2012年04月19日

大受媽媽歓迎的整體治療師

クレヨンハウスから待望の本が届いた。

バーン! 私の著書『整体的子育て』の台湾語バージョンです!

その名も『随著四季………変化……ナントカ』でーす!(笑)

なんと海を越えて海外まで進出してしまいました〜。パチパチパチ。

よく見ると表紙の日本語がなんだか怪しいが、まあそれはご愛嬌でむしろ可愛いものである。

自分が書いたはずの文章が、自分の知らない言語で活字になっているというのは何とも不思議な気分であるが、いったいどんな翻訳をされたのか、さらには文化の違う台湾の人々にどんなふうに読んでいただけるのか、非常にドキドキワクワクしている。(野口整体って野口整骨って言うんですね〜)


私の文章が好きだと言ってくれる稀有な人々(あなたのことです)によって、私の物書きとしての活動は細々と続いているわけだけれど、ハッキリ言って私の文章は国語の先生に見てもらったら、そこら中に朱が入るようなそんな体の文章である。

だから「台湾語に翻訳して出版したい」というオファーをいただいた時に、「これ、訳せるの…?」という疑問が浮かんだのだけれど、まあその苦労は私が心配することでもないので、「あ、イイっすよ」と気軽にお返事させていただいた。

それがおよそ1年前の話で、それからさっぱり連絡がないので、「そういえば、あの話っていったいどうなっているのかな〜…」とふと思い出した最近になって、「できました!」と我が家に届いたという話。


正直、「よく訳したな〜」というのが私の素直な感想だけれど、きっと私の知らんところで大分意訳をしたことだろう。

何しろ私の文章は、論理は矛盾しているし、ときおり主語は入れ替わるし、ハッキリ結論を出さないし、まあ論文としては体をなしていないと言って良い。

そんなことは指摘されるまでもなく自覚していることであり、文句や苦情を言われても「そうなんです。スミマセン」とお答えするしかないので、だからあらかじめ言っておく。

「そうなんです。スミマセン」。


けれども、そんなことを自ら述べることから推測できると思うが、私はそんなことをあえてやっている。

そのことの意味を語ろうとすると、これまた非常に長くなってしまうので割愛させていただくけれど、決して私の国語能力の欠如によってのみそのような文章になるのではなく(それも多々あろうが)、私はハッキリとした意図を持って、確信的にあえてそのような語り口を採用しているのだ。

いちおう(笑)、それだけは申し上げておく。


ひとつ分かりやすいところを上げれば、私の文章は「途中で主語が変わってゆく」というスタイルを取ることがある。

そんな文章はきっとキリスト教圏の言語体系においてはバッサリ切られて終わるだろうが、日本人はなんとなく読んでいってしまう。

なぜならそれが日本語の言語体系だからでもあり、つまりは日本人の思考体系だからでもある。

広辞苑を開いてみると100以上の一人称単数を表わす言葉があるらしいが、それくらい日本人は「私」というものを使い分けている。

それはつまり、それだけ日本人にとっての「自分」というものが、文脈依存的に立ち現れているということでもあって、その挙句には主語そのものが抜け落ちてしまっても内容的に一向に差し支えないという特徴にもつながっている。

私はそんな日本人の言語癖を狙って働きかけているわけだけれど、それはいつの間にか変わってゆく主語に導かれて、いつの間に変わってゆく主体というものを、読者の皆様の中に「ある種の運動」として誘発したいからなのだ。


これは現代病の1つだと思うが、「本当の私」幻想によって息苦しくなっている人というのは、けっこう多い。

そういう人は、「頭の中の本当の私」と「現実(現在)の生々しい私」との乖離の中で、「現実(現在)の私」を受け入れられないままに「現実(現在)の私」を生きていかなくてはいけないという、本当に生き苦しい状況に陥っている。

自分なんて言うものはもっと不埒で、平然とタガを超えて、どんどん変化していくということを受け入れられると、ずいぶん楽になれるのだけれど、それがなかなかできない。

「自分というのはこれこれこういうものである」という自己規定の名指しによって、それにそぐわない自己部分のネグレクト(育自放棄)が起き、その部分の反感的作用から引き起こされる症状にさいなまれている。

その原因は家庭や学校や職場の人間関係とか、あるいは学校教育やメディアの語り口とかいろいろあるだろうけど、それは「自分というものの規定」、あるいは「言語体系」そのものの変革によって、ずいぶん変わってくるような気はしている。


私はそんな現代人の「自分」というものを平然と連れ去りたくって、ときおり主語をするすると変化させながら文章を書くのだ。

気づかぬ内に「私」が「あなた」になり「誰か」になり、また「私たち」になっている。

もし私の文章を読んで、少し元気になって気が楽になるのなら、小さな「私」から手放されていく自分というものがあるからだと思う。

読み進めるうちに、するすると主体が変化し、いつのまに見える光景が変わっている、感覚。

それはじつは私が言語の中で行なおうとしている「潜在意識教育(指導)」のひとつである。


私が「言語」の中でチャレンジしていることはいくつかあるけれど、「現代的論理思考形態」を乗り越えていきたいという思いは強い。

神話の時代にまでさかのぼらないにしても、たとえば研究者たちがその学術的成果を、詩や散文のように語ることができるようになったなら、きっと世界はずいぶん変わるはず。

現代人にとって、「言葉」の問題は大きい。


しかしまあそんなことはともかく、この私の肩書きはいったいどんなもんだろう。

「大受媽媽歓迎的整體治療師」って…(笑)。

まあ、今の私の立ち位置が分かりやすいけれどもね。

posted by RYO at 10:24| Comment(20) | TrackBack(0) | 雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
台湾でも先生の書籍が出版されますこと、心よりお祝い申し上げます。 
先生は、よいわるい 正悪 とかく決めつけてしまいがちな私自身をみつめなおしてくださいます。闇があるからこそ光が輝けるように、私に起こる全ての出来事に、よいもわるいもないのだなということをやんわりとあたたかく感じさせてくださいます。それは私の頭をはるかに越えてゆきます。先生の人間賛歌が国を越えて響きわたること、とても嬉しいです。ありがとうございます。
心より感謝を込めて  
Posted by ワンピース  at 2012年04月27日 08:23
これはこれは。お祝いのお言葉をありがとうございます。
自分の著作が海を越えて言葉を超えて外に出ていくということは、
ホントにありがたいことであります。

私の本がどのように受け止めていただけるのか分かりませんが、
何か少しでも元気になって子どもとの生活を楽しんでいただける方が増えるなら、
それに勝る喜びはありません。

いつか台湾へ赴いて、向こうの媽媽さんたちと「好(ハオ)!好!」とか言いながら、
台湾屋台食い倒れツアーでも繰り広げてみたいものです(笑)。
Posted by RYO at 2012年04月27日 09:46
はじめてコメントをかきこみます。

「整体的子育て」本を心のバイブルに育児まっただなかです。病気やからだのこと以外にも共感でき、気がつくと生き方のお手本にしてることがあります。

自分の理想と現実の狭間のお話、ものすごく感心しました。うまく言葉にできませんが、ありのままを見つめ、受け入れることは、子育てにおいても大切なことだとおもいました。簡単な様で以外と難しいんでしょうかね。
にゃお
Posted by 木下 尚美 at 2012年04月27日 12:53
こんにちは。はじめまして。
私の本をバイブルにしていただいているとのことでありがとうございます。
でもそんなバイブルになるほどのものでもありませんので、
どうぞ子どもと一緒に落書きでもしながら楽しんで読んでください。
そして汚れすぎてしまったら、ぜひまたもう一冊お求めになっていただけると…(笑)。

理想と現実のギャップの解消というのは難しいですね。
とくに「ヴァーチャル化技術」の目覚しい進歩を遂げた現代においては、
ますます課題として浮き彫りになってきているように思います。

昔は否が応でも「現実」が「空想(理想)」を修正するよう要請してきましたが、
今は「空想(理想)」を支えられるガジェット(機械)たちがどんどん進歩していますからね。

「ありのまま」を受け入れるためには、
ただひたすら「感じる」ということをしていくことは大事ですね。
なぜなら「感じる」とはつねに「今を感じる」ことだからです。
それこそ生々しい交感の世界です。ありのまま以外の何物でもない。
「考える」から「感じる」へのシフトチェンジは、今こそ必要なことですね。
(コメントが重複しておりましたので1つ消しておきますね)
Posted by RYO at 2012年04月27日 18:42
こんにちは。

苦しみの種を考えてみました。

経済中心の

ソンかトクかの間で迷い

お金儲けばかり考えている

競争社会の真っ只中では

争いやつぶし合いが絶えず

この人は自分に役に立つか立たないかと考えたり

あれかこれかと比べて

ウロウロ迷い

外見や、学歴、世間体のよしあしに囚われ

流されてゆき、積み重なってゆく

苦しみの種

その苦しみは痛みが伴うから

その痛みを紛らわそうと

手にするものは

麻薬のような似て非なるもの

気休めや励ましになるどころか

自分自身の身を滅ぼし

相手の身をも滅ぼしてゆく

冷たく緊張する醜い人間関係

お月様がいらっしゃらないと

人は愛し合うどころか

傷つけ合ってばかり

本当にほしいものは

似て非なるものにつぶされ歪められている

ほんものを見抜き感じる心を育むために

それは自分よりはるか向こうをあるいていらっしゃる

大スターや大先生ではなく

自分と同じように悩み傷つき苦しみもがいて生きている

少し手前を歩いている憧れの先生の後姿から分けてくださる勇気と希望でしょうか

心より尊敬しています。

この度は本当におめでとうございます。

Posted by yoshi at 2012年04月28日 04:23
今の世界経済には「オフサイド」がないのですよね。
サッカーの「オフサイド」ルールというのは、いわばゲームをみんなで楽しめるようにするための「節度」みたいなものですから、非常に大切な発想だと思います。
「そういう振る舞いは如何なものかと思うよ」という地球市民的節度を、経済システムの中にしっかり立ち上げて行かなければならないのでしょうね。
そういうことは一番力を持っている者から示して行かなければならないことなのですが…。

お祝いのお言葉もありがとうございます。
これからも、精一杯悩み傷つき苦しみもがきながら歩き続けます(笑)。
私も大地にしっかり足を下ろし、自分の足で一歩一歩進んでいきたいと願う人間なので、魔法や化粧やテクニックを使ってぴゅ〜っとどこかまで一足飛びに行ってしまうような生き方にはあまり興味がありません。
そのような在り方に共感してくださる方たちとともに、人生の道のりを一歩一歩進みながら、その時々の景色や天候に泣いたり笑ったりして、一回こっきり80年余の生命を堪能できたら、私はとても幸せでございます。
Posted by RYO at 2012年04月29日 11:17
経済中心社会では一番力の持っている者とはお金なのでしょうか。

お金持ちと付き合うのは疲れるとおっしゃっていた定年退職された方のお友だちは僧侶だそうです。

皮肉なことに経済的に大変なお寺ほど豊かな心温まるお寺のようです。

大手の若い仏壇屋さんはどうして大きいお寺ほどケチなのかなと不思議がっていました。

お寺は仏壇やさんだけではなく様々なプロに支えられて、守られています。信者さん、庭師、大工師、など。

お寺には豊かな感受性が込められていますが、その感受性を求め、受け取り、守り、伝えていらっしゃるプロもいらっしゃるけれど、似て非なるプロ?もいらっしゃって、そういう人と一緒にいると、嫌悪感を感じますし、そういう人が金持ちの場合、恥ずかしくないのかなとこちらが恥ずかしくなります。

そういう感性だけはなくしたくないですね。



非日常があるからこそ、日常を生き抜いて行けるのでしょう。

その非日常をどこに求めるか?なのでしょうかと思いますが
Posted by yoshi at 2012年05月01日 04:13
お金はあくまでツールに過ぎないはずですが、そこには人間の欲望が乗りやすいゆえに、持つ人使う人の心がそのまま現れてきますね。
だからこそお金の使い方というのはある意味恐ろしいところがあります。
お金との付き合い方や距離感、あるいは使い方次第で、その人の本性が丸出しになって分かってしまうということですからね。

「お金の使い方」をきちんと知っている人間は意外と少ないと私は思っているのですが、そういうものをどうやって教えていけば良いのかは、なかなか難しいところがあります。
ですが、幼い時期の体験というのはとにかく非常に大きな影響があるわけで、子育て講座を行なう私としては、少しでも「ひもじい人間」を増やさないことが、私にできることであると思っております。

日常と非日常の区別が無くなってしまっているというのも、現代の特徴かもしれませんね。
共同体の雰囲気をもう一度構築して、ハレとケを集団で共有していくということも大事ですね。
Posted by RYO at 2012年05月01日 08:42
おめでとうございます!!

「私ってこうだから・・・」
「うちの子ってこうだから・・・」
って、言わないですむようになりました!

「アノ人ってこーだからさぁ」って・・・
言わなくなるのは、あともうひといきかしら?

精進しますっ。
また媽媽たちを応援してくださいね〜。
Posted by よしのぼり at 2012年05月01日 13:00
お祝いのお言葉をありがとうございます。
「他人の短所を決めつけてしまう」という身振りを人間が克服するのは、
これはおそらくなかなか至難の業であるやもしれませんね。
それは何故かと言えば「己の短所」と合わせ鏡の関係にあるからです。
「己の短所」をしっかり見つめ、かつその存在を許すことができたなら、
ひょっとしたら「他人の短所」という概念から離れることができるのかもしれません。
私も精進していきます!
Posted by RYO at 2012年05月02日 08:42
こんにちは

前回はじめて書き込みをしたのですが、最近スマートホンに買い換え慣れないタッチパネルに悪戦苦闘したこともあり、実名or重複して送信してしまいました(笑)
コメントの削除お手数かけました。

先生のコメントや本を見ると、なぜだかすごく優しい気持ちになれます。

一呼吸おいて人に優しく接することが少し自然にできるようになってきた‥かな(笑)

ありがとうございます。
返事を見てすごくうれしくて、幸せな気分です。


Posted by にゃお at 2012年05月06日 21:18
こんにちは。
慣れないタッチパネルでのコメントでしたか。
それはまた重ねてわざわざありがとうございました。

一呼吸おいて人と接することができるようになったというのは素晴らしいですね。
息を溜める/堪えるというのは、できそうでなかなかできることではありません。
皆がそうできると、人のコミュニケーションはずいぶん変わっていくかもしれませんね。

こちらこそ嬉しいコメントをありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願い致します。
Posted by RYO at 2012年05月06日 22:45
お久しぶりです。
いろいろおめでとうございます。
先生のご活躍ほんとうにうれしく思ってます。
なんだかご無沙汰しちゃってましたが、今日はなぜか
むしょうに先生の言葉が恋しくなりここに来てしまいました。
前のかたも書かれていましたけど、先生の文はただの活字なのに
優しさがにじみでていて、心にしみてきます。
なんだか最近は冷たい無機質な活字ばかりがあふれているような
気がします。
今度お会い出来るのを楽しみにしています。
Posted by かずママ at 2012年05月08日 13:17
こんにちは。お久しぶりです。
嬉しいお言葉をありがとうございます。
言葉って不思議ですよね。
ちゃんとそこに込められた気持ちや心というのは伝わるんでしょうね。

こちらのブログはいつでもお待ちしておりますので、
どうぞ気の向いた時にふらりとお立ち寄りください。
今度お会いできるのを私も楽しみにしております。
Posted by RYO at 2012年05月08日 18:38
こんにちは。
平成ぽんぽこ狸合戦の映画を見て
おお泣きしました。
非日常が商品化されているのでしょう。
消費者体質、専門化依存
非日常と共に向き合わないと
非日常は成り立たないのではと思います。
ぼやけてしまう
もろく、はかなく
壊れてしまうのではと思います。

失敗からこそ学ぶことが多いと思いますが
その失敗をお月様のように
優しくおおらかに
温かく見守ってくださる眼差しが
あるからこそ
失敗を非難、軽蔑で
ストレス発散して八つ当たりするのではなく
尊い学びに転じていけるのではと思います。

そんな思いやりを育みあう場
のヒントをこのブログは分けて下さいます。

Posted by yoshi at 2012年05月12日 07:14
非日常というものをどう取り扱っていくかということは現代の大きな課題ですね。
日常がその自然のリズムを失い、非日常との境界がおぼつかなくなってしまった現代は、非日常が壊れて機能しなくなってしまっています。
これは共同体レベルでしっかり取り組んで行かなければならない課題だと思います。

失敗から学ぶのは、まさに私自身です。
私はほとんどすべて失敗から学んできましたから、それは本当に身に沁みております。
失敗から学ぶためには、その結果をきちんと引き受けなければなりませんが、
それを何か他のものの責任に転嫁してしまうのが現代の身振りになっていますね。
ですが、それだと人間がまったく成長していきません。
訴訟だとかクレームだとかそんなことばかりが取り沙汰されるような風潮は、
あまりよろしくない風潮だと思いますが、もう少し「引き受ける」という身振りを
私たちは見直さなければならないような気が致します。
そのために必要なことは確かに他者の「失敗を責めない眼差し」なのかもしれませんね。
Posted by RYO at 2012年05月12日 09:09
娘は小学3年生
娘の非を学校の先生は全く親を責めません。
泣いている小さい子どもに向かって大の大人がすべての責任を押し付けるのです。

言ったもの勝ち、責任転嫁
そんな社会の中では、ずる賢さが育つでしょう。
確かにアメリカ人は頭はいいと思います。よく思いつくなと思います。

成長したい欲求と成長できない不満の間の深い溝を麻薬のような強い刺激で埋めようとしてしまう。
なんて深い傷を抱えていかなければいけないのでしょうか。

私は娘と泣きながら学校から帰ってきました。
賢くならざる得ない娘と愚かのままの母
この国で生き残っていくためにはどうしたらいいのか、娘の明るさだけが便りです。
Posted by yoshi at 2012年05月13日 06:53
そうですか。
それぞれの国にはそれぞれの文化があるとはいえ、
幼少時より徹底した個人主義を貫く文化は、それはそれで凄いものですね。

たしかにアメリカ人のロジカル思考は凄まじいものがありますよね。
どんなに若い人でも「これこれについてどう思うか?」とマイクを向けられると、
よくぞ聞いてくれましたと言わんばかりに滔々とロジックを展開していくのを見て、
いつも驚嘆させられます。

あのような「自信に満ちあふれた論理展開こそが素晴らしい」という価値観が、
現代の日本でもだいぶ広まってはおりますが、
むしろ一言を発するにためらってしまうような振る舞いの価値というものを
私自身は見直したく思います。

それは「優しさ」の現われとしてはきわめて分かりづらいものですが、
けれどもそれはやはり「優しさ」であり「愛」なのだと私自身は思います。
もともとの日本人の持っていた「優しさのカタチ」。
Posted by RYO at 2012年05月14日 10:19
こんにちは

クーヨンを読んで、とても気になりおたよりしました。今、5歳と2歳の育児中で、できるだけ薬に頼らず過ごせるようにしています。ぜひ、講演等を聞きたいと思いスケジュールなど見せていただいたのですが・・・
関東方面がほとんどですね。
三重県在住なのですが、関西方面での講演会はありますか?
Posted by 秦野 あかね at 2012年08月08日 18:40
秦野さん、こんにちは。
クーヨンを読んでくださっているんですね。ありがとうございます。
講演、講座の予定についてですが、
私の活動拠点が関東と言うこともあって、ほとんどは関東で行なっております。
しばしば関西方面でも行なうことはありますが、今のところしばらく予定は入っていませんね。

本の出版に合わせて書店などでイベントを行なうことがあって、その場合はけっこうあちこちに行きますので、それでしたら出やすいかもしれませんね。
まあその場合、次の本の出版を待たなければなりませんが…(来年初夏?)
あるいは人を集めていただけるなら直接三重まで伺いますよ(笑)。
Posted by RYO at 2012年08月09日 12:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/265502455

この記事へのトラックバック