2012年10月17日

ゲーテの師弟の対話

今月末に、横浜の氣道協会で「整体とシュタイナーの人育て」と題した講演&対談を行なう。(チラシはこちらから)

対談のお相手は、今年の3月に清澄庭園で行なった整体シンポジウムのときの対談相手である長谷川淨潤先生である。

淨潤先生ご自身は特別シュタイナーの研究をされているわけでもないけれど、何のご縁か小さい頃に、シュタイナー研究の第一人者でもある高橋巌先生のお弟子さんに家庭教師についてもらっていたそうである。

その心温まる「師弟関係」については、二人の間でやりとりされた往復書簡を掲載していくという形で、氣道協会の会報誌のほうに連載されているけれども、「ああ、青春期にこういう師弟関係を持つことができたら幸せであるな」とつくづく思わされるような関係である。


家庭教師というと、現代のイメージは「学校の教科を教え、授業の補完をし、テストの点数を上げるパーソナルティーチャー」という感じだけれども、淨潤先生とその家庭教師の先生との関係は、そういうものとはまったく違う。

その家庭教師の在り方はむしろ、「物事の考える方法を教え、人生を楽しむことを伝え、一人の人間として豊かな生き方ができるように導くメンター」という感じである。

だから二人は手紙をやりとりしたり、一緒に旅行に行ったり、山登りをしたりもする。

それはつまり「一人の人間として丸ごと関わる」ことが家庭教師であるということなのだろう。

ちなみにシュタイナーも若い頃、水頭症の子どもの家庭教師を引き受けたときに、同じように一人の人間として丸ごと関わったことがあるけれども、シュタイナー曰く、その経験はその後発展していくこととなる「シュタイナー教育」のインスピレーションの大本となったそうである。


十代前半の一人の少年(淨潤先生)に対して、そのように親以外の大人が一人の人間として丸ごと関わり、ときに音楽について、ときに哲学について、ときに映画について、ときに人生について、お互いに思うところを語り合ったり手紙を出し合ったりして対話する関係は、不思議な温もりとすがすがしさを感じさせる。

昔はそのような「人としてどのように生きてゆくのか」という人生の生き方全般についての学びこそが「教育」の根幹であったように思うが、現在、教育問題についての論議の中にそのような主題が表立って語られることはほぼ皆無と言って良い。

いったいいつからそんなことになってしまったのだろうか…。


今回の講演&対談に向けて、「何かあらかじめ読んでおくべき本などありますか?」とスタッフの方から訊ねられたので、「何でも良いのでシュタイナーの本で何か気に入るものを一冊」と軽く答えておいたら、淨潤先生の方からは「野口先生の『偶感集』と、エッカーマンの『ゲーテとの対話』」というお返事があったそうである。

「野口整体」と「シュタイナー教育」の教育論についての講演会において、あらかじめ読んでおくべき本として『ゲーテとの対話』をあげられた淨潤先生に、同じ質問に軽く答えた自分は一瞬たじろいだけれども、そのチョイスに今回の対談において淨潤先生が言わんとしていることをすでに感じたような気がした。


『ゲーテとの対話』には、作者であるエッカーマンと彼が敬愛してやまないゲーテとのやりとりがふんだんに散りばめられている。

若き文学者であるエッカーマンが文豪ゲーテの下を訪れ、詩について、文学について、さまざまな教えを受ける。

それは言ってみれば「師弟の物語」そのものである。

一人の弟子が師匠から賜った珠玉の言葉の数々をさまざまなエピソードとともに紹介し、そしてそのやりとりが読む人にとってもまた祝福となるよう、祈りを込めながら物語ってゆくというそのカタチは、すでに「人がいったいどのようにして成長するのか」ということに対する一つの答えであるかもしれない。

私は「人はみな幾つになっても師匠を持つべきである」という信念の持ち主であるのだが、それはそのことがどれだけ人生を豊かなものにしてくれるか、計り知れないものがあるからである。

けれどもそれは実際に師匠を持った者でなければ分からないことなので(持っただけでも分からないけど)、「なんで?」と言われても私はその質問に答えうる回答を持たない。


淨潤先生もそんな私を知ってか知らずか、二人の対談の前に読むべき本として『ゲーテとの対話』を持ってくるのだから面白い。

何しろゲーテ自身がまた、その本の中で言っていることなのだ。

「独学は良いことではない。先人に学ばなくてはいけない」と。

むむむ…、これはやはりその真意を改めてご本人に問いただしてみなければなるまい。


じつは私も今回の講演において、「野口整体」と「シュタイナー教育」の人間観を約分するための分母に、「ゲーテ」というキーワードをまったく別の観点から持ってこようと思っていたのであるが、そういうところにきて向こうからきたのが『ゲーテとの対話』であるのだから、これがまたまた面白い。

いろんな糸が交差する妙縁の結び目。

さてさて、いったいどんな対談になるのか今から楽しみである。

posted by RYO at 10:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Blogの更新、ありがとうございます。

同門で学んでいた仲間のうち、最も成長したのは、携帯電話まで師匠と同じ機種に変えるような人なんです。

「私淑する」って、そういうことなのかもしれないですね。

なぜ同じ人物に師事していながら、その友人は、より多くのことを学び取れるのか、このあたりにヒントがありそうだぞ、なんてことを、今回の記事を読んで考えました。

Posted by よしのぼり at 2012年10月20日 21:14
「師匠について学ぶ」という教育的営みは、
現在の教育論の中ではまったく取り上げられていないことでしょうね。
ですが現代の学校教育の中ではなかなか取り入れづらいその古典的な教育システムを
もう一度見直していく必要は本当にあると思います。

そこで起こる「育つ」という現象はいったい何なんでしょうかね。
携帯電話まで師匠と同じ機種に変えるようなことが、何かになっているんですよね。
「育つ」ということの人間まるごと全体性を、もっと考えなければなりませんね。
Posted by RYO at 2012年10月21日 21:24
こんにちは!
最近ブロブにたどり着きました。
著書のほうはよく読ませていただいております。
例えば、講演会などをお願いする場合、どういった方法でコンタクトを取らせていただいたらいいでしょうか?
Posted by わかつき at 2012年11月05日 11:11
わかつきさん

こんにちは。
本を読んでくださってるとのことでありがとうございます。
講演会のご依頼とのことですが、アドレスを入力していただいているみたいですので、そちらのほうに返信させていただきますね。
メールをご確認ください。
Posted by RYO at 2012年11月05日 12:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/297778493

この記事へのトラックバック