2012年07月19日

出産前後の機

出産のドタバタがあって、ブログの更新がずいぶん遅れてしまった。

まあ身近な方にはすでにお知らせいたしましたが、おかげさまで妻は無事出産いたしまして、現在母子ともに健康に過ごしております。

出産は、野口整体式のいわゆる「整体出産」というものを行なったのだけれど、産後の起き上がりも順調にクリアし、今は自宅で暗がり生活をしているところであります。


整体出産というのも、自ら当事者としてかかわってみて改めて思ったけれども、現代人の生活様式の中では、その実践がなかなか難しい点がいくつかある。

その中でも一番は、産婦の寝たきり生活中のいわば「介護人」を誰かが務めなければならないのだけれど、これがよほど整体に理解がある人でなければ務まらないということである。

整体そのものの知識に詳しい必要は必ずしも無いかもしれないが、やはり産婦の要求にある程度応えられるだけの理解がなくては務まらない。

私自身はいろんなことを鑑みた上で、これはやはりパートナーが行なうことの意味というものを強く思ったし、何より私自身が「ぜひ」やりたいという思いがあったので(好奇心旺盛なので実はそちらが強い)、予定日を挟んだ三週間あまりの仕事をがっつりお休みさせていただいて、出産前後の生活にこれでもかというくらい関わったのだけれども、これもいわば自由業の強みであって、会社勤めであったらなかなか難しいかと思う。

公務員であれば、産休育休についてはかなりきっちり対応してくれるだろうが、このご時世、そんなに誠実に対応してくれる会社ばかりではないだろう。


けれども、そこのところをきちんと押さえておくということは、その後の育児あるいは夫婦生活においても非常に重要なポイントであると、私は今回改めて確信した。

別にそれは何も「整体出産」に限ったことではない。

もし、人生において「決して外してはいけないポイント」というものがあるとするならば、真っ先にその候補に挙がるのが「出産前後の生活」であるだろう。

そこに気を込め、徹底した集注で過ごすということ。(もちろんその対象は「母子」である)

それはその後のあらゆることに関わってくるから、とにかくホントにホントにホントに大切にしてほしい。

介護人にならなくとも、会社を休めなくとも、不器用でもいいから、とにかく集注してほしいのだ。

それほど重要な機は、この機を逃して他にはない。

この機の刺激は、その関係において一生残ると思って集注することが大事である。


このことはまあ当然のことながら主にパートナーである男性に対するメッセージであるわけだけれど、それだけでなく、母子に関わるあらゆる人たちに対するメッセージでもある。

私もいろんなママさんのお話を聞くけれども、出産前後のパートナーの挙動や、心ない言葉を投げかける親族や、脅すばかりの医療者の存在が、その後の「子育て生活」にどれだけ影響を及ぼしているかは計り知れないものがある。

それらはどれも到底「母子に対する集注」の欠片も感じられない挙動ばかりで(まあだいたい自分の都合ばかりを見つめているわけだけれど)、そういうものは「出産前後の生活」には、一切不要なものなのであります。

というより毒なのでむしろ避けた方が良いのであります。


必要なのは「母子に対する集注」。

それは一言で言えば「愛」であるけれども、具体的に言えばつまり「母子の要求を丁寧に聴こうとする態度」なのであり、そして「その要求に応えようとする行動」なのである。

…というわけで、私はまたしばらくシコシコと、母子に集注しながら暗がり生活に引きこもるのであります。ゴソゴソ。

posted by RYO at 11:44| Comment(23) | TrackBack(0) | 雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
山上先生、第一子お誕生おめでとうございます。キャラクター(万歳) 大事な時を赤ちゃんと奥様と心ゆくまで堪能なさってください。
Posted by 風 at 2012年07月20日 00:39
風さん
お祝いのお言葉、ありがとうございます。
この人生の大切なひとときをしっかり集注して過ごしたいと思います。
Posted by RYO at 2012年07月20日 10:43
RYOさんのブログの一読者ですけど、おめでとうございます。はじめて集注という言葉にふれましたが、集中より集注の語の発想のほうが好きだ!って思いました。

重ねて、お祝い申し上げます。

Posted by mitsu at 2012年07月20日 11:16
mitsuさん
お祝いのお言葉、ありがとうございます。
集注という言葉は私も整体で知った表現ですが、何かまた指向性のようなものを感じさせますよね。
たしかに「誰かに気をかける」という意味では、集注という表現の方がしっくりくるような気がします。
Posted by RYO at 2012年07月21日 00:30
先生お久しぶりです!
ご結婚、奥様のご出産、おめでとうございます!!

奥様も赤ちゃんも先生も幸せそうで何よりですよ〜!


Posted by 山貝かおり at 2012年07月21日 09:51
山貝さん
ご無沙汰しております。ご家族皆さんお元気ですか?
おかげさまで無事に出産を終え、新しい家族生活が始まっております。
またいつかお会いできると嬉しいですね。
そのときは家族ぐるみで遊びましょう。
Posted by RYO at 2012年07月21日 10:59
お久しぶりです
奥様のご出産!おめでとうございますー。
本当に大切な時期を共に過ごされているのですね。
赤ちゃんのかわいさにデレデレなのでは^^

今は藤野からバリ島にうつり、整体出産した息子も1歳8ヶ月。本当にやってよかったなーと今でも夫婦でよく話しをします。
そして今、もうひとりお腹に。
異国での出産、どうなることやら
ワクワクですw
Posted by 荒井一実 at 2012年07月21日 22:03
荒井さん
こんにちは。お祝いのお言葉ありがとうございます。
バリでの子育て生活はいかがですか?
新しい命がお腹に宿っているとのことで、それもまたおめでとうございます。
異国での出産というのも、なかなか無い体験ですね。
どうぞぜひぜひ良いお産をお迎えください。
Posted by RYO at 2012年07月22日 15:03
おめでとうございます。

宮崎駿さんの
崖の上のポニョというDVDを見ました。

思いきり愛されたくて駆けていく
ポニョの素直で自由な生命力の
たくましさに感動します。

そうすけとその家族の優しさと絆に
癒されます。

ポニョが魔法を手放して人間になった瞬間

ちょっと自分の気持ちに素直になれたら

言葉というはからいから離れられなくて
現実と向き合えなくて
混乱と苦悩を
ちょっと手放せるのにね。

ちょっと便利さを手放したら
ちょっと自由になれるににね。

と勇気と希望を分けてもらいます。


先生のご家族はそうすけのようなご家族なのかなと想像してます。

そして、
毒を浴びたときは、毒を解毒する薬と毒出しの方法を捜し求めていたのかもしれないと
ハッと気付かされました。

温かい幸せと慶びと
大切な気付きを分けてくださいまして有り難く思っています。
Posted by yoshi at 2012年07月23日 04:13
ポニョもいいですね。
私はポニョを観ていると「子どものファンタジーを支える大人たち」
というものを感じてなりません。
あまりそういう見方をする人はいないかもしれませんが…。

町を飲み込むほどの津波を引き起こすようなエネルギッシュなポニョを
ふわりと暖かく受け入れてあげられるそうすけ親子は、
ホントに人を愛しているのだと思います。
何というか、屈託がなくて、そしてやるべきことを当たり前だと思っている感じ。

私もぜひそうすけ親子のような家族を目指したいと思います。
Posted by RYO at 2012年07月23日 11:12
「子どものファンタジーを支える大人たち」
そういう大人は聡明な大人とはちょっと違うように思えます。
恐らく正しいことを言っているのかもしれませんが
正しいことほど、伝わるどころか、それこそ、先生がおっしゃるように、毒なのかもしれません。

そういう大人は愚痴をこぼすとき、かわいらしくこぼします。
愚痴というより、素性であり、本性であり、本音なのかもしれません。
素直な気持ちを相手に不快感なく表現されます。
私と同じ人間なんだなと人間の温かみを感じます。励まされ、癒されます。
相手の素直な表現(恐らく本音なのでしょう)をハッと受け止めてくださいます。

だからもう、聡明なふりをするのはやめようと思いました。
本性をずっと隠して、それは自分自身にも、生きてきたのでしょう。
素直な気持ちを、八つ当たりではない、表現ができるようになりたいです。

先生の表現は、まさにそんな優しさと情熱が込められていて、心、動かされます。
Posted by yoshi at 2012年07月25日 01:02
私も「素直である」ということがいかに美徳であるのか、
ここ最近になって痛いほど痛感しております。

ほとんど多くの閊えが「素直に表現できない」ことによるものなのだと分かって以来、嫌なことを嫌だと言える「素直な子ども」を見るたびに、「ああ、この素直さを歪めてしまってはいけない」とひしひしと思うようになっています。

ただやはりそのためにも、おっしゃるように「表現の方法」を身に付けさせてあげる必要はあるのでしょう。
おそらくそれは「刀の鞘」のようなものなのかもしれません。
負の感情の表現は、ときにその切っ先を誰かに向けすぎて傷つけてしまうことがありますから、それを自ら納める鞘を持つこと。
それはハサミを誰かに渡すとき、その切っ先を必ず自分に向けて渡すような、そんな心遣いにも似ているかもしれません。

「危ないものを人に渡すときは、必ずこうやって渡すんだよ」という振る舞いの作法を、子どもたちにはぜひ伝えていきたいものですね。
それがきっと「表現の方法」につながっていくのだと思います。
Posted by RYO at 2012年07月25日 11:27
RYOさん、なんとも遅まきながらですが(スミマセン)
ご結婚&お子さんのご誕生おめでとうございます!
RYOさんとご家族のみなさまに幸多かれと祈っております。

>人生において「決して外してはいけないポイント」というものがあるとするならば、真っ先にその候補に挙がるのが「出産前後の生活」であるだろう。

ここ、すごく印象的です。
うーん、こんなふうに(ここまでは)考えたことありませんでした……そうなのか……


そして、「集注」ということば、
私も初めて聞きました(見ました)。

「母子の要求を丁寧に聴こうとする態度」
「その要求に応えようとする行動」
うーん、これは、まさしく「愛」だし、「尊重」でもありますね。(まあ両者はともに在るものなので、あたりまえか)

「……しようとする」がポイントなのかも。
ともかくは、そのようにすべく、試みるということ。
このときは自分は二の次ですね。必然的に。
Posted by うきき at 2012年08月03日 23:25
うききさん
こんにちは。ご無沙汰しております。
お祝いのお言葉をありがとうございます。

出産前後というのはホントに大切な時期ですね。
特に女性にとっては心身ともに一番変化するタイミングですから、
そこに徹底的に気をかけるというのはパートナーとしては最も大切なことかと。

あるご年配の女性にも言われました。

「女性はね、「ここ」というポイントを決して逃さずにきちんと気をかけていれば、あとは何とかやっていけるのよ。「つねに」じゃないの。「そこ」だけでいいのよ。」

未熟な若輩者の私には、まことにありがたいアドバイスでありました。
あとはその「機」を捉えて逃さないということですが、これはもう実践あるのみです。
精進して参ります。
Posted by RYO at 2012年08月04日 21:26
RYO先生

お久しぶりです。仕合わせいっぱいのご様子
他人様ごとながら嬉しいです。

RYO先生ならではの、素敵な日々をかさねて下さいね。

震災以降、飛び出て走ってきましたが
今はちょっぴりホームシックです(笑)

そのうち、ひょっこり顔出すかもしれません。

ヤマネコ拝
Posted by どんぐりとどんぐら at 2012年08月24日 23:40
こんにちは。ご無沙汰してます。
相変わらず大忙しなんでしょうね。
そろそろ軸足を少しずつ東京の方に戻していけたらと思いますけど、
まだまだ現地での仕事が山積みですかね。
もしだったら今度お子さん連れで我が家にも遊びに来てくださいな。
自家製パンを焼いてお待ちしておりますよ。
Posted by RYO at 2012年08月25日 10:33
RYO先生

大変お忙しいでしょうに、
お心遣いをありがとうございます!
今日も国分寺で講座ですよね。
どうぞ皆様によろしくお伝え下さい。

『素直な表現』ですか…
それは相変わらず身についていませぬ。
自分の素直な感情までも見失うことがあります。
なかなか変わらないのも相変わらずですが
そんな愚かな自分を受け止めることが
少しは出来るようには、なってきたかも
しれません。もしかしたら、ちょっぴりは。

自家製パン。
発酵バンザイですね。
ご家族で素敵に醸して下さいませ。
Posted by どんぐりとどんぐら at 2012年08月25日 11:12
昨日ははるばるお疲れさまでした。
「素直な表現」というのは、大人にとって一番難しい課題であるかもしれませんが、
それでも「何かにくるんで差し出す表現」は工夫次第で何とかできるはず。
それは純粋に「表現の作法」の問題ですからね。
どうぞひねくれてこじらせてしまう前に「じゃあ何にくるんで差し出してやろうか」と
ずずっと一歩前のめりにして悩んでみてくださいな。
Posted by RYO at 2012年08月26日 15:38
マザリングフェスタで講座のことをお尋ねした者です。お忙しい中、突然お尋ねしたにもかかわらず、嫌な顔ひとつせずに丁寧に対応して頂き、ありがとうございました。

友人と受講させて頂きたいと思っております。ご連絡お待ちしております。
Posted by cafe slow 20120825 at 2012年08月26日 23:30
こんにちは。
さっそくのコメントありがとうございます。
それではメールアドレスの方にも送らせていただきますね。
Posted by RYO at 2012年08月27日 14:02
はじめまして。『整体的子育て2』と、野口晴哉先生の著書、二宮進先生の著書を読んでいます。
産後2日目の友人(経産婦)に、なるべく横になって休むこと、骨盤が戻っていることを伝えました。
いわゆる骨盤ベルト、サポーターを産後につけることについて、山上先生の意見を教えてください。
Posted by 雪 at 2012年11月20日 10:49
雪さん、はじめまして。
著書を読んでくださっているとのことでありがとうございます。

ご質問の産後の骨盤ベルトについてですが、
整体的にいえば「必要なし」ということになるでしょうけれども、
それは整体法の実践と合わせて「必要なし」ということですので、
その方がどういうことを実践されているかによって何とも言えません。

私個人としては「場合によって使うこともアリ」だと思っております。
産後にどうしても腰の辺りが安定しないというのであれば、使うことも良いでしょう。
ただ時折、ベルトを強く締めすぎて骨盤が硬く締まりすぎてしまう方がいるので、
それは気をつけておいた方が良いかと思います。
Posted by RYO at 2012年11月20日 15:16
丁寧な説明、ありがとうございます!
友人に伝えます。
Posted by 雪 at 2012年11月20日 17:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/281874005

この記事へのトラックバック