2012年08月28日

カタチと境界

ご存じの方も多いかもしれないけれど、隈研吾さんという建築家は「負ける建築」というコンセプトで建築設計を行なっている面白い方である。

(「負ける」というコンセプトは、野口体操の創始者である野口三千三先生もおっしゃっていたことである。「負けて、参って、任せて、待つ」。)

「負ける建築」と言っても、何も吹けば飛ぶよな家を建てようということではない。

その建築を建てる土地や気候や風土に「勝とうとしない」ということであり、もっと言えばそういうものと「勝負しない」そんな建築のことである。

もともと日本の建築文化は、「自然を征服しよう」という気のさらさらないようなものであった。

そうでなければ、障子のような「薄紙一枚張っただけの仕切り」など、思いつこうはずもない。

日本の建築はどちらかといえば「自然と折合いを付けていこう」という思いがある。

日本人の世界観には「一緒に生きていかなければならないモノとは、勝ち負けを決しない」というような考え方がある。(勝ってしまうくらいならむしろ負けておけと古人は言う)

それは長い経験に裏付けられた偉大な「人類知」であると私は思うが、その思想が建築そのものの中にも現れていた。

それが隈さんの言う「負ける建築」というコンセプトなのだと思う。


その隈さんの『境界』(隈研吾、淡交社、2010)という本を、夜中に晩酌しながらパラパラと読む。

良い本である。

スキマとかアワイとかハザマとか、そんな「境界」好きの私にはもうたまらない。

「境界」というのは、隈さんの言う「負ける建築」というコンセプトにおいても大事な概念であるのだが、この本の中では、さまざまな日本の「境界、仕切り」を美しい写真とともに紹介されている。

垣根、障子、暖簾、欄間、犬矢来、枝折戸、土間、衝立、屏風…。

私たちの祖先はなんと美しい「境界」を、身の回りに作り上げてきたのであろうか。


私たち日本人は聖域に注連縄をしめ、紙垂を垂らす。

それはもちろん「境界」であり「結界」の意であることに相違はないが、あんな弱々しい縄や紙切れに、邪悪なモノの侵入を拒むだけの力があると本気で信じるほど、私たち日本人の祖先はナイーブだったのだろうか。

いやいや、そうではない。

結界とは「人間の心の中に張るモノ」だからこそ、古人は具象としては極めて儚く覚束ないものに、その働きを仮託したのだ。

ドデカイ鉄板とか巨大な石塀とか、そんな強固な具象物をどかどかと積み上げて結界を張ったなら、やれやれと安心してしまって、それがいつか心のどこかに油断を招き、やがて綻びを生んで「本来の結界」が破られることになるかもしれない。

それはマズイ。

大事なことは「いまの私たち」が束の間の安心を享受することではない。

魔を防ぎ護り抜く「結界」が、子孫代々末代までも連綿と受け継がれ、護り続けるために、「いまの私たち」は何をすべきなのか。

おそらくそんなことを古人たちは考えたに違いない。

「物質的に儚きモノが、霊的な強さを保持する」ということはよくあることである。


日本の「境界」は、どれもどこか「壊れやすさ」や「儚さ」というようなものを帯びている。

壊そうと思えば壊せるし、乗り越えようと思えば乗り越えられるような「境界」だからこそ、「壊さない」「乗り越えない」という自制の心をその前に立つ人の心に呼び起こす。

日本の「境界」の立ち上げ方には、その前に立つ人間の心に「託そう」とする意匠がある。

『あなたの「律する心」に任せます』という思いが、カタチとなってある。

そのようなカタチに囲まれて育てば、やはり人の心もそれに応えるように育つだろう。

そんな相互作用的なカタチを、私は限りなく美しいと思う。


そんな美しい日本の「境界」を説明する隈さんのコメント。

「暖簾」
通過の際、頭を下げず、手を使わない人は稀である。わずかでも頭をかしずかせ、手を使わせる「弱い力」が、思いのほか強い力となって、人に空間の質の違いを認識させる。

「玄関」
「バリアフリー」という聞こえのよい言葉で画一化された空間とは一線を画す。通過時に身体に負担を強いるほどの段差。身体がそう感じるからこそ、意識にも確かな変化が刻まれる。

「垣根」
乗り越えようと思ったら、簡単に乗り越えられる。その抑制は、見る者の良識に委ねられる。仮設性の強い、意識に「待った」をかけるためのまじない。
(前著より抜粋)

たぶん私たちは、こういうことを念頭に置いた「暮らしの作り方」を、もう一度模索していかなくちゃいけないんだと思う。

posted by RYO at 15:02| Comment(20) | TrackBack(0) | 雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする