2011年03月18日

深呼吸の必要

11日の大地震以降、ドタバタとあわただしい日々が続いている。

読んでくださっているみなさんは無事にお過ごしだろうか。

買いだめ問題やら停電騒ぎやら原発問題やらいろいろあって、不安や心配な心はあるかもしれないけれど、それぞれがそれぞれの範囲でできる限りのことをしていくということが、復興への最短ルートであると思う。

だからみなさんも落ち着いて日々の暮らしを過ごしていってほしい。

とくに小さいお子さんがいるならば、ちょっとニュースを消して穏やかな日常を過ごしてほしい。

それが、まず一番身近な子どもたちにとっての一番の支援活動である。


みんな地震から気が上がってしまって、気づかぬうちにからだが緊張して弛まない。

鳩尾が硬くなって、首も弛まない。

不安に駆られて、あれもしなくちゃこれもしなくちゃ、あれはどうだこれはどうだ…


とにかくみんな、深呼吸が必要だ。
思いっきり吸って、思いっきり吐く。
もう一度吸って… ゆっくり吐く…


そう、深呼吸が必要。


吸って… 吐いて…
…落ち着いた?
落ち着いたら、やるべきことをやろう。



さて、では落ち着いたところで…

被災地では、避難した被災者の方たちの生活環境や、行方不明者の安否、あるいは亡くなった方たちの身元確認など、いろいろ課題は山積みである。

けれども、その中でも日本のみならず世界中の人間にとっての一番の懸案事項といったら、やはり福島第一原発の状況だろう。

これはニュースを見る限り、まだまだ予断を許さない。

とにかく原発のまさに核となる燃料棒はどんどん冷やし続けなければならないのだ。

しかもその冷却期間は処理可能となるまで数年はかかる(らしい)。

核の熱はそうそうたやすく収まらない。延々となだめ続けなければならないのだ。


けれども放射線の漏洩拡散状況はひとときに比べてマシになっている。

文部科学省が作成・更新しているこちらのウェブページをご覧になっていただければ分かるが、一時期の爆発云々の頃に比べて、ずいぶん低下したまま落ち着いている。

ちなみに上記のウェブサイトは、各都道府県の放射線量がほぼリアルタイムで分かるので(数時間遅れではあるが)、皆さんも逐次確認いただければと何かの参考になるかと思う。

これを見てみると放射能濃度は栃木・茨城方面のほうに広がっているようである。

詳しいデータを見てみると、計測値が平常値より大きく上に超えている。

数値で言えば、およそ平均0.18〜0.20マイクロシーベルト/hほど。


これがどれほどの数値なのかと思って調べていたら、面白い記事に出くわした。

Rai News 24

イタリアのテレビ局のウェブサイトであるが、こちらの方が日本語に訳してくれている。

何が書いてあるかというと、

『16日、イタリアの市民保護局の隊員が、東京で放射線量を調べてみたところ、0.04マイクロシーベルト/hであった。ちなみにローマの平均放射線量は0.25マイクロシーベルト/hである』

とのことである。

つまり今の東京よりも、ローマのほうが6倍の放射線量があるということだ。

放射線量が平常値を上回っている栃木・茨城ですら、ローマの放射線量には及んでいない。

もちろんまだまだ原発は予断を許さない状況であることに変わりはない。

原発の周囲では相変わらず多量の放射線が漏洩し、近くまで近づけない状況で冷却作業は非常に難航している。

少し離れた地点でも、ときに高い数値が検出される。

けれどもそれ以外の離れた地域(とくに50km以上)では、先日の水素爆発による放射性物質の拡散事件以降は、またいつもとほぼ変わらない状態になっている。

放射能が流れてきている地域ですら、いつものローマより低いのだ。

ここをローマと思えば、じつに何でもないことである。


私たちに必要なのは深呼吸だ。

被災地以外の私たちがまず落ち着かなければならないだろう。

放射能だって、上記のデータをチェックしながら、いざというときの対処をしっかり身に付けて、それでも気になるなら今から実践しておけばとりあえずは大丈夫だし、お米だって国内にはパンにして売らなきゃならないほどあるし、食料品や日常品や石油だって、どれも供給がプッツリ途絶えたわけじゃないのだ。

停電生活だって、一週間もすれば慣れるだろう。

むしろ暗闇の中で、いつもより家族の距離が近づくきっかけになった家庭もあるかもしれない。

だからまずは落ち着いて暮らしてほしい。大きくゆったり一息ついて欲しい。

被災地以外で慌てることが、被災地の方たちの支援や復興のどれだけ妨げになるか分からない。

福島に真っ先に手を差し伸べるべきなのは、いつも電気を作ってもらっている首都圏の人間なのだ。

その手を差し伸べるべき人間が慌てふためいて、被災地の立ち直りの邪魔をしてしまってはいけないだろう。

「私たちはあとでいいから、まずは被災地へ回して」と、一言言えないか。

こんな非常時なのだから、いろいろな失敗や不手際があるのは当然だ。

私たちにできることは、その非を責めることではなくて、「がんばれ!」という応援の声を挙げることだろう。


東京は関東大震災や東京大空襲を乗り越えて復興してきたし、広島・長崎は世界で唯一(二?)の原爆投下を乗り越えて復興してきたし、神戸は阪神淡路大震災を乗り越えて復興してきた。

福島もきっとこの震災と原発事故を乗り越えて復興するだろう。

とくに広島県民には、福島県民に対してこれからぜひとも大きなエールを送って欲しいと思う。

「大丈夫だよ。私たちを見なさい。必ず復興できるから」と。

「ヒロシマ」を復興した人々からのエールが、どれだけ心強く届くか知れない。

今回の事故で「フクシマ」の名前は世界に知れ渡ったが、これがいつか「奇跡の復興」の代名詞として語られるようになる日が来ることを、私は祈っている。

posted by RYO at 18:18| Comment(26) | TrackBack(0) | 雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

【地震】

昨日の地震は、東京でもすごい揺れの地震でした。
みなさま、とくに東北方面の方々はご無事でらっしゃいますでしょうか?
甚大な被害が出ているようで、不安な夜を過ごされた方々を思うと胸が痛みます。
みなさまのご無事といち早い復興を心よりお祈りいたします。

RYO 

posted by RYO at 09:41| Comment(12) | TrackBack(0) | 雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする