点で見つめられること間違い無しです。

京都での講座についてはメールアドレスの方に送っておきますね。
よろしかったらぜひぜひご参加を。
Posted by RYO at 2013年03月03日 21:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/322043829

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。