2011年02月16日

ファイル名を付けずに保存する

「ファイル名を付けずに保存」。

そんなことを、ふとつぶやいてみて「うふっ」と笑う。

うん、いいじゃないか。なかなか。


二十代にからだのことに興味を持ち、「感覚」というものと真摯に向き合い始めてから、私は何か感じたときに、それを安易に「言葉にしない」ということにしている。

「言葉にしない」というのは、「考えない」ということとは違う。

考えなければ反省はなく、反省なければ進歩もない。

だから考えることは考えるのだが、「取り扱いをしやすくするため」という理由で、感覚や経験を安易に言葉にパッケージ化することをしない、ということである。

言葉にするといろんなものが抜け落ちる。

自分自身のボキャブラリーの貧困さはもちろん、人間の認知構造というか、意識構造というか、言語構造というか、とにかくそういうものの性質上、言語化する過程で膨大な量の情報がごっそり抜け落ちてしまうのだ。

そしてたいていその中にこそ、私自身にとって最も重要なものとなるであろう、「未だ私がその価値を発見できていない原石」がある。

だから安易に言葉には、しない。 必要以上に言語化しない。

それで「ファイル名を付けずに保存」なのである。


「名乗るまで待つ」と私は言っているのだけれど、自分自身の何かの体験を、そのときの手持ちのボキャブラリーで安易に言語化してしまうことをせず、いつかそれ自身が自ら名前を名乗るまで待つということを、普段から心がけている。

私の経験から言って、重要なファイルというものはいつか必ず自ら名前を名乗り出る。

そしてそれはたいてい、ピンチの時に訪れるヒーローのように「ちょうど今!」というタイミングで訪れてくれるのだ。今まさに必要なモノを携えて。

ゲド戦記じゃないけれど、もし何かが自ら本当の名前を名乗ってくれたなら、それはきっとそのモノとの間に深い絆が結ばれた証である。

それは、こちらが受けた印象から名付けた俗称とは意味が違う。

おそらくそれはもう一生ものの関係だ。


私のからだのアーカイブには、「ファイル名を付けずに保存」された膨大な量の「無名のファイル」たちがある。

以前はその膨大な「無名のファイル」も、私の奥底のハードディスクの中に適当に放り込んであっただけだけれども、いろいろ勉強したり、経験を積み重ねてゆく中で、その量がどんどん増えてゆき、それがある程度のところを超えたあたりから、それぞれがお互い相互リンクするということが起き始めた。

私の中の「無名のファイル」たちが、私の意図せぬところでお互い連鎖連想しはじめたのだ。

おう、なんだこれは。知の相転移か。

これは面白いな、これは人間ってすごいな、と思い、これはどんな情報処理システムが動いているだろうとそんなことを思っていたら、最近になってコンピュータの記事か何かを見ていた時に、「あ、これは『タグを付ける』ってことか」とふと思い立った。


「タグを付ける」という方法はもちろん昔からあっただろうが、このある種ITならではの情報処理法がこれほど発達し一般化したのは、おそらく長くてもここ10年ほどの話だろう。

今まで人類が何千年と採用してきた社会的な「情報処理システム」とは、つまりは書庫や図書館のようなものだった。

その情報処理の仕方とは、大きな分類から小さな分類へと、つまり「暮らし・生活」→「健康法・民間療法」→「整体」というような、上位から下位に下がるにつれて項目が増えてゆくピラミッド型(あるいはツリー型)の分類方法である。

それは具体物を配架する際には非常に便利な情報処理法で、だからこそそのような情報処理システムがつい最近まで、というか今でも主流を占めているのだ(PCのインターフェイス(フォルダとか)ですら基本的にはそうである)。

けれどもITは、情報がどんどん電子化されていく中でそれらの物理的な制限を一気に解除し、新しい情報処理システムの構築を可能にした。

その一つが「タグを付ける」という方法である。


先ほどの図書館のような従来の情報処理システムは、その情報処理の初めに「名付け」が必要である。

それが何の本であるのか、どんな内容の本であるのか、どんなジャンルの本であるのか、その判断無くしては情報処理のシステム上に置くことができない。

だからまず「これは何々の本である」という名付けが先行し、その判断に基づいて情報処理されるわけである。

けれども「タグを付ける」分類法には、その情報処理に「名付け」や判断は要らない。

それが何の本であるかということは、さほど重要ではない。

なぜならタグによる情報処理においては、その本の中に出てくるトピックを拾って、そのままタグを付けていけば良いのだから。

つまりたとえ「法律」の本であっても、本文に「料理」についての記述が出てくるならば、「法律」と「料理」のタグをそれぞれ付ければ良いのだ。

物理的な制限がないならば、その本が「法律」のグループに顔を出そうが、「料理」のグループに顔を出そうが、あるいはその他のあらゆるグループに顔を出そうが、何の支障もない。

その当該の記述部位にダイレクトにリンクし、一気にジャンプすることができるのだから。

だから「ファイル名を付けずに保存する」ということができる。

ファイル名など無くとも、あるいはファイル名に一言も触れられていなくとも、そこで取り扱われている小さな一つ一つの情報が、自分自身のアドレスを持ち、タグに登録され、世界中とつながることができるのが、物理的な制約から解き放たれたモノたちの世界である。


この分類法は、実は人間の認知過程で行なわれているプロセスでもある。

私たちが初めて何かと出会う時、「それが何であるか」の判断以前に、そのものの持つ特徴のタグ付けと、私たち自身の経験のアーカイブとの参照が行なわれている。

「目の前のもの」と「経験」のそのタグの一致率から、私たちは「およそこんなものに似ているから、おそらくそんなものだろう」という類推をしている。

そのタグは、生態心理学では「アフォーダンス(⇒Wiki)」と呼ばれている。

アフォーダンスとは「行為可能性」とでも言うもので、たとえばコップを見たときに「持つことができる」「水を入れることができる」「歯ブラシを入れておける」など、私たちがそのモノに見つける「関わり方の数々」のことである。

何かを見たときに、そこにどれだけ多くのタグを付けられるか、どれだけ多くのアフォーダンスを見出せるかということは、「知の相転移」ということを考えたときには最高に重要なことになる。

なぜならそれはそのまま、それがアーカイブされる時の「リンクの数」になるからである。


コップを見たときに、「水が飲める」というタグしか付けられない人は、たった一つのリンク、たった一つの視点でコップを捉えることになる。

それはつまり、コップとそれ以外の自分の中にある膨大な情報との間に、たった一つのつながりしか見い出せないということである。

けれどももしコップを見たときに、「水が飲める」「歯ブラシを入れられる」「食器である」「ガラスである」「透明である」「投げれば武器になる」「楽器になる」「円が描ける」「麺を伸ばせる」「マキビシになる」「盗聴器になる」…その他云々かんかん、そこにさまざまなアフォーダンスを発見し、そして多くのタグを付けることができる人間は、自分の中の膨大な「人生アーカイブ」と多数のリンクで結ぶことができる。

それは、さまざまな物事からコップを連想し、またコップからさまざまな連想をすることができるということである。

そのリンクは増えれば増えるほど、コップは世界とどんどんつながり、そして世界はコップを通じて一つになってゆき、やがてコップ一つが世界を語る出入り口(ハブ)となる。

目の前の一つのコップから、文学にもオイルマネーにも片想いにもカピバラにもオリオン座にも人生にも肘掛けにもサハラの砂にも跳べるということは、それはすごいことだし、そして実際、世界とはそういうものなのだ。

もしそれがあらゆるモノの中で動き出せば、おそらく私たちの「知の構造」はがらりと変わる。

それはある種の「クラウドコンピューティング」だし「暗黙知」だし「粘菌的知性」であるが、それはまだ私たちの背景でしか動いていない。

漠然と空想するしかないけれど、この「知の構造」がもう少し明るいところで動き出せるそんな世界を目指すことは、私はとても大事なことのような気がしてならないのだ。

別に「明るすぎる」必要は全然無いんだけれどね。


ひょっとしたら、そのとき私たちは「新しい言語」を必要とするのかもしれない。

あるいは新しい「知の作法」「対話の作法」を必要とするのかもしれない。

「安易に言語化されないこと」「言語化されないものの居場所があること」「からだの声を聴くこと」、そして「アタマもからだもすべてが等しく対話できること」つまり「大人と子どもが等しく対話できること」。

私がさまざまなワークを通じて目指したいと思っていることは、ただひたすらにそのことだけであり、私が動いているすべては、その実現を想って見ている夢である。

私はいつまでも、名前も分からぬ何だかよく分からないモノたちを愛してやまないのだ。

ここそこに ほのかに香る 色がある

posted by RYO at 00:07| Comment(13) | TrackBack(1) | 雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コップを見てマキビシですか… 
なかなか チャーミングですね。

ぼんやりしている頭の中で
「あっちにあったあれ」と「ここに転がってるこれ」とが結びついて お!と思ったりすることは多少年齢を重ねてから増えてきたように思います。

自らの欲求と指向に従って今まで素直に仕入れてきた膨大な情報が、自然と新しいネットワークを組み上げるのを感じるのは大人の楽しみの一つではないでしょうか。

その楽しみのためには、決め付けず閉じ込めず、自由に「泳がしておく」度量もまた必要ですね。
Posted by kirin at 2011年02月17日 10:52
なるほど。大人の楽しみですか。
たしかにその通りかもしれませんね。
一見関係なさそうなものが「あ、これってあれじゃないか!」と結ばれていくのは、
多くの経験を積んできた者に訪れる至福の瞬間ですものね。

そういう意味では、子どもというのは「これと何の関係があるんだ!」と言って、
そこにつながりを見出せずに憮然とするというのが、その振る舞いかもしれませんね。
そこからリンクを伸ばしていって、何かとつなげていくことがまだできない。

でもそれって現代人の侵されやすい病いですね。
新しいことでも、知るや否やすぐさま「名付け」をして固定してしまう。
結果や答えを早く知ろうとし、知ったと同時に運動が止まり標本のようになってしまう。
だから他のモノともぞもぞとリンクする力が失われてしまう。
自分の中でよく分からないものが漂っているという、
ある種の居心地の悪さを我慢できないんでしょうね。

ちょっと前まではそういう振る舞いは大人の人たちに諌められたものですが、
現代では大人が率先してやっている感が否めませんね。

揺らぎ続けるものを自らの中に保つということは、
今の時代トレーニングしていかなくてはいけないことなのかも知れませんね。
やっぱり肚を育てることが必要かな。
Posted by RYO at 2011年02月18日 07:26
おっ、いいですね、
「ファイル名を付けずに保存する」。
付けると、付けたときはそうは意図していなくても、
どうしてもとらわれてしまうんですよね。
かえって不自由になるというか。
おそろしや。

言語はほんとに取り扱いに注意が必要ですね。
つくづく思います。
Posted by うきき at 2011年02月22日 02:55
そうなんですよね。
ファイル名を付けた瞬間、相手も自分も不自由になるんですよね。
それはひょっとしたら「関係性(つながり方)が固定される」ということなのかもしれませんね。

「おい」と呼べば「おい」という関係。
「ねぇ」と呼べば「ねぇ」という関係。
呼びかける言葉にはすでにこれから築き上げようという関係性が内包されていますね。
束縛しない言語というのは存在するんですかね?
遊牧民とか実は使っていたりして…(笑)

そういえばモンゴルでしたっけね。
生まれた子どもに「汚い」とか「うんこ」とか名前を付けるの。
悪魔に目を付けられないようにという理由だったと思いますが、
「名前」との出会いがそのように始まるのもなかなか意味のあることかもしれません。
Posted by RYO at 2011年02月22日 02:56
先日はいろいろとありがとうございました。

うっ、耳が痛いなあ…
これを読んだら日記なんてアップしなかったろうに(苦笑)

どうも私は自分の思い・気持ちをどうにか形にしようと言語化しようとしてしまうみたいです。
それは
ただ自分に自信がないからか…
それだけのものを抱える余裕がないから…
『命短し…』と思っているからか…
はたまた、納豆嫌いからも見られる自分の醗酵器官の未熟さからか…(笑)

最近は頭で考えることより身体で感じることのほうがすんなりいくのはわかってきているので、ある程度は身を任せることはできているとは思うのですが、ね。
(実際頭で判断して運転するよりも、身体がすんなり動く方が安全だったりするわけです、ハイ)
でも私の身体も結構“うそつき”だからなあ(笑)

まあ楽しく付き合って肚を育てていくことにします。。

Posted by rido at 2011年02月22日 02:59
言語化というのは諸刃の剣ですよね。
取扱いしやすくなる代わりに、野性を奪うというか、命を奪うというか。
まあファンタジー的に言えば「飼い慣らす」というやつでしょうか。
獰猛な巨獣も飼い慣らせば扱いやすいが、その壮絶を誇るほどの野性の生命力は奪われる。
でも獰猛な巨獣と飼い慣らさずに付き合うというのも、こちらも命懸けになりますからね。
ホントに一長一短です。

苦しくて自分がつぶれてしまいそうなときは、
その状態や現象に「名付け」をするのは大事なことだと思います。
その瞬間、相手の顔が見えるというか、取扱いしやすくなりますからね。

そのときにそれはあくまで「仮面」であるということを忘れなければ、
それが一番良いことですね。
自分が成長しきちんと向き合えるようになったときには、
もう一度その仮面を取ってあげる。

私の少ない経験から申し上げられることですが、
どんなものでも仮面を取ってみれば実は素顔は…ね。
自分が付けた仮面にいつまでも騙されていちゃいけませんね。
Posted by RYO at 2011年02月22日 07:41
おおおお、「固定」ってぴったりきますね。
実に窮屈そうですね。
自縄自縛してしまいますね。

便利なように、とか、よかれと思ってしたことが
残念ながら思いもかけない不自由を招く、というのは
なんというか、不条理というか、なんだかなあですね。
「便利」「よい」というのはじつは浅知恵なんですねえ……。

そして「束縛しない言語」という表現にしびれました!
いいなあ……(うっとり)。

前に、RYOさんが、言語と意図(内容)を舟と積み荷に例えておられたのが
印象的で、よく覚えているのですけど、
http://zatsunen-karada.seesaa.net/article/21930661.html
今改めて読み返したら通じるところ多々ありでした。
弱い舟。束縛しない舟。いいですね。

モンゴルでの子どもの名付け、
ググってみました。
実際におこなわれてるんですね。
おもしろいなあ。
「悪霊の裏をかいてやれ!」という痛快さを感じます。
ファンタジーの世界ですね。いや、実際に童話にそういうのあったような気も。モンゴルじゃなくて別の国の。
Posted by うきき at 2011年02月22日 23:21
教えてもらって私も久しぶりに読み返してみたら、
ホントに全く同じこと言ってますね。
まあ私はいっつも同じことしか言ってませんから、当然と言えば当然なんですが。
しかしその中でも「弱い舟」は我ながらロマンチックな喩えですね。
なかなかよろしい(笑)。

言語の束縛から逃れようとして身をよじるような振る舞いは、
きっとどこの文化にもあるんでしょうね。
モンゴルの子どもの名付けもそうでしょうし、偶像崇拝の禁止もそうでしょうし、
あるいは「手前」と「てめえ」の人称の揺らぎなんかもそうなのかもしれません。

ふと居着きそうになるたび身をよじって回避する。
それによって悪魔(アーリマン)による災厄から逃れて、
人間はここまで精神を発達させてきたのでしょう。

言語の持つ石化能力に、自らの精神まで石化させてしまってはなりませんね。
やっぱり自分は弱い言語がいいな。ぼんやりゆるゆると語ってまいります。
でもときどきシャキーンとつんざくような言葉を吐くこともあるかもしれませんので要注意。
Posted by RYO at 2011年02月23日 07:27
こんにちは。
個人的な雑念なのですが書き込みします。

最近、「フラット化する世界」という題の本をみかけました。このフラット化、平面化とうい語の反意語がなにか考えてみたのですがなんと言えばいいのかうまくわかりません。
フラット化=グローバル化=グローバル人材化=知識化=ネット化・・・

非フラット化=デコボコ化・・・、濃淡化、立体化、古代人化、野生化、カオス化・・・

って打ってたら、この世の中で一番フラットなものは言葉で、一番フラットでないものは身体かと浮かんだ・・・のですがまだうまく腑に落ちません。

「フラット化」に対してバランスをとるような反対語ってなんでしょうか。



Posted by mitsu at 2011年08月31日 11:21
「フラット化」ですか…。
フラット化と言われると私は熱力学第二法則の
エントロピーを思い出してしまいますね。

フラット化というのは秩序化であるはずなんですが、
すべての事象が平均化されるという意味では、
ミキサーで完全に混ぜ合わされたような状態でもある。

それはすなわちエントロピー最大ということですから「熱死」状態です。
生態系で言えば「極相(クライマックス)」ですよね。
もっとも安定系であるゆえに、もはや破局(カタストロフ)を待つしかない状態。
それが良いのか悪いのか…。

しかし、フラット化の反対語ですか…。難しいですね。
私としてはフラット化の反対概念というのは、
「線形系から非線形系へ」という感じがしますので、
「カオス化」「逸脱化」「レイヤー化」「重層化」
「発散(数学的な意味で)」「異界との接続」
と、強いて言えばそんなイメージがありますかね。

私はふらふらゆらゆらと埒をまたいで不埒でいるのが好きなので、
「不埒(フラチ)化」でもいいかもしれません(笑)。
Posted by RYO at 2011年08月31日 17:33
「異界との接続」には思わず一人ニヤニヤしてしまいました。
ついでに異界を翻訳したら「Alien world」が出てまいりました(笑)。
わりとしっくりきましたので、
「フラット化する世界」の反対語はとりあえず「Alien world」とすることにしておきます。

Posted by mitsu at 2011年09月01日 20:21
「Alien worid」ですか。それはすごい(笑)。
たしかにものすごい異界の様相を呈していますね。
ふと覗いてみるとそこにはエイリアンが跋扈している、そんな世界。

複雑系の研究によると「カオス」に「外部」を接続すると
カオス単独より複雑となるはずであるにもかかわらず、
単体であるよりも高い秩序性を示すことがあるらしいですが、
何かそういうことを目指したいんですよね。

ちなみにそのことについて書いた過去ログがありました。
⇒「カオスに舞う胡蝶」
http://zatsunen-karada.seesaa.net/article/26479936.html
Posted by RYO at 2011年09月02日 17:24
カオスや秩序につながるテーマは、おもしろいですね。このあたりの話はこれからも考えていきたいです。

ではまた。








Posted by mitsu at 2011年09月03日 08:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

世界は広がる
Excerpt: 今日は大好きなブログ雑念する「からだ」から言葉にしないで保存する。という新しい方法を見出しました。子育てで自分の気持ちを娘にぶつけて傷つけるより「言葉にしない」努力を今日からしてみようと思います!努力..
Weblog: 多言語的子育て~harmonie~
Tracked: 2011-02-23 13:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。