2013年08月02日

新刊「子どものしぐさはメッセージ」発売

いよいよ新刊が8月5日に発売となります。

その名も『子どものしぐさはメッセージ』(クレヨンハウス)。



2冊目の本から2年ぶりの刊行となりましたが、ようやく上梓できました。


本のまえがきにも書いているし、このブログでも書いたけれども、今回の本は「動詞で世界を語る」ということの、ほんの一歩目の駆け出しのような作品である。

今回は「子どもと楽しむワーク」ということを中心にまとめていったので、どちらかというと「子どもワーク本」という感じだけれども、いつか「大人の動詞」を考える「大人のワーク」もまとめていきたいなと考えている。…いつになるか分からないけれども。


しかし、今回自分が「子どものしぐさ」として挙げた動詞の数々を見ていて、そういえば人間って大人になると動詞の数が減っていくんだなと思い当たった。

たとえば今回の本で取り上げたしぐさでも、ほとんどの大人は「ころがる」なんてことしないし、「とびおりる」ことも「つみあげる」ことも「まねる」こともほとんどしないだろう。

子どもはいろんな動詞を試してみるけれども、大人になると「動詞の実験」ということはしなくなる。


私はときどき「いろんなシチュエーションに自分を置いてみる」ということをやってみるのだけれども、自分が自分だと思っているものは、じつは限られた動詞の中での自分に過ぎないわけで、今までにないシチュエーションで、普段やったことのない動詞を動いているときには、自分も知らない自分自身が出てきたりするものである。

だから普段はあまりないシチュエーションに自分を置いてみると、「へぇ、こんなときにはこんなこと感じて、こんな反応するんだ」と新しい自分を発見できる。


この本の中でもいろんな「しぐさのワーク」を紹介しているけれど、ぜひぜひ皆さんにもいろんな動詞を動いてみてほしい。

ありきたりな日常やありきたりな関係が、また全然違って見えてくること受け合いである。

とくに「新しい動詞」は、こわばり始めた身心に新鮮な息吹を吹き込んでくれる。

いや、というよりもむしろ、つねに「新しい動詞」に満ちているのが子どもの世界であり、若さであるのかも知れない。

つねに「新しい動詞」を食べ続けようという人は、おそらくいつまでも若々しい。

posted by RYO at 22:57| Comment(11) | TrackBack(0) | 雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。