2012年05月26日

毎日新聞の記事と「ふれること」

5月21日の毎日新聞に、私の講座を大きく記事で取り上げていただいた。

「桜美林大学の山口創さんと一緒に取り上げます」と記者の方に言われていたので、「おお、それは光栄。一緒に並ぶのかな」と思っていたら、私ばかりがデカデカと取り上げられて(しかもカラー写真)、山口先生はコメントのみで私の活動の学術的後方支援をしていただくという構成だった。

そんな構成とは思ってもいなかったので、記事を見て恐れ多くてビックリしていたら、太陽まで月の影に隠れてしまったのでありました(笑)。(みなさんご覧になりました?)

東京の天の岩戸開きの記念日に、新聞に取り上げていただきました。妙縁妙縁。


山口創さんといえば、身体心理学の観点から皮膚を研究されている研究者として有名だけれど、私のように整体をやっている者からすれば、学術的立場から自分のやっていることを解説していただけるので、とてもありがたい存在である。

最近も『手の治癒力』(山口創、草思社、2012)という新刊を出されて、まさに私たち手技系の活動者たちのやっていることの意味と重要性を熱く語ってくださっているので、ぜひぜひばんばんご活躍いただきたいと願う研究者のお一人である。

思えば、山口創さんを知ったのはずいぶん前、NHKブックスの『愛撫・人の心に触れる力』(NHKブックス、山口創、2003)という本だったけれど、あれもとても良い本でありました。

それ以来、著書はつねにチェックし続けているけれど、さすが触覚や皮膚の研究をされているだけあって、書かれている言葉の言い回しもその差し出し方も、どれもとてもキメ細かくて手触りが良く、私はとても好きである。


皮膚というのは、実はその働きがまだまだ良く分かっていないところがいっぱいある。

あまりにいろんな働きを担っているので、研究対象としてはなかなか厄介なのである。

いろんな働きを担っているということは、その働き自体が非常に複合的で相互作用的であるということであり、そうなるとその作用における関係因子が膨大になってしまうので、科学的実験的手順の机上に載せづらいのだ。

実験というのは、そこに関係する要因(温度とか、湿度とか、観測機器とか)をできるかぎり不変の状態に固定して、影響を知りたい要因のみをピンポイントで少しずつ変動させながら、変化の度合いを観察していくという手法を取るゆえ、いろんな因子と密接にリンクしてしまっている素材に関しては、その分析手順が非常に煩雑なものにならざるをえないのである。

皮膚の活動は、温度によっても、湿度によっても、気分によっても、食べ物によっても、内臓の調子によっても、服装によっても、人間関係によっても、ずいぶん変化するということだけは経験的に分かっているわけで、そんな部位がいったいどのような因果関係に基づいて一つの化学的プロセスを起こすのか分析しようなんて、空想するだけでややこしそうなことになるということは分かり切ったことである。

それでもなおそんなところを研究しようというのだから、山口先生はエライ。

きっと単なる研究意欲だけではない、熱い使命感をお持ちであるに違いない。


まあそんなわけで皮膚の研究はこれからが面白いところだと思うのであるが、おそらくは人間の深層心理やあるいは脳の活動などと連携しながら研究が進んでいくことだろう。

そしてそれと歩調を合わせるように、教育分野での応用がもう一度見直されていくはずだ。

嘘かホントか知らないが、セクハラやパワハラなどの観点から、体育指導の際に教師が子どものからだにできる限り触れないように指導しているところがあると聞いた。

けれども、「ふれる」こと抜きにしてからだを育てようなんて、なにか根本的なところでボタンを掛け違ってしまっているような気がしてならない。

「ふれる」という行為は、たしかに良くも悪くもキワドイことである。

だが、キワドイからと言って、安易に禁止してしまってはならないのではなかろうか。

人は「ふれる」だけで、他人を奮い立たせることもできれば、最大の屈辱感を味合わせることもできる。

その差はホントに紙一重のキワドサである。

でもたとえば、「子どもを抱きしめること」ははたしてセクハラだろうか?

あんまり親しくない先生にいきなり抱きしめられて、何とも言いようのない困惑に立ち尽くして固まる子どもの気持ちは、世間で言われる「セクハラ」の一言で片付けられることだろうか?

そこにはもっともっとキメ細かい感情の襞が、さざなみだっているのではなかろうか。

気恥ずかしさと、嫌悪感と、嬉しさと、困惑と、同情と、愛情と、苛立ちと、いろんなものが渾然一体となって動いているその時の気持ちは、決して他人がそれを名付けることなどできない、生々しい人間感情であるだろう。


何度も言うが、それはホントにキワドイことだ。

子ども心に「片付かない気持ち」が残るかもしれない。

けれども、個人の心や気持ちの「片付かなさ」を、法やシステムで「片付けよう」とし過ぎることは、決して良い方向であるとは思わない。

たとえば「それはセクハラだ」と近くの大人が言えば、子どもはその片付かない気持ちに「そうか。これはセクハラだったのか」と得心するだろう。

そうして、のちのち何かとても大切な心情に気づくかもしれなかった原体験が、安易な言語に摩り替わってしまって、そしてもう二度と顧みられなくなるかもしれない。

「教師の不祥事」という記憶とともに。

けれどもそれは何だか、とても とても とても 寂しい。…私は。

こんなブンガクな気持ちが分かってもらえるか分からないけれど、すごく人間が寂しくなる。


ホントに何度も言うが、「ふれる」ということはとってもキワドイことである。

上に挙げた例だって、ホントにキワドイ。

安易に「良い」とか「悪い」とか、そんな判断も下せないほどにキワドク、むずかしいことである。

でも、だからこそ、もうちょっと考えてみようよ、と思うのだ。

キワドイということは、それだけ大事な核心にふれているということなのだ。

何かに「ふれている」とき、私たちはその感覚をとうてい言語化しきれることなどできない。

「ふれる」ということは、本来からして、言い表しようのないもの、片付かないものと向き合っているということなのだ。

そのような体験を幼少時からいっぱい経験していくことが、子どもの中にどんなものを育んでいくことになるのか、少し考えてみるだけで想像できるはず。

さまざまな手触りのものをふれてきた経験を持つ子どもは、きっといろんなものに「ふれよう」と伸ばす手が、より緻密に感じ分けようとやさしいタッチになるはずだ。

人生を生きていくということは、いろんな人の気持ちに「ふれてゆく」ということだ。

できれば、そこに手触りや体温を感じさせる、そんな教育と社会を作り上げていきたいものである。

posted by RYO at 10:56| Comment(19) | TrackBack(0) | 雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 
まだ息子が小さい時に、お名前は覚えていませんが皮膚科医の方が載っていた冊子で、『くすぐられる』という行為が嫌いな子はスキンシップが不足しているという記事を読んだことがあります。
息子は赤ちゃんの時から『くすぐられる』ことが趣味なので安心したことを、今回の新聞を見て思い出しました。
我が家にはご近所の子どもたちが遊びに来るのですが、触られ慣れている子、そうでない子、素人の私でもなんとなく感じます。
私が気を揉んでもしょうがないことですが、気になって気になって仕方がありません。
なので我が家は保育所の様になってしまいます。
感じて自然にふれることのできるママやパパが
増えるといいですね。
私も息子との言い争いに注意ですが・・・・・
Posted by かんだ at 2012年05月30日 23:03
こんにちは。先日のパーティーではいろいろとありがとうございました。
おかげさまで思い出に残るパーティーとなりました。

私も日々、大勢の子どもと接してふれ合っているので、
「ふれる」ということの大切さと難しさを感じております。
でも、とにかく「ふれる」ということがコミュニケーションの原点であり原型であるということは、ふれればふれるほどますますそう感じてなりませんね。

人とうまくコミュニケーションが取れないということが大きな悩みとなりがちな現代人にとっては、子どもの頃からいっぱいふれてあげるということは、ホントに大事なことだと思います。
Posted by RYO at 2012年05月31日 15:54
こちらこそありがとうございました。
とても『あたたかな会』でした。
お似合いでしたよ。1回で終わらせるのは
惜しいので、もう1回ぐらいやりましょう。
またお手伝いしますよ。



現代では「ふれる」ということは意識しないと
できないのかもしれません。
コミュニケ―ションが取れないことが珍しい
ことでもなくなっていて、堂々と言える時代。
かなしいですね。
息子にはそんな思いはさせたくありません。
大切だけど難しい・・・・たしかにそうですね。
8年もお母さんやってるのにな〜。
まだまだですね〜。
「尊敬できるのは母」です。なんて言われたいですね。
私は実母と言えますが。
今日も精進いたします。

Posted by かんだ at 2012年06月01日 10:33
まあ今は他人とコミュニケーションを取らなくても
一人で生きていける世の中になりましたからね。
それが良いのか悪いのか微妙なところですが、文明の進歩であることは確かです。

でもやっぱり私としてはできることならば、
子どもにはどんな人間(あるいは生物無生物を問わず)ともコミュニケートできる
コミュニケーション回路の開かれた人に育って欲しいと思います。
Posted by RYO at 2012年06月01日 22:55
文明の進歩、そうですね。
便利になる程何か忘れていってしまうというか、人間らしさ?生物らしさ?かな?うまく言えませんが、なくなってしまいますよね。
なので私は便利な物が好きではありません。
そういうものには頼らずにできることはやってみることにしています。
そういうところを見せていたら、息子の糧になるといいな〜と思っています。
親の背中を見て育つといいますから気を付けないといけませんね。
「コミュニケーション回路の開かれた人」
なってくれるといいですね。
責任重大です。私も息子と言い争っている場合
ではないですね。精進、精進。
 
Posted by かんだ at 2012年06月02日 15:14
「便利さの代償」というのは人間が常に考えておかなければいけないテーマですね。
それを常に思い出させてくれる思想的、文化的装置というものは、
世界中どこの国でも必ずあったはずなのですが…
でもいずれにしても、まずは自分個人から。
私も精進して参ります。
Posted by RYO at 2012年06月03日 15:05
こんにちは。

 以前、思考は英語なら英語の、日本語なら日本語の影響を受けると他のエントリーおっしゃっていました。
その影響とは、日本語はゆるやかな口語性を起点にした連なりになり、英語はソリッドな文語性を起点にした連なりになることなのかなと私は思いました。


 私はまだうまく言えませんが、ryoさんは英語と日本語の決定的な発想の違いは何だと思われますか。

 最近は、日本語の作法と英語の作法の間をとりもつ作法について考えたりもするのですが、そのたびに頭がくるくるしてきます。(「くるくる」も日本語の影響なのでしょうが(笑))


Posted by mitsu at 2012年07月04日 10:54
言語構造による思考形式の束縛というのは、おそらく私たちが思っている以上に大きいと思います。
それは「ある概念を示す単語が無い」というだけでなく、その言語全体が「何を志向しているか」「何を背景にしているか」「何を規矩としているか」というような、それこそ私たち話者自身がまったく意識していない、言語構造の無意識部から逃れることができないことによります。
それはもうホントに大きい。

でも「日本語と英語の決定的な違い」って何でしょうね?
まあ違いはいろいろあるかと思いますが、私自身がとっても大きな違いだと感じるのは「主語の扱い」ですかね。
話は「主」の在り方によって、その後の論理展開における受動、能動、起因、結果にいたるまで、ずいぶん趣の違うものになりますから、「主ありき」の英語と、「主が相手によって装いを変え、ときに無くなる」日本語では、同じ論点から話を進めても、ずいぶん結果が異なってくるのは当然のような気もします。
まあ神さまを「絶対主」とする英語圏と、神さまを「招く客」とする日本語圏の宗教観あたりに、その違いがもっとも如実に表れているのかもしれません。
Posted by RYO at 2012年07月04日 14:32
 「日本語と英語の決定的な違い」を最近強く感じたのは「dark knight」(バットマンのリニューアル映画なんですけど)を観たからでした。字幕版と吹き替え版を比べると吹き替え版はジョーカーの描写があまりにも平坦でどこか日本人っぽく、字幕版には重層的な厚みがあったからです。

・・・「主」の在り方ですか・・・。
ふと「主」の在り方と映画の作りに関係がある気がしたので、それを念頭にまたdark knightなどを観察してみます。

お返事ありがとうございました。
どうもお邪魔しました。
Posted by mitsu at 2012年07月04日 16:18
バットマンの「dark knight」ですか。
なにやら名作の名高いですが、未だ観ておらず…
これを機会に観てみましょうかね。

各国の映画に現れる「物語の構造性」は、
それこそそれぞれの言語の成り立ちをおぼろげながらに教えてくれるものですね。
そういう意味では映画をさんざん観倒せば、私たちの精神を成り立たせている
言語の構造(それはつまり物語の構造でありますが)が分かってくるかもしれません。
う〜ん…、やっぱりもっと映画を観ましょうかね。
Posted by RYO at 2012年07月05日 20:48
お久しぶりにおじゃまします。

コメントというより山上先生に育児の相談をしていいでしようか?

いま一才の娘がいるのですが、泣き出す前に息を吸い込みすぎてそのまま一分いかないくらい呼吸がとまることがたまにあるのですが、整体的になにかアドバイスをいぢけないでしようか?

かおが白くかわるくらい
Posted by にゃお at 2012年08月15日 13:52
お久しぶりにおじゃまします。

コメントというより山上先生に育児の相談をしていいでしようか?

いま一才の娘がいるのですが、泣き出す前に息を吸い込みすぎてそのまま一分いかないくらい呼吸がとまることがたまにあるのですが、整体的になにかアドバイスをいだけないでしょうか?

Posted by にゃお at 2012年08月15日 13:56
にゃおさん、こんにちは。
娘さんが泣き出す前に呼吸がしばらく止まるとのことですが、
そういうお子さんはときどきいらっしゃいますね。

まずはふだんから首のあたりやアキレス腱をよく温めてあげてください。
そしていざ泣き出す前にしゃくり上げたまま呼吸が止まってしまったようなときは、
座ったまま前から抱きしめて片手で首の後ろに手を当て、
もう片方の手で腰の上部をさすってあげて下さい。
そうして横隔膜がきちんと動くように誘導してあげます。

大きくなるにつれ、徐々にそういうようなことは起きなくなってきますから、
どうぞあまり心配しすぎないよう。
Posted by RYO at 2012年08月15日 16:31
ありがとうございます。

さっそく実行してみます。

久々にこちらにお邪魔して、さきほどきがついたのですがお子様の誕生おめでとうございました。

と、パートナーのかた共々お疲れ様でした。

私も2人出産しましたが、2人とも中々ドラマチックにうまれてきてくれました(笑)

でもあの経験があったからこそいまがあると言えるくらいものすごい勉強をさせてもっています。

素敵なこのブログとの出会いも子供たちのおかげです。

ありがとうございました。

Posted by にゃお at 2012年08月15日 17:03
子どもってホントにいろんなことを学ばせてくれますよね。
ドラマチックに産まれてきたなんて、また何とも親思いで…(笑)。
すべてがやがていつか素敵な思い出話になりますからね。
どうぞ良い子育て生活をお過ごしください。
Posted by RYO at 2012年08月18日 00:20
コメントというよりメッセージ&質問です。
(整体的子育てからのコンタクトがエラーで戻ってきてしまいましたので)

こんにちは。
わたしは、大阪から子育てしながら心、保育、手仕事の勉強を
している者です。
クーヨンの、自然療法の特集で山下先生の活動を知り、
わたしが手仕事の一つにウォルドルフ人形を作っていることから、
整体的子育てについて関心を持ちました。
府の認可を受けている、ちいさな保育園にサポーターとして現在
出来ることをさせていただいているのですが、これからこどもへ、手当てや心を育てることをいていけたら、と考えております。


山下先生の整体子育てに、気を込めた愉気というものが
紹介されており、とくに気になっているのですが、
いま山下先生から愉気法をどこで学ぶことが出来るのでしょうか。関西では講座はないですか?
教えていただけますと幸いです。

浜島
Posted by はましま at 2012年08月23日 14:39
はましまさん、こんにちは。
クーヨンを読んで興味を持ってくださったとのこと、どうもありがとうございます。

ウォルドルフ人形など作っていらっしゃるということは、
シュタイナー教育などに関心がおありなのだと思いますが、
整体も非常に奥が深くて面白いですからぜひ一緒に勉強されてみると良いですよ。
それはもう私が責任を持ってオススメいたします。

講座についてなんですが、現在、関西方面では定期的な講座は行なっていないんですよね。
何か定期的に行えるようになったら、ウェブなどで告知いたしますので、それまでどうぞお待ちくださいませ。
あといちおう今度10月15日に京都で講座をやるんですけど、もしそちらまでいらっしゃれるようでしたらそのご案内はお知らせいたしますけど…。どういたしますか?
Posted by RYO at 2012年08月23日 21:20
おはようございます。丁寧なお返事をありがとうございます。

整体を学ぶのに、いい先生との出会い(本からでも)を得られたらいいなあと思っております。

山上先生、秋に関西で講座をされるんですね。車を持っていないので、公共の交通機関を利用して行ける範囲でしたら、ぜひ受講したいので詳細教えて戴けませんか?
どうぞ夏ばてなどしませんように…。お気をつけてお越しください。
Posted by はましま at 2012年08月24日 05:53
それでは、15日の講座について詳細をメールの方に送っておきますね。
もしいらっしゃれそうならぜひどうぞお越しください。
お会いできるのを楽しみにしております。
Posted by RYO at 2012年08月24日 15:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/271790565

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。