2009年05月17日

量子の見る夢

いやぁ、もう何というか非常にドラマティックなゴールデンウィークだった。

とってもドラマティックだったので、いまだにどんな文脈の中に位置づけていいのかよく判らず、ぼんやりと考え続けている。

前回のブログでは滝に行ったと書いたが、その後プロセスワークの創始者であるミンデル夫妻(アーニー&エイミー)の3日間のワークショップに参加してきた。

プロセスワークの土台となっているものは「プロセス指向心理学(POP)」と呼ばれるもので、今まで興味は持ちながらちっとも勉強してこなかったのだけれど、今回参加するに当たって本を読んでみたら非常に面白かった。もっと早く読めばよかった。

でも今だから深く読めるのかもしれないし、出会うべきときに出会ったのかもしれない。


「プロセス指向心理学とは何か?」という質問に答えるのはなかなか難しい。

もちろんそれは「私がまだよく知らない」ということが一番の理由であるが、それ自体のもつ包括的で動態的なスタンスにも拠る。

何と表現すればいいのか分からないが、プロセス指向心理学とは「ユング心理学と東西のシャーマニズムと量子論のアイデアをミキシングしたもの」であり、プロセスワークとは「とりあえずそれを動いてみたもの」である。

どれもすごいのだけれど、この「とりあえず動いてみた」というところが、私にとっては何よりすごい。

それはミンデル夫妻の絶妙なチームワークによって支えられていた。

プロセスワークの場で起きていることは、とってもシャーマニックなことであり、夢や神話の世界の表出であり、波動関数の収斂の体現であり、重苦しい重力場からの解放であった。


量子論については私も語りだすと止まらないくらい関心を持っているのだけれど、とてもこの場で説明できるものではないので、ここでは触れない。

ただひとつだけ簡単に説明しておくと、量子論の数あるアイデアの中からミンデルが特に注目して取り入れていたアイデアとは、「量子のもつれ(⇒Wiki)」であり、「量子の非局在性」というものである。

つまり、「量子は時間も空間も越えてつながりあっている」というアイデアだ。

量子はたとえ何千キロ、何万キロ離れていようと、片割れが変化するとその情報が瞬時に伝わり、何千年、何万年前の「過去の振る舞い」が、「現在の観測」によって事後的に決定されるという、時も空間も越えた不可思議な振る舞いをするのだけれど、ミンデルはそれを私たち人間存在にも採用した。

私たち人間にもそういうことが起きているんじゃないか、と。


私たちの通常の世界観から照らし合わせて言えば、そんなアイデアを導入するのは、荒唐無稽といえば荒唐無稽、ナンセンスといえばナンセンスだ。

けれどもその話を聞いて私の心が深いところで打ち震えることは確かだし、からだの奥から熱が湧いてきて元気になるというのは、まぎれもない事実なのだ。

そしてそのアイデアによって場が立ち上がり、何事かが起きていく。

まるでそうとしか思えないような出来事が積み重なってゆく。

いったい何が起きているのだろう?

とうてい私たちのリニアル(線形)な言語体系では説明できないことが起きているわけだけれど、その並走し重奏している現象は、はっきり私たちの中の何かと対応しあっている。

ミンデルはそれを「ドリームランド」と呼んだ。

私たちはみんな、いつだって夢を見ている。


今回、ワークショップの最終日、私たちは何の因果かデモンストレーションとして200人近くの聴衆の前に出されてワークを行なうことになってしまった。

みんなに見つめられながら叫んだり踊ったり言い合ったり、いろんなことをしたのだけれど、最後に私は死んだ。死体になった。

ミンデルが「ここにゴーストロールがいる」と床を指差した瞬間、思わずからだが動いていた。
(「ゴーストロール」とは、その場にいないのだけれど影響を与えている役割のこと)

考えるより早く、私はミンデルの脇をサッと抜け、そこにバタリと仰向けに倒れた。

そこで起きている出来事に会場は静まり返り、会場のあちこちからすすり泣く声が聴こえた。

すすり泣く声を聴きながら、しばらく私は死体になっていた。

ワークをしている私たちと、それを観ている人たちと、いろんな夢がそこで交錯していた。

私はみんなの中のゴーストとして、そこで死んでいた。

遠い静寂。 流れ込む夢。

そこで私が何者だったのかは、誰にも言えない。

誰でもあり、誰でもない、誰か。

何が起きていたのか、あまりに多くの物語が殺到していて、これとはっきり言えるものはない。

けれども私はそこで確かに死んだのだ。

その意味はこれからゆっくりじっくり考えていきたいと思う。

posted by RYO at 21:31| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

【音声】宙に散らばる物語

どうも皆さん、こんにちは。
GWのさなか、いかがお過ごしでしょうか?
今日も、雑念する「からだ」の時間がやってまいりました。


…な〜んて、いきなりラジオ風に始めてみましたけれど、これも前回触れたように私が試しているいろんな表現の一環なわけでありまして、皆さんには毎度のことながらお付き合いいただいて申し訳ないかぎりです。

けれども、もしもし お許しいただけるのであれば、どうぞよろしくお付き合い。


さてさて、今年のGWは高速料金が1000円になって、各地の高速道路が大渋滞になっているそうですが、皆さんはいかがお過ごしでしょう?

私はと言えば、GW突入初日に滝にバシャーッと打たれてきまして、煩悩のかぎりを洗い流してこようかと思ったんですけれども、師匠にいきなり「キミ、一番手ね」と予想外の特攻隊長を仰せつかったことに、思いがけずたじろいでしまって、その後みんなのサポートに滝場を走り回っていたにもかかわらず、次の日はクシャミと鼻水が止まりませんでした。

ええ、ええ、修行が足りません。

それとも鼻と口から煩悩が排泄されていたのでしょうか。クシュン。


まぁそれはともかく、みんな遊びまわっているGWにシコシコとブログの文章を書いているのもなんですので、今回は私の講義録の音声ファイルから、適当に切り取ったものを生声のままで載せてみようかと思います。

ネットというのはいいですね。こんなこともできるんですね。

自分の声をそのままネットに載せてみるというのは、なかなか気恥ずかしいものでありますが、まぁこれだけいろんなところでしゃべっておきながら、今更それもないだろうということで、とりあえずやってみるのでありますよ。

リアルな私をご存知の方は、「ああ、また何かしゃべってるな」と愉しんでいただいて、まだリアルな私をご存知でない方は、「へぇ、こんな声なんだ」と愉しんでいただければと、そんなことを思う次第であります。


これで私のブログは、テキスト(文)、イラスト(絵)、ヴォイス(声)と大きな3つの表現パターンを試してみたことになりますね。

テキストの中ではすでにいろんなパターンを試行錯誤しておりますが、これからヴォイスもいろいろ試していくのでしょうか。

ゆくゆくはやはりムービー(画)でしょうか。

さらにはソング(歌)やダンス(踊)も披露しなくちゃいけないんでしょうか。

最終的には何か別のモノに変身しなくちゃいけないんでしょうか(笑)。

人生一回、身は一つ。

さてさて、どうなることでしょう。


それはさておき、本日の音声ファイルの内容は、私の最近の講座のなかから「子どもに物語を聞かせる意味」を語った部分を抽出したものです。

まぁ、ウェブ講義ですね。

トータルにして30分足らずですが、前半後半に分けまして2つのファイルにして載せておきます。

そのまま再生したり、DLして何かに入れたり、どうぞお好きなスタイルでお聞きください。

音声で「疾走(失踪?)する雑念」を愉しんでいただければ幸いです。


タイトルはロマンチックに、「宙(そら)に散らばる物語」。

そう、つまりは星座と神話について語っているのであります。

前半はそのマクラ、後半はいよいよ神話の話に突入していきますが、でもいったいそれが整体や子育てと何の関係があるんでしょう?

それは私も分かりません(笑)。

聞けば少しは分かるかも。


ちなみにメニューは以下のようになっております。
できればフルコースで、あるいはお好みによってかいつまんで頂ければよろしいかと。
それでは興味のある方々は、しばしお時間拝借。


音楽 『宙に散らばる物語1』 【14:09】

 ・00:00  要求・運動・抑圧
 ・05:06  いろんな表現の練習
 ・07:14  物語にひそむもの
 ・10:15  無意識の発散


音楽 『宙に散らばる物語2』 【12:55】

 ・00:00  言葉が物語になるとき
 ・02:00  コンステレーション(星座)を読む
 ・06:32  すくいあげる神話
 ・08:15  変容する物語
 ・11:40  物語が人を支える

posted by RYO at 21:45| Comment(22) | TrackBack(0) | 音声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする