2011年11月28日

感謝!「賢者からのメッセージ」

11月23日の横浜赤レンガの「身体サミット2011 賢者からのメッセージ」が無事に終了。

横浜まで足を延ばしてくださった皆さん、手伝ってくださったボランティアスタッフの皆さん、そして何よりご登壇いただいた講師の先生方、本当にどうもありがとうございました。

おかげさまで素晴らしい会となりました。

当日は一時、人が入りきらないほどの大盛況ぶりとなって、ご来場いただいた皆さまには大変ご迷惑をおかけしましたが、その「是が非でも聞きたい」という熱い熱気は壇上の先生方にも十分に伝わったことと思います。


私も裏方として舞台裏から会場まで駆け回っていたけれど、まあ素人仕事でこんな大きなイベントをやってしまって、いろんな不手際もあったとはいえ、大きな事故もハプニングもなく終わったことがホントに奇跡であります。

何より、講師として来ていただいた真弓先生に「素晴らしいご縁をありがとう」と言っていただけたり、吉村先生に「夢のように楽しかった」と言っていただけて、もうそのお言葉だけですべての苦労が報われる思いです。

でもそれも今回のイベントに立ち会ってくださったすべての皆さんあってのことです。

すべての皆さんに「感謝!」です。


とにかく真弓定夫先生、吉村正先生、東城百合子先生という三人の先生方は、みなさん80を超えるというのに、その熱のこもりっぷりといったらすごいもので、とくに皆さんのその肚の決まり具合は、それはもう恐れ入るほどでありました。

吉村先生など、放送禁止用語の連発で(まあそうなるかなとはうすうす思っていたけれど…)、舞台裏ではひえ〜っと踊ったりしていたが、それはそれでどこか楽しかったりして(笑)。

でも会場の皆さんからは、拍手は出るわ、「そうだ!」などという合いの手は出るわで、盛り上がっている様子だったので結果オーライ。

そんなことを叫んでも、その言いたい真意がこちらにぐっと伝わってくるのは、吉村先生が今までやってきたことの積み重ねがあるからだろう。

まあでも、80過ぎたら好き放題しゃべったって別にいいよね。

ちょっとした失言で辞任騒ぎにまでしてしまう今のメディア論調の方がどこかおかしいのだ。


とにかくお三方のお話は、一言で表現するならば「説教」であった。

「若えの、しっかりやれ」という、私たちに発破をかけるお言葉の数々。

こんな真っ当に説教できる大人は日本中を探したってそうはいないだろうから、そんな説教をいただけるだけでもホントにありがたいことであろう。

私も大人になってつくづく思うけど、「説教してくれる人がいる」ということは幸せなことなのだ。

真っ当な説教に居住いを正して、「はい、スミマセン!」と言える幸せ。

「正しい大人」に出会えることは、この世でもっとも幸せなことのうちの一つである。

べつに人格全部が正しくなくったっていい。いつも正しくなくったっていい。

その瞬間、「正しい大人」であることが大事なのだ。

それは子育て中の大人たちにも言えること。

説教の瞬間、「正しい大人」であること。それはとても大切なことである。

そのきらめく瞬間をたずさえて、子どもは大人のあるべき姿を夢見ることができるのだ。


とにかく今回、お三方の先生をお招きできて、そしてお説教をいただくことができて、何より幸せなことでありました。

きっと会場に居合わせた方たちもそれぞれに先生方のお言葉を受け、熱い思いを受け取ったことでありましょう。

その熱い思いは人々の心に灯をともしながら、どんどん着実に広まっていき、そして広まりつつ受け継がれつつ、古の賢者たちの知恵がやがて未来にも生かされていくことでしょう。

どうぞこのたびお集まりいただいた方々の心にともった熱い灯が、皆さんと皆さんの周りの方とを明るい未来へといざないますように。

posted by RYO at 22:28| Comment(14) | TrackBack(1) | 雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする