2013年02月12日

人間のワーク

年明けから、クレヨンハウスから出す3冊目の本の執筆に取りかかっている。

今度の本ではいろんなワークを紹介することにしたので、どんなワークを取り上げていこうかと頭を悩ませ、ふらふらと町を歩きながらもワークのことばかり考えている。


人間が生きていく上で、「どのようなワークを行なっていくのか」ということは、最高に大事なことである。

「ワーク」という言葉の意味は、狭義には「みんなで一緒になってゲームのようなことをする」という意味合いであるけれど、私が言わんとしている広義の意味では、「人間が行なうあらゆる活動であり運動であり仕事であり遊びであるところのワーク」というものである。

そんなことを言っても、なかなか意味が分かりづらいかも知れないけれども、それは私が2冊目の本の中にも書いた「世界を動詞で語ってみる」という言葉のさらに深めた意味なのだ。


もし世界を動詞で語ってみたとしたならば、その言語世界において私たち人間存在は、「ワークするメディア(媒介)」ということになるだろう。

ダンサーにとってその存在が「ダンスのメディア」であるように、私たちはみな「何かのワークのメディア(動詞のメディア)」なのである。

それは人によってそれぞれ異なるフォルムとダイナミクスを持って行なわれているが、それぞれにおいては固有のリズムとパターンが現われており、そこから外れることはあまり無い。

自身に固有のリズムとパターンを理解して、そこから自分にとってどのようなワークを行なっていくことが自分の能力を最大限に発揮していくことなのか、それを見極めていくことはより良い人生を送っていく上で大切なことになるだろう。

自身に固有の動詞のワーク表現(アート)をしっかり身に付け、それを全うしている者はじつに溌剌としているが、ときに自身に固有の動詞から外れたワーク表現を身に付けてしまって、その中でうまく自身の動詞を発散全うしきれずにゴタゴタしている人というのは意外と多い。


その「動詞の視点」というものは、人間関係を考えていくときにも大事な視点である。

たとえば夫婦関係がうまくいかなかったときに「離婚する」という決断があったとして、じゃあ相手を変えればうまくいくかと言ったら、そういうわけでもないということなのだ。

パートナーという「名詞」を変えたところで、相手とどのような関係をとりつないでいくのかという「動詞」の部分が変わらなければ、また同じような関係が繰り返されていくことになる。

関係において、名詞を変えるのは簡単だけれど、動詞を変えていくのは大変だ。

意志を保った時間をかけた訓練が必要になる。

だが、自分がどのような動詞を動いているのか、いかなるワークを繰り返しているのか、そんなところを見つめる視点を持ち、そして必要とあらばそれを変えていこうという意志を持たなければ、延々と繰り返される宿業のような連環から抜け出すことはなかなかできない。


関係において大事なのは、それぞれの名詞そのものなのではなく、そこに潜んでいる動詞なのだ。

二つのオブジェクトを並べて見つめたときに私たちにやってくる印象は、その二つのオブジェクトに潜んだ動詞と動詞が交わるダンスのワークから来ているものである。

そして私たちの人間関係もまた、二つの動詞の交わるワークだ。

もしもその関係において、いつも同じようなところで引っかかったりつまずいたりするのであれば、そこでどのような動詞が動いているのか、そんなことを考えてみることは自己理解の一助になるだろう。

そして、そこで今動いている動詞の理解ができたならば、その次に必要なことは「違う動詞のワーク」を動いていくことである。

いつだってやるべき事はシンプルだ。実践することは大変だけれど。


今回の本のワークのことをつらつらと考えながら、「そんなところまで触れられたら素晴らしいなぁ」とちらりと思ったりはするけれど、まあ私の力量では到底そんなところまではまだまだ触れられない。

それでも多くの人たち、とくに子どもたちには、ぜひいろんな動詞のワークを体験していって欲しいとつねづね願っているので、いま一生懸命考えているのである。

これがなかなか大変だ。

でもそれこそ私のライフワークの一つでもあるのです。

posted by RYO at 22:48| Comment(14) | TrackBack(0) | 雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする