2014年01月01日

自然の幾何学とアーカイブ

「みなさん新年あけまして…」と言いたいところなのですが、私は昨年末に身内を亡くして喪中の身でありますので、「今年もよろしくお願いいたします」とだけ申し上げておきます。

このブログもここ最近は忙しさにかまけて全然更新できておりませんけれども、それでも細々と着々とここまで続けて参りました。

これもひとえに読み続けてくださった方々のおかげであります。

重ねて御礼申し上げます。


さてさて、新年最初の更新は、毎回恒例となった動画の紹介でいきたいと思います。

いろんな動画をざっと見返しつつ今年のテーマは何にしようかと悩みましたが、今年のテーマは「自然の生み出す幾何学模様」ということで決めました。


それではさっそく一本目。

まずは自然の美の公式「フィボナッチ数列」から。

「フィボナッチ数列」は自然界のあらゆるところにひそんでいる数列で、「きれいだな」と思う自然の造形の背後によく見つけることができます。


お次は地球の海流図。

どこで見つけた動画なのかもすでに定かではありませんが、なかなかすごい動画です。

いったいどうやって海流の流れなど捉えたのでしょうか?

海流の流れというのは世界の海を駆け巡っているのですね。

ウネウネしていてなんだか気持ち悪くもありますが、まさに「地球は生きている」という映像です。


そして最後は二本立て。

どちらも音の生み出す幾何学模様です。

鉄板の上の砂によって描き出された波模様というのは、いわば音と鉄板との出会いのアーカイブです。

一つの音楽がレコードの溝に波模様として刻まれていくように、音を拾って刻み込まれた音の記憶。

しかるべく再生装置にかければ、鉄板上に描かれた砂の波模様はたちまち一つの音楽を再生することでしょう。


地球上のあらゆるモノは何かと出会うたびにわずかに摩擦を起こし、震動となって音を奏でているけれど、その音は必ず何らかの模様となって痕跡を残している。

もしそれを再生できる装置があれば、その痕跡から再びすべての出会いが美しく軽やかに再生されていくはず。

地球上のあらゆるモノはあらゆる出会いのアーカイブ。

一枚のレコードが、そこに刻まれた音楽の模様を読み解く者によって再生される日が来るまでただ沈黙しながら在るように、地球上のあらゆるモノたちもいつかそこに刻まれた模様を読み解く者によって、その記憶を美しく再生される日を待っている。


どうぞみなさんも今年一年、美しい出会いをその胸に刻み込んでいけるよう、お祈りいたしております。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


posted by RYO at 23:38| Comment(11) | TrackBack(0) | 雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする