2011年12月20日

男は女の夢の一かけら

シュタイナーはこう語った』(ルドルフ・シュタイナー、アルテ、2011)を読んでいたら、こんな文言が出てきた。


『女性の場合、愛はファンタジーから発して、常にイメージを形成する。女性は、現に人生のなかにいる男性を完全に愛することは決してない。今日の男性は、健全なファンタジーをもって愛されるような存在ではない。男性は願望をもって愛する。男性の愛は、はっきりと願望の性格を持っている。』(同著、p38)


ちょっと。シュタイナー先生。

「今日の男性は、健全なファンタジーをもって愛されるような存在ではない」って…。

そこまではっきり言われてしまうと、男として立つ瀬がないじゃないですか。

でも言いたいことがなんとなく分かってしまうのも、また悲しい…。


福岡伸一さんが『できそこないの男たち』(福岡伸一、光文社新書、2008)という本を書いているけど、たしかに男という性は、女のできそこないなのかもしれない。

私も、男というのは女のどこかの部分が欠落して生まれているような気はしている。

「欠落」というと、なにか負のイメージを連想するかもしれないけれど、それは別に必ずしも不幸なことではない。

「欠落」しているからこそ、何か別の代替機能が働くのだから。

実際、男は「欠落」を帯びているからこそ、女には無いある種の能力を持っているのだ。

「欠落」は必ず、それにまつわる「精神」を呼び起こす。

それこそがつまりは「創(きず)」である。


しかしそれでも、「健全なファンタジーをもって愛されるような存在ではない」とか言われてしまうと、何とも言えない哀しみを覚えてしまうなぁ。

それは別に自分自身が哀しいんじゃなくって、男全般に対する哀愁の念だ。

男って哀しい生き物だなという、そんな想い。

ふん、いいのさ、別に。

男の子は男の子で、強くたくましく生きるのさ。


  男の子って何でできてる?
  ぼろきれやカタツムリ
  子犬の尻尾
  そんなものでできてるよ
  (マザーグースの唄より)


男は自らが断片だからこそ、世界の断片を愛してやまない。

だから、馬鹿だよね、男って。

ただ一言だけ、馬鹿な男の側から言わせてもらえるならば、女は男のそんな馬鹿を愛さなくちゃいけないよ。

だって世界は事実断片でできているのだし、それに何より男は女が育てるものだから。

男なんていうのは不完全な幻想。

だから女が育てない限り、この世に誕生しない。

いやいや、それどころか男なんてひょっとしたら女が見ている夢かもしれない。

世界中の女が夢見ることをやめたら、この世の男たちはみな儚く消えるかも。

ちいさなぼろきれやカタツムリの欠片だけを、そこに残して…。


男なんて「健全なファンタジーをもって愛されるような存在ではない」かもしれないけれど、それでも愛すべき存在だし、ぜひ愛してあげてほしい。

女の目から見てみれば、男なんて命を吹き込まれたぼろきれやカタツムリぐらいにしか見えないかもしれないけれど、でもそんな断片たちに宿るきらめく精神を見てほしいんだなぁ。

私だってそんな世界の断片を愛する一かけらとして、子育て中のママさんたちに元気になって欲しいと思って、子育て講座などやっているのだ。

別にそこに崇高な理念などありはしない。

ただ、自分がやりたいからやっているだけだ。

なぜって?

それは女を愛しているからに決まっているじゃないか。

私は「そんなもの」だけで、できているんだ。

posted by RYO at 18:26| Comment(20) | TrackBack(0) | 雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 拝見し終わり「二ヤっ」としてしまいました。
 女性がみんな、『私が育ててる!!』という
 気持ちになったら、喧嘩をすることもなくなり
 そうですね。
 でも女性としては、一歩前にいて欲しいもの
 です。
Posted by かんだ at 2011年12月21日 13:09
大丈夫。
きちんと「男」が育てば、必ず女を敬い、護るものですよ。
すべての男にとって、初めての女は「母」です。
だから母の息子育ては、男育てとして一番大事な所ですね。
どうぞ「男」を育ててあげて下さい。
Posted by RYO at 2011年12月21日 23:00
…肝に銘じます(ニヤリ)

そういえばつい最近沖縄のバーのマスターにも同じこと言われました。
ふふふっ。
Posted by rido at 2011年12月22日 04:10
お、そうですか。
「男は育てるもんだよ」とか、そんなことですかね?
さすが沖縄の方は、よく分かっていらっしゃる。
いい女がいっぱいいるのかもしれませんなぁ(笑)。
どうぞどうぞ愛を持って育ててあげて下さいな。
Posted by RYO at 2011年12月22日 05:28
ROY先生こんにちは

私はとってもシャイなおんなのひとなんだけれど、
そんな私を
独特の魅力と鋭い勘を持つ
男の人は、
見抜いてくださり、
声を掛けてくださり、
励ましてくださり、
見守ってくださるからこそ
今まで何とかこんな私でも生きてこれたのだろうと思います。

義母からも、母からも
そんに夫を奔放にしておいていいのかと言われてます。

見た目に変化を感じられなくても
夫の中で、何かが動き出している
なんとなく、そう感じられます。

何を感じているかは、まだ言葉にはできないけれど、
寝る前に夫の足の裏を踏み踏みして
夫と子どもたちの寝顔を見つめてから
平和に眠りについています。

夫と子ども(8歳)は社会から受けるストレスを沢山抱えて、家庭に持ち帰ってくるけれど、

いつか家族みんなで乗り越えられる日が来るのかなとそう思っています。







Posted by Yoshi at 2011年12月22日 11:09
Yoshiさんはいい男とめぐり会えたんですね。
あるいはいい男なのだと思えるようになった。
どちらでも、とても素晴らしいことですね。

いい男は初めからいい男なのでもなく、
いい女も初めからいい女なのでもなく、
どちらも育てられ、育て上げ、作り上げられてゆくもの。

「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」じゃないけれど、
身を捧げて育ってゆくものですね。

だからこそ、「相手がいい男(女)なのだ」と思えることは、
とてもとても素晴らしいことだと思います。
その言葉にYoshiさんの詰まれた行徳を感じます。「いい女」ですね(笑)。

どうぞそのまま相手を育て、自らも育ててゆけば、
ご夫婦はもちろん、それを見つめるお子さんもまた、
きっとますますいい男(女)になってゆくことでしょう。
Posted by RYO at 2011年12月22日 12:44
そうですね…確かに『母』ですね。
そんなステキな息子になってくれたらな〜。
男前に育つ様に『はは』頑張ります。
では。
Posted by かんだ at 2011年12月22日 21:01
息子にとって母は大事ですよ〜。
そこで女性観が作られると言って良いでしょう。
女性に対して敬意を持つのか、馬鹿にするのか、護るものだと思うのか、
甘えるものだと思うのか、支えるものだと思うのか。
そんなものの素地がそこではっきり作られる。

「息子の中に男を育てる」。
これはなかなか難しいことかもしれませんが、
母の仕事として、けっこう大事なことだと思います。
それはもちろん、その息子の将来の結婚生活を育てるということになりますからね。
どうぞ「はは」を全うしてくださいな。
Posted by RYO at 2011年12月23日 01:52
この世のどこかに自分のかたわれのような伴侶がいる気がしています、その伴侶と命をいかしているたったひとつのものをともに感じあいながら子供のように無邪気にただ愛をわかちあいたいのです。男と女、2つのパズルがひとつになってはじめて見える景色をみてみたいのです。
Posted by ワンピース  at 2011年12月29日 19:33
男と女、女と男、不思議な生命の一対ですね。
どんな拍子でお互いの夢が交差するのか、
それはホントに奇縁、妙縁であるのでしょう。

ベターハーフ(良き伴侶)というのは、どのようにして生じるんでしょうね?
進行形では常にホントにこの人で良いのか?良かったのか?
そんなことに逡巡しながら、それでも必死により良き伴侶であろうとし続け、そして人生を振り返って見た時に、やっぱりこの人でしかありえなかったなと思えること。
そんな営みであるような気が致します。

男と女の2つのパズルは、お互いに必死に形を合わせようとしながら、
ある1つのカタチを作り上げようとし続けます。
その健気なまでの振る舞いに、私は人間の愛と優しさを感じないではいられません。
1つになって初めて見える景色を、私も見てみたいと思います。
Posted by RYO at 2011年12月30日 08:30
より良き伴侶であろうとすること        お互いのパズルをあわせようと努力すること   相手にあわせようと努力していると思っていたら、 相手という鏡が映し出す自分をどうしても受け入れられなかった自分を発見します      そんな小さい自分から、あるとき突然訪れた次元での自分の在り方のギャップに苦しみ、もがいています    
でもいつか
どんなときも、いつでも、命を生かしているたったひとつの永遠にかわることのないその真実に完全に身を委ねる自分で在ることができたら、その喜びをわかちあう伴侶と素晴らしい景色をわかちあえるのではないかと思うのです
Posted by ワンピース  at 2011年12月30日 22:40
人はいつも他人の中に自分自身を見出しますが、
迂回する形で突きつけられる自分自身の姿は、
他者を経由することで客観的な装いを身につけ、
それゆえ、ときに無慈悲で過酷なことを突きつけてきます。

でもそこときちんと向き合うことでしか得られない
自己同一性(アイデンティティ)というものがありますね。

写し鏡のような伴侶の間柄においては、
自分は相手にとってより良き伴侶でありえているのか。
そんな問いをつねに自らに問うていく必要があるでしょう。
そのとき反射しあうお互いの姿はより美しくあろうとし始める。
そんな夫婦の様子を見つめていると、私はとてもほっこりと幸せを感じます。
Posted by RYO at 2011年12月31日 17:54
相手にとってよりよき伴侶であろうとする前に  まずは相手が写し出す自分を認め、受け入れる。そうすることで自分の中の矛盾を解決しまた、  同じ相手の中に   
魂のかたわれのような伴侶を観るとともに    ずっと一緒にわかちあいたかった景色がみえるようなきがするのに    何故に自分を認め、受け入れることに抵抗してしまうのでしょう     ちっぽけな自分です   ちっぽけな自分が残っています         なにかを必死にまもろうとしている自分を発見するとき、空である、空っぽな自分でありたいなあと感じます       心に響くコメントをいただくことができ、感謝です。 
ありがとうございます!
感謝とともに、ご多幸を心よりお祈り申し上げま
す。よいお年を!


Posted by ワンピース  at 2011年12月31日 21:45
こちらこそコメントいただきましてありがとうございます。
ワンピースさんもどうぞよいお年をお迎えください。
素敵な景色の一年でありますように。
Posted by RYO at 2011年12月31日 23:47
RYO先生、あけましておめでとうございます

良き伴侶

それはお互いに気があう

似ている

ことかなと思います


2人を見ていても

その2人に対する周りの反応を見ていても

当人同士だけでなく

周りも認める


みんな分かっているのですね


ついに気のあう方とめぐりあえたのです

最初は私はとても苦しかったけれど

気の会う人とめぐりあうことは

遇い難くして遇えたということです

祝福したいと思いました

人間の最高の幸せでしょう?

分かってあげたい、分かってほしいと言う

傲慢さと嫉妬を捨て

あなたを大切に思うから

伝えました

「好きにしていいよ」

あなたのこころおもうがまますすんだらいい

そうしたら、トトロに似ていると言われました



かつてムーミンに似ているとも言われ

ミドルネーム、フローレンスにしたらといわれました


ついに

あなたの気の会う人と話してみると

ムーミンが大好きでびっくり!

そして何てこの人たちは良く似ているのだろう!と

眼が同じだと思いました


私はちょっぴり勇気をもたなきゃねと思います

憎しみからは憎しみしか生まれないように

愛からは愛が生まれることでしょう

愛おしい風に包まれて

伝えました

「あなたたち、お似合いよ!」

別れは出会いの始まり

このコトバに励まされて

私は再出発しようと思います

あなたを見つめるあの人の眼は美しかった

Posted by Yoshi at 2012年01月02日 03:10
Yoshiさん、あけましておめでとうございます。
たしかに良き伴侶とは、どこか佇まいや帯びる雰囲気のレベルで似ているのかも。
それはおそらくお互いの存在が同期し、共鳴しているからなのかもしれません。

同期し、共鳴しながら、個別であること。
個に対する敬意をお互いに持ち、尊重し合うこと。
そんな相手とめぐり会えることは人生の最大の幸福でしょう。

人はみな、出会いに元気づけられ、別れに学ばされます。
私もまた多くの人に元気づけられ、多くの人に学ばされました。
そのどちらもがとても大切な人間の営みであり、宝物です。
別れと出会いを胸に、明るい未来へ歩かんとするYoshiさんに幸あらんことを。
Posted by RYO at 2012年01月02日 10:07
あれ?
今年は動画のお年玉ないの〜?
Posted by よしのぼり at 2012年01月02日 23:56
アップしましたよ〜。
Posted by RYO at 2012年01月03日 02:09
私は息子のしょーもない部分がたまらなく愛しいのですよー

男の子育てるの楽しくて♫

Posted by 山貝かおり at 2012年07月21日 10:13
山貝さん
こんにちは。ご無沙汰です。
男はホントにいつまで経っても「少年」ですからね。
その少年っぽさをいかに良い方向に伸ばしていってあげられるかというところなんでしょうね。
うちも男の子二人ですから、これからどんな兄弟になってゆくのやら楽しみです。
Posted by RYO at 2012年08月04日 20:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/241553292

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。