2011年07月29日

人のあいだを巡るもの

先ごろAmazonをのぞいてみたら、さっそく新刊本が発売になっていました。
まだ発売日になっていないんだけど……なんで?
まあともあれ、よかったらぜひぜひご購入下さい。(⇒購入はこちら)

前回触れた「世界を動詞で語ってみる」というチャプターでは、あるお母さんから受けた相談についてのエピソードを書いている。

本の中ではページ数が少ないこともあって、詳しいことはカットしてさらっと書いたのだけれど、以前「童心社」という絵本や紙芝居を作っている出版社の会報誌「母のひろば」に、もっと詳しいエピソードを載せたことがあった。

掲載号の出版からもう数ヶ月経つし、ご覧になっていない方も多いと思うので、ここに再録しようと思う。

読んでみれば「動詞で語る」ということの意味が、またより分かりやすくなるのではないかと思うのだけれど、どうだろう?

それでもやっぱり「よく分からない」というのであれば、それはもう……私の講座に出てください(笑)。

ではどうぞ。


「人のあいだを巡るもの」

私はふだん子育て中のお母さんたちを相手に「子育て講座」というものを行なっています。子育てというのはホントにいろいろなことがあって悩みは尽きないものですが、講座ではお母さん方から子育てに限らずさまざまな相談を受けます。あるとき一人のお母さんからこんな相談を受けました。

「旦那としゃべっていて、ときどき旦那が不快になってくると、チッと舌打ちをするんです。それを聞くと本当に嫌な気持ちになってくたびれてしまって…。こういうのって、どうしたらいいんでしょうか…?」。

なるほど。夫婦というのは関係が近い分だけ難しいもので、ちょっとしたことが気になったり、何気ない一言に傷ついたり、イライラさせられたりするものです。他人であれば「まあいいわ」で済ませられることも、夫婦となると、病める時も健やかなる時もつねに顔を突き合わせているものだから、なかなかそうは済みません。

「そうですか。そういうのは苦しいですね」と私が答えると、そのときのことを思い出しているのか、ふっとくたびれたような顔をして「ホントに嫌なんです」と言う。それでその方に言いました。「そうですね。でもね、それはね、呪いですよ。そういうのは。良くないです」。

すると彼女は「え? 呪い?」とちょっとビックリして笑いました。「そうですよ。だって舌打ちなんてされても、返事のしようがないでしょ? そうしたらそれをまともに受けちゃいますよ。やり返せない。防御できない。そういうのを呪いって言うんです」。

彼女は「呪い」という言葉に最初こそ驚いたようでしたが、私の話を聞くうちにだんだん真剣な顔になっていきました。何だかよく分からないけど、でも何となく分かるような、何かが自分の中で必死にピッタリする言葉を探し出そうとしている、おそらくそんな感じがしたのかもしれません。私はさらに言いました。

「あのね、世の中、呪いの言葉や仕草というのは予想以上に多いんです。でも必ずしも言っている本人が意図しているわけじゃない。もちろん旦那さんだってそうでしょう。だからそれは『やめて』ってお願いすることはできても、そのふるまいを責めることはできない。まず、あなたにできることは、あなた自身が呪いから身を守るすべを身に付けるということです」。彼女は真剣に聞いています。私は続けました。

「そうですね…。今度、旦那が『チッ』と舌打ちしたら、すぐさま『パッ』と言い返してみてください。顔を見て言い返す。『チッ』と言われたら『パッ』。すぐさま返す」。

そう言ったら、真剣に聞いていた彼女とその場にいた人たちがみんな、いっせいにゲラゲラ笑い出しました。そう、何のことはない。要は私は彼女に「チーチーパッパ」のやりとりをお伝えしたんです。何だかふざけているようですが、私はいたって大まじめです。でも彼女を含め、その場にいるみんながいっせいに笑ったということは、みんな私の言っている意味が「分かった」ということです。向こうが「チッ」なら、こっちは「パッ」です。


人間関係というのはいったい何なんでしょう? 世の中にはさまざまな問題がありますが、それも元をたどっていけば、おそらくほとんどは人間関係の問題に行き着くのではないでしょうか。

ひょっとしたら彼女と同じような悩みを抱えている人は、世の中、大勢いるかもしれません。何だかよく分からないままに人と会うことがどんどん苦痛になって、やがて生きていくことにくたびれてしまう。

何でもない小さなことなのに、それを深く受け止めてしまうから呪いにかかる。いや、何でもないことだからこそ何も言えず、対処できずに呪いになる。一つ一つは小さなことかもしれないけれど、それはたび重なるごとに徐々に心に小さな傷をつけ、やがては歩くことさえ辛くなってしまうほど、身心を消耗させてしまいます。それはまさに「呪い」と言っていいでしょう。

人間関係が良い状態であるかどうかは、コミュニケーションがスムーズに行なわれているかどうかにかかっています。向こうからやってきたものを受けとめて、こちらがそれに対して返事をして、それを今度は向こうが受けとめる。やりとりされているものが何であれ、その「ある種の対話」が二人の間できちんと行なわれていれば、関係はすこやかでいられるのです。

「喧嘩するほど仲がいい」なんてたとえもありますが、それは「やりとりされているものが何であるか」ということよりも、「やりとりそのものが大切である」ということなのではないでしょうか。大事なことは、お互いの間をきちんと巡るものがあるということです。そのお互いのやりとりが滞り、二人の間で巡っていたものが止んでしまった時、そのとき何かが病んでくるのです。

きちんと巡っていること。滞りなく流れていること。それは人間がお互いすこやかであるために必要不可欠なことです。川には自然浄化能力がありますが、それは流れがあるからです。きちんと巡っているからです。人にも自己治癒能力がありますが、それも流れがあるからです。きちんと巡っているからです。

私たちの周りでも、何か問題があったり、何か病んだ状態になっているのだとしたら、それは巡るべきものが巡っていないのではないか。そういうふうに見てみると、何をすればいいのか思いつくことがあるかもしれません。

私に相談したその方は、旦那の舌打ちに対する返事の仕方を知りませんでした。素直に「やめて」と言えれば良かったかもしれない。あるいは言ったけれど、まともに取り合ってくれなかったのかもしれない。でもとにかくそこには滞っているものがあり、それが彼女の悩みとなったのです。だから私は彼女に「返事の仕方」を教えたのです。返事をすることで、それがきちんと「一つのお話」になる、そんな返事の方法を。

どんなことでも一方通行なのではなく、きちんと対話になること。キャッチボールができること。それはあらゆる人間関係の基本になることでしょう。私に悩みを相談したその方は「今度さっそくやってみます!」と笑顔で答えてくれました。

posted by RYO at 23:22| Comment(20) | TrackBack(0) | 雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。とても興味深く読ませてもらいました。

きちんと巡っていること。滞りなく流れていること。

川と水、血流と血、気流と空気、神経と電気信号、道と乗り物、回転ずしとすし、メリーゴーランドと馬、時計と針、四季と季節、土と草木・・・ほかにもたくさんありそうですね、納得。

巡りと滞り、要チェックや!

それではまた。

Posted by mitsu at 2011年07月30日 12:01
こんにちは。
そうですね。辺りを見回してみると巡っているものっていろいろありますが、
それが滞っているところというのは、何かが病んできますよね。

西成活裕さんという方が「渋滞学」という学問を立ち上げて研究なさっていますが、
それも世界のいろんな現象の中に「流れ」と「渋滞」を見ていくという面白い研究で、
私もとても興味深く読みました。

それも一つの「巡り」に関する学問ですが、
それを人間のコミュニケーションの中に見ていけば、
今回の話に通じる解が見えてくるのかもしれませんね。
Posted by RYO at 2011年07月30日 12:39
流れ、循環に目を向け良くするよう心掛ける事は本当に大切ですね。ついウッカリ色んな所で呪いにハマって滞らせているのでしょう。注意したいものです。
Posted by 風 at 2011年07月30日 17:24
「滞り」ってふとしたところに生まれていたりするんですよね。
まあそれが一つの生命現象でもあるわけですから仕方のないところではありますが、
それが激しすぎるとむしろ病んでくるわけですから、
やはり注意をしていなければなりません。
風通しはぜひぜひ良くしておきましょう。
Posted by RYO at 2011年07月31日 01:44
RYO先生こんにちは。

我が家も思い当たるわとはっしました。

ぱっと明らめのような気持ちに変わりました。

まあ、いいかっと気にしていてもツマラナイわと思いました。

さわやかな風を送ってくださいまして、有り難うございます。
Posted by Yoshi at 2011年07月31日 06:14
そうですか。
なにか新しい風を吹き込めたのなら何よりです。
ぜひ何か「巡り合い」が起こるように、
つねに新しい風が吹き込むように、
家族関係にちょうど良い仕掛けを考えてみて下さいね。

子どもやペットがいるというのは、まずそれだけで良いことです。
家族で一緒に課題に取り組むというのも良いことです。
同じ趣味や日課を持つというのも良いことでしょう。
家族ぐるみでいろんな人と付き合って遊ぶのも良いですね。
ほかにも何かいろいろな仕掛けや方法があるかもしれない。
大切なのは「巡り合い」です。
Posted by RYO at 2011年07月31日 08:18
呪い。。。滞る。
うん、なんだか、すとんと分かりました。
だんなと何か滞っていたんだなあ、というのに改めて気づいてはっとしています。
舌打ち、もイヤですが、私の場合は何が呪いなのか良く分かってないなあ。そこに気づくことかなあ、と改めて考えることができました。
幼い娘にも、夫婦の滞りの影響が出ているような気がして、それでまたイライラして、なおさら滞らせて、、うん、まずいですね。
気づいたんだから、何とかしよう。モチベーションあげよう!
初コメントがこんなのですみませんが、、先生ありがとうございます。
Posted by しんれん at 2011年08月01日 02:17
「滞り」の感覚、「いき詰まり」の感覚。
そういうものを感じたのなら、あとはどうやってそこに流れを生み出すか。
それを考えて動いてみるだけですね。

何が「滞り(呪い)」になっているのか、はっきり言葉にできなければ、
それこそ「動詞」で語ってみたり、「形容詞」で語ってみたりしていくと、
もう少し見えてくるものがあるかもしれませんね。
「滞り」をざっくり捉えてみたり、雰囲気で捉えてみたりするだけでも、
それに対してどうすればよいのか対処法が見えてくることもあります。
ぜひぜひ風通しの良い関係を。
Posted by RYO at 2011年08月01日 02:21
やっぱり、講座に参加したほうが、身体に響き、刻まれ、悩みが転じるのでしょう。

いつか参加できますように。

今回は図書館でクーヨンを一年分借りて、連載を楽しく読みました。
先生の本も購入して読んでいるところです。
生体的子育て2はまだ発売されていなかったので、来年のお楽しみにとっておいています。

8月1日から我が子は3年生、色々、問題はありますが、精神的に甘いものをほしがりますが、虫歯が心配ですが(私もでした)

巡り合えるよう、工夫してみます。
Posted by Yoshi at 2011年08月01日 02:59
もう戻られたんですかね?
新刊本ももう少し早く出せたらお手に届けることができたんですけどね。
遅くなってしまって申し訳ない。
ぜひ次の機会にはどうぞ。

子どもは甘いものは欲しがりますね。
まあある意味一番のエネルギー源ですから当然と言えば当然ですが、
良い形で与えてあげられるといいですね。
「自然の甘み」がからだに沁みると子どもはホントに満ちてきます。
ぜひぜひいろんな巡りとともに、子どもに健やかな風を与えてあげてください。
講座もいつでもお待ちしてますよ。
Posted by RYO at 2011年08月01日 07:31
娘が赤ちゃんだった頃、自然育児友の会に悩み事を相談しましたら、恐らく、先生から、お返事を頂いて、とても嬉しくて、精神安定剤代わりに飲んでいたサプリメントを止めることが出来ました。
そのころは、山上ですと名のっていらっしゃったと思います。友の会で紹介されていた本の著者と同じ苗字でしたので、きっとこの方の本かなと思い「整体的子育て入門」の本を読んだら、続きが読みたくなり、こちらのブログに出会いました。

私はぼーっとしていて、黙ってしまうです。
言葉が出てこない。
だけど、我が子と似たような状況の子どもを見かけると、身体に響いてくるものを感じます。顔の暗い子どもを見かけると気になってしまいます。
言葉はまだ生まれないけれど、何かを感じる、RYO先生のブログを通して、育ててもらっている感性だと思います。嬉しいです。
Posted by Yoshi at 2011年08月01日 15:41
言葉にならなくとも人はいろんなことを感じているし、
また言葉にならないままにお互いコミュニケーションしているんですよね。
だからそういう意味では、自分も含めてみんなお互い「分かってる」。
頭の意識だけが分かっていない。言葉にならないから。

どうぞ言葉にならない感覚を、そのまま大事にしてください。
ただ「何かを感じている」ということだけは、伝える工夫が要るのかも。
「何か」が何なのか分かるのには時間がかかるかもしれないけれど、
何かを「感じている」ということだけは、いまこの瞬間に分かることだから。

そういうことがなおざりにされずに大切にされる、
少し時間のかかることならみんなで「待つことができる」、
そんなコミュニケーションの場を私は作っていきたいと思っています。
Posted by RYO at 2011年08月01日 20:00
先日の講座ありがとうございました。
やっぱり、私にはマイナスイオンが見えるようです。息子の歯ぎしりもなぜか講座以降治まりました。親子だけに息子も癒されたようです。

新刊読み切りました。「いや〜いい本でした」
またまた役立ちそうです。何かあると読み返します。
今日は息子が振り向きざまに電信柱におでこをぶつけまして、またまた読み返しました。

今のところ何事もなくぐっすりです。

本題ですが、「滞り」まさに私です。
夫も同じことを思っているのかもしれないけど
心にもからだにも良くないですね。
身をもって感じます。色々な所にでておりますので・・・・・
かなり良くなっていた症状も地震後に復活し格闘中です。
まだまだ先は長いし、風通しを良くしないと息子にも良くないですね。背中で会話やってみます。

Posted by かんだはは  at 2011年08月02日 23:13
ね、いい本でしょう?(笑)
何度読み返してみてもいい本なんですよ〜。

講座ではいろいろありがとうございました。
「背中合わせの対話」はぜひぜひやってくださいね。
とにかくつかえを取るためには対話の巡りしかありません。
風通しを良くして家族みんなのあいだを風が巡るようにしていけば、
きっと気持ちよい関係でいられるはずですよ。
マイナスイオンも巡らせてね。
Posted by RYO at 2011年08月03日 06:55
実践してみました。

娘「チッ」
母「止めなさい」
娘「チッ」
(あっ、そうだった、パッって言うんだった。)
母「パッ」

そうしたら、流れが変わりました。
娘「お父さんもするよ」
(えっ、そうだったかな。)
娘「おともだちもみんなするよ」
ぎょっとしました。

さっそく、夫は片手にビール、私は水で会話しました。AM2時半まで

チッって出てこなかったので、パッとは言えませんでしたが。

RYO先生の丁寧なお返事、さわやかな風に吹かれて、我慢から、見守りに転じたからでしょうか、

夫は社会を見守り、私は夫を見守り、娘たちは
母を見守り、
RYO先生の素晴らしい家族(今回は夫婦かな)が広まってほしいという願いが込められた風に見守られて、挫けそうになっても、前向きに生きてゆきます。
Posted by Yoshi at 2011年08月04日 04:40
さっそく実践されてみたんですね。
何気ない中にも流れが変わったようで、それは何よりでした。
今回は旦那さんとの話し合いのきっかけにもつながったようで、
それはやはりYoshiさんの「パッ」の一歩が生み出した流れの中の一つ。

ホントに小さなささやかなことですけれども、
それをきっかけに小さな流れの変化が生まれ、それが後々大きな変化につながってゆく。
物事ってそういうものかもしれませんね。

流れが滞りさえしなければ、物事は自然のあるべき姿へと戻ろうとする。
今回の夜の話し合いも「ちょうど良い」話し合いになったのではないでしょうか。
流れを保つように意識していれば、また必要なときに必要な話し合いが行なわれるはず。
日々のちょっとの意識の持ちようが大切ですね。
ぜひぜひ、すこやかでありますように。
Posted by RYO at 2011年08月04日 06:55
こんにちは。初めてコメントします。

整体的子育て、愛読してます。
そこの中で「コミュニケーション感度を高める」という項目があり、なるほど、でもはたしてどうやって、考え事、予定をため込まないようにすれば??と悩み、こちらのブログにお邪魔しました。

人のあいだを巡るコミュニケーション。。相手を受け止め、それに返す。
単純なようで全然できていません。

5月に下に妹が生まれた、今月3歳を迎える娘。
その娘に対しても、赤ちゃんに対しても。

特に3歳のお姉ちゃんには、モンテッソーリ、シュタイナー教育を「教え込ませる」姿勢で取り組んでしまっているので、なおさらコミュニケーションも取れずにいます。

いろいろな教育方法を知ると、「ぜひ、わが子にも実践させたい!!」という気持ちが出てきてしまい、逆に子供をゲンナリさせてしまうことは重々承知をしています。

 とはいえ、知識を持てば持つほど、3歳という時期を逃したくない気持ちが出てきてしまい、「いつか機会があったら。。」なんて悠長な気持ちはまったく出てこないのです。

それと同時に「子供が要求していること、やりたいことをさせてあげたい」という気持ちがごちゃまぜで。

娘はごっこ遊びが今は大好きでそれをやりきらせてあげたい、という気持ちはあるのですが、どうしても知っている教育法が例として紹介している方法-(たとえばシュタイナーなら蜜蝋クレヨンでのお絵かき技法、ぬらし絵)をさせたい気持ちが出てきてしまい、ごっこ遊びの相手が苦痛な時があるのです。

もちろん、その教育方法と娘の興味のクロスする部分があるだろう、とは思います。

ただ、その「ポイント」を見つけることができません。

その、ポイントの見つけ方にコツはあるのでしょうか?なにも考えずに子供を見るためにはどのような心の準備をすればいいのでしょう?

どうしても、知っている教育方法の精神的な部分ではなく、具体例を使いたい、という欲望をどう扱えばよいのでしょう?

心ここにあらずなことが娘に見透かされているようで、日々、悩んでいます。
 
何かいい方法があったら、ぜひ教えてくださいませ☆
Posted by おみや at 2011年08月04日 22:26
そうですね…。
ご自身の興味のあるシュタイナーやモンテッソーリの遊び、
たとえばにじみ絵やクレヨン描きなどを、
お母さん自身がやってみたことはありますか?

ぜひ、お母さんご自身がやってみると良いと思いますよ。
それもお子さんが寝た「一人のとき」に。

そしてその遊びや営みを「考える」のではなく「感じて」みて下さい。
自分自身でしっかり体験するんです。
それを一週間くらい続けてやってみる。

お母さんが「お子さんのため」なんていうことも忘れて、
その遊びの中に「楽しみ」や「面白さ」を見出せたとき、
きっとお子さんも自ら自然と行なっていることと思いますよ。

お子さんに伝えたいことは、
自分が「本気で」やってみて下さい。「本気で」楽しんでみて下さい。
それは必ず伝わりますから。
「やめなさい」と言ってもやりますよ。きっと(笑)。
Posted by RYO at 2011年08月05日 09:10
お返事、ありがとうございます。

そうですよね。
そうなんだ。

子供は大人の真似をするものなんですよね。
言動、行動。。。

蜜蝋クレヨンやぬらし絵、モンテッソーリ教育の具体例。。。自分が無心でやってみたこと、ありませんでした。

ただ、本を読んで知識を入れるだけの毎日で。

それでいて娘と一緒にそれらをやるときは、それらを「やった」ことにだけに満足をしていました。

「子供と一緒に過ごす」ことだけに満足していたから、ルーチンな日々だと感じていたのかもしれません。

昨晩、コメントを書いた後、散らかった部屋を片付けながら、娘が書いたお絵かきを見て、「あれ、こんなことができるようになったんだ」と気づきました。

その時に「その場にいなくてもこうやってコミュニケーションをとることができるんだ」と思いはじめ、その「お返し」として、部屋を使いやすく片付けました。

そのせいか、なんだか今日は子供と楽しく一日が過ごすことができたのです。

自分の思いを書いたことで少しすっきりしたのかもしれません。

そして、今日頂いたコメント。
道が開けてきた気がします。
ありがとうございました☆
Posted by おみや at 2011年08月05日 20:59
そうですか。
お絵かきを見てそこに何か感じたのなら、それで良いのかもしれませんね。
小さな変化に気づけば、見え方はどんどん変わってきますからね。
ぜひぜひお子さんといろんな対話をしてみて下さい。
絵を見て、部屋を片付け、遊んで、笑って、叱って、泣いて…
どうぞお子さんとの日々を一緒に楽しんでください。
Posted by RYO at 2011年08月06日 00:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。